iCHi's diary~本は読みたし、はかどらず~

主に読書録。読み終えた本がこのまま砂のように忘却の彼方に忘れ去られるのが申し訳ないので、書き留める。要は忘れっぽい読者の読書日記。

「おしえて!BLお兄さん」と読む、名作「こころ」

ブログをあまりに放置していたら、ログアウトしていてちょっとビビった。

読んだ本を記録するつもりで始めたのに誰に謝る必要もないが、あえて言うなら2ヶ月前くらいの私ごめん。大分放置してしまった。

 

その間、もちろんできる範囲でゴリゴリ読んでいたのだがもはや忘却。

 

そういうわけで、最近でもないのだが久しぶりに面白くて新しい人のマンガを買ってしまった。

 

 

 

「こころ」「泣いた赤鬼」「山月記」…
みんなが昔から慣れ親しんできた文学作品、
それちょっとBLな匂いしませんか?
「実は私も『これBLじゃないんかな?』て思ってたんです。でもそれを学校の授業で言えなかった…!」

大丈夫。ソムリエお兄さんはそんなあなたたちの味方です。
今日もBLソムリエお兄さんが
ボーイズがラブする匂いを名作から探し当て、(ライクも可)
腐ったものが読みたいあなたに
最適な文学をオススメします!

 

なんかもういろいろ説明が必要な感じだが(笑)

言葉遣いが(というかスラング?)が私にはすごく新鮮で、色々娘にBL用語を解説してもらいながら読む。

 

]表紙を見ていただければ分かる通り、

「こころ」は先生総受けメリバBL小説です。

 

とのこと。

メリバ =メリーとバッド、人によって受け止め方の違うエンディングのこと(たぶん)

とか、

先生総受け = えーっと先生がモテる方ちがうな。なんと説明したらいいのかいまいちわからんけど。先生はわたしとKから愛されている?狙われている?うーむ。

ごにょごにょ・・・なるほどなるほど。深いわ。

 

ってことで、高校依頼読んでなかった夏目漱石のこころを読んだ。

 

 

 

言わずもがなの明治の文豪の書いた最高峰とも呼べる名作文学だ。

 

だが、ソムリエお兄さんの言うことも一理ある。

例えば、最初に出てくる海水浴場の西洋人について(確かに何の前ふりかわからないけど出てきている。)とか、私の発言とか。

そう言われてみれば先生は・・・先生は・・・そうなんじゃないの!?

と思ってしまう。(すくなくとも私はそうでしょう)

言われれば言われるほど確かに・・・ってなる。

f:id:ichieda:20211013172137j:plain

こういうのを匂い系小説というらしい。くすくす。

がぜん面白くなってきて読みすすめると「泣いた赤鬼」だの「ごんぎつね」だの「山月記」「銀河鉄道の夜」だのみんなが知っている名作文学が、BL小説に早変わり。

もういろんなもんが槍玉にあげられていて面白いのである。

 

作者、実は国文学部卒でいわゆる「ちゃんと読んだ人」なのだ。

それだけに説得力が(というか私レベルの人間はしっかりと「コレハBLデスネ」

と丸め込まれる楽しい漫画だ。

 

でも、コレをきっかけに私は「こころ」や「山月記」を再読したのである。

これって、マンガと文学の垣根を低くする素敵な関係じゃなかろうか。

 

多分この漫画読んだ人はこころ読み返すと思うのーーー!

しかもニヤニヤしながらふかよみしながら。

 

ただの文学紹介マンガではなくツッコミの又来君のキャラがどんどん崩壊していくところもかなり好み。

そして、いろんな地口というかイアゆる腐女子スラングがてんこ盛りで面白い。

この人、言葉が好きなんだろうなと思う。

 

BL好きの人もだけど、ちょっと興味あるけど~くらいの人にもとってもおすすめ。

映倫に引っかかりそうな表現はありませんのでご安心を。

 

 

 

 

変態!?アンソロジー 「谷崎マンガ」

谷崎マンガ~変態アンソロジーを読んだ。

 

谷崎潤一郎、文豪っていうか変態なんじゃ?説をみんなが確かめ合う、そんなマンガだ。

 

文豪にして、大変態――? 発禁処分、三度の結婚、老境の性……マゾヒズムに一生を捧げた谷崎潤一郎の文学を、十一人の天才たちが豪華にマンガ化。『痴人の愛』から『陰翳礼讃』まで、夢幻の美しさで描かれる谷崎入門決定版。〈特別付録〉対談・山口晃×近藤聡乃/インタビュー・古屋兎丸中村明日美子/裏話マンガ・榎本俊二(『谷崎万華鏡』改題)

山口晃「台所太平記
しりあがり寿谷崎潤一郎『瘋癲老人日記』×ヘミングウェイ老人と海』REMIX」
高野文子「陰翳礼讃」
古屋兎丸「少年」
中村明日美子「続続蘿洞先生」
近藤聡乃夢の浮橋
西村ツチカ「猿が人間になった話」
榎本俊二青塚氏の話」
今日マチ子痴人の愛
山田参助「飈風」
久世番子「谷崎ガールズ」

それにしても、執筆陣のゆたかなことよ。

久世番子「谷崎ガールズ」

まず最初に久世番子が、谷崎潤一郎の女性遍歴を描く。

 

谷崎さん、ひどいっすね。

妻の妹だの、ギリの息子の嫁だの、ほんま人でなしやん…

挙げ句の果てに友人に妻を譲渡?

人をあげるとかもらうとか、ものじゃないんだぞ。

ホントこの言葉自体を次の世代には使わせないようにしなきゃな。

 

 

ddnavi.com

やりたい放題だね、文豪!

西村ツチカ「猿が人間になった話」

f:id:ichieda:20210915150734j:image

f:id:ichieda:20210915150754j:image

初めて読む漫画家。すごい絵が可愛い。細い線の重ねが美しい。

原作探し出せなかったので、西村ツチカの代表作をペタリ。

 

 

まだ試し読みしかしていないけど、新進気鋭という言葉がピッタリ。

でも疲れない、癒やされるマンガ。

 

榎本俊二青塚氏の話」

江戸川乱歩なの?的な変態が出てきます。

なんかこう、その、犯罪一歩手前の狂気が(いや、一線超えてるかもしれん)気持ち悪い。

 

 

こちらは、コミカライズした榎本俊二のあとがきマンガ。

くすりと笑える、かと思ったらお前も変態やないかーい!

 

f:id:ichieda:20210915150744j:image

 

原作はこちら。なんかすごい文庫名ですけども。バニラの彩り・・・

 

 

他にも大好きな高野文子とかも描いている。

山口晃「台所太平記」も良かった。この人は漫画家ではないけども、いい感じであった。

 

変態だけど、人をひきつけてやまないところがあるからこそこうして、アンソロジーがたくさん編まれるのであろう。

谷崎潤一郎のアンソロジータイトルがもう・・・

 

 

 

 

 

流石ですな。

 

 

 

今日は重陽の節句「雨月物語」


9月9日は九が二つ重なってなんだかめでたい。

菊の節句とも言われるらしい。

桃の節句とかに比べたらマイナーな節句だが、3月3日と9月9日が節句なら、6月6日にもなんか欲しいところである。

カビの節句とか。

 

さて、菊の節句と言えばこちら。

 

 

 

f:id:ichieda:20210909224117j:image

f:id:ichieda:20210909224136j:image

 

ちなみに、菊花の契りは大変BLな感じであった。

しのびやかなこの感じ、いいぞ!

流石「摩利と新吾 」を描き上げた木原敏江

 

この絵柄、めっちゃ雨月物語にあってると思うのだが、最近もっと気になる感じの雨月物語を見つけた。

 

 

 

これ、最近アンリミテッドで読んだハニワッドの人が描いた雨月物語

 

 

ハニワッド面白かったー

敵が土偶だと?

しかも、なんかめちゃくちゃ強いしヒトデナシ!

シュールがすぎるんだけど。

そして絵柄がほのかに土くさいというか、なんというか独特。

 

この癖の強さが雨月物語とびたっとハマってる気がする。

まだ読んでないんだけどさ。

 

あの又吉氏絶賛ですって。

 

ハニワッドはkndleumlimitedでも読めるので、是非!

 

 

ポカリだけ買ってきて「大丈夫マン」

藤岡拓太郎の「大丈夫マン」を読んだ。

 

 

初読みのギャグマンガ何だけど、表紙が銀色でキラキラしている。

(キラキラに向いている絵柄とは思えないんだけど、そこ含めて面白い)

 

大丈夫マン、別にこの本ずっと出てくるわけではなくむしろこの表紙の作品しか収録されていないんだけど、大丈夫だから!受け止めるから!といいつつ、受け止めきれずに寝込む。

「ポカリだけよろしく・・・」

が効いてるよね~~

 

 

 

それにしても、久々に古本意外の紙の本を買った私。

 

セレクトショップのような本屋が近所にできたのだ。

 

めちゃくちゃ気になるけど敷居高いなあ、だって普通のお家の一部じゃん、

お土産もといお買い上げなしじゃでてこれんやん?

と思っていたが、行ってみたら店主が同級生でびっくりしたのだ。

 

何も買わずに出られなかった、っていうのが最大の理由。

でも、作者藤岡拓太郎はツイッターなどで作品を発表していた人なんだけど、

あとがきにて「発信する人の心の守り方」みたいな文章が実は一番買ったかいがあったなと思った。

 

大丈夫じゃないときもあるよね、みんな。

嫌なコメントは一定数あるわけで、そんなのもう見ないと決めちゃえ!

 

 

------

 

さて、その本屋の話し。

 

私の通う学校には課題図書というものがあり、毎月一冊本を読むのだが、

それこそ、同学年の500人近くの高校生が同じ本を読むのってものすごいことだと思う。

 

しかも、その本のチョイスが振るっていて、多分国語の先生の独断によるチョイス。

今覚えてるのは3つくらいだけど。

 

 

これ、歴史とミステリーの融合ですごくハマった。

井沢元彦にはもっともっとこういう作品を書いてほしいなぁ~

歴史の勉強的な大作シリーズも素晴らしいとは思うんだけど。

 

 

これなんかは、絶対に自分ではチョイスしないと思う。

まず、婦道っていう言葉に敏感に嫌悪感を覚えるから。

うーん、でも読むと面白かったんだな、これが。

ただ、婦道って言葉は未だに好きにはなれん!

 

 

そして、これ。

もう、これは言わずもがなの名作なのだが、こちらも高校の課題図書で出会った。

その後しばらく遅く来た清張フィーバーを経験し、一番好きなのはなにげに高校殺人事件だった私。ヘン?これ、松本清張にしては読みやすい、っていう理由だけかも。

当時高校生だったしね。

 

さてさて、

 

実は今回の同級生の本屋はこの「点と線」から名前をとっていたのだ。

 

twitter.com

 

もうねー、色々記憶の中で広がりすぎちゃって、私の中では相当感動してたんだけど(勝手に)伝わったかどうかは不明。

 

こちらの本屋、実は福岡市の香椎というところにありまして、ここは松本清張の書いた点と線の重要なトリックの鍵となる場面なのです。

今で言う聖地なのですわ。

 

で、この香椎には香椎宮と言う神社がありまして、先程紹介した井沢元彦の小説でも「珍しい神社」として紹介されてたりするんですよ。

 

もしかして、先生、郷土愛を込めての選書だったのかな?

うわ~~~もう一回読みたくなってきた!!!

 

地元にできた貴重な本屋にエールを送る意味でもあしげく通いたい。

(でも、私はkindle愛好者加えてブックオフラバー、すまんA君)

 

お近くの方はぜひ、テントセンブックスへ!!

 

 

 

 

「三体」読了!

今熱い中国SFの超大型作品「三体」をようやく読み終わった。

 

正直、一部から三部まで読み終えることができるとは自分でも思わなかった。

それほどの厚み、そして文字量、物理学用語の氾濫。

ここまで素人を寄せ付けない作りになっているのにも関わらず大ヒットしているはナゼだろう。

オバマ前大統領も推薦したというこの本、そんなに面白いのならと読み始め、

先程読了するまで私は1年半・・・

 

 

 

今回私はkindle版、三部に至っては読み終わる自信がなかったのでAudible版で読書。

読んだと言えるのか謎だが、もし紙の本だったら結構な厚さと思われる。

 

世界を〈構築〉することでSFは人類の在り方に挑戦する:池田純一の『三体』三部作レビュー | WIRED.jp

 

正直、全てを理解したわけではないのでとても人様に説明できないので、厚みと書評については、リンク先を。

あ、ちなみに上記リンク先は結構ネタバレ的な感じです。嫌な人はお気をつけて。

 

そう、なんか厚みの話が出たけど第三部では三次元を二次元に落とす、という攻撃が行われる。まるで紙の本をキンドル版で読むようではないか。ちがうか。

 

そもそも次元を落とすって何?4次元くらいはよく聞くけども、11次元てなんなん?

 

 

作者の広げた大風呂敷がそれこそ宇宙まるごと包み込んでしまうほどの大きさで、

うまく化かされたなぁ、翻弄されたなぁ、という読後感。

(でもちょっと難しかったなぁ)

 

やはり、2部のルオジーと史強兄さんのアクションシーンとか、3部のチェンシンとゆんティエンミンの大いなる愛情の話がわかりやすくて好きだった。

 

最期、あと少しで二人が会える、奇跡だと思っていたのに!ってところで会えなくなるところからがショックだったわぁ。

 

ゆんティエンミンはチェンシンに星をプレゼントするのよ!

 

現代日本に矮小化すると無人島が付き合ってもいない人から贈られる感じ?

そして、その毒にも薬にもならないだろうとされていた島から石油でも出た感じ?

 

って書くと、あまり素敵ではないけど、チェンシンとゆんティエンミンは結局、付き合ったり、それどころか手も握らぬまま、何世紀も時をまたいでお互いを想い合う仲になるのよ。

 

最期なんて、やっと会えると思って「ちょっと」見に行ったら、帰ってこれなくなって、行き違いで何万年も時がたってしまう。あんまり過ぎて口があんぐりよ!

 

どうしてもSF的良し悪しがわからなくて、人間ドラマの部分しか感想がないのだが、虚しいような切ないような、よくわからないような気持ちの読後感。

 

正直、大作で話題作を読み切ったぞという達成感が混ざっているので、本当に嗚呼良かった、もう人におすすめしまくりたい!★5つ!!な感じではない。

 

むしろ、SF読み込む体力の無さを思い知ったというか、そんな読後感。

 

しかし、あとがきで触れていたファンによる二次創作ゆんティエンとあいAAのその後のストーリは超読みたい。

 

正直万人に理解できてもらわなくてもいいと思っているのかもしれない。

でも、わからないながらにも読んで行くとなんとなく自分の頭の中のスケールが無理くり拡げらえるというか、学ぶところの大きい読書だった。

学びじゃないな、楽しみが増えたというべきかな?

新しいものを知ってしまったな、という感じ。

 

なんか、新しいものが読みたいと思っている方には超おすすめ!

 

一部と二部の感想はこちら

 

 

 

ichieda.hatenablog.com

ichieda.hatenablog.com

 

ちなみに、今回3部はaudible版で読んだけど普通に紙の本を購入するよりも安価で読み上げてもらえるので、ものすごくおすすめ。

 月々1,500円で一冊読めるサービスなので、1500円以上の本を買って積ん読にしちゃうよりはお得かな。ちょいちょいサービスの本もあるし。

おケチな私でも契約してしまう、結構ありなサービスです。

 

Audible (オーディブル) 会員登録

 

結構手のこんだ作りのオーディブルオリジナルラジオドラマ「アレク氏」もめちゃ面白い。こちらは無料で聞ける。

 

月々1コインという考え方なので、コインを使って購入した本はオーディブルを解約しても聞けるよ。

昔と違って聴き放題ではなくなったのだけど、実は返品できちゃうので立ち読み的なこともできます。

あくまでも立ち読み的な感じで、返品して何冊も読んでいくのはご法度ですぞ。

 

 

迷惑うれしい猫ハラスメント「猫のきもち」


f:id:ichieda:20210826215600j:image

気が向いた時に気が向いた場所にいく。

なにせ、ネコだからな!

とばかりに猫ハラをかますうちの子。

 

いや待てよ。猫ハラは、猫の写真を後輩に見せて可愛いと言わせる行為な気もする。

f:id:ichieda:20210826220830j:image

こんな感じで。ヘイ!セイ!kawaii

 

ま、いいか。

 

我が家のかつての子猫はあっという間に大きくなり、その短すぎる少年期に思いきりしつけを失敗したらしく、めちゃくちゃ噛み癖のあるネコになってしまった。

 

飼い猫に手足を噛まれまくってるのだ。

 

かわいいけど、近づいてきたらちょっと身構えるという、なんとも残念な関係性。

 

いろんな本なんかで、噛み癖を治す方法というのを試してみてはいるのだが、一向におさまらず、毎朝甘い鳴き声からの捕食!って感じで起こされている。

 

まじで、私がもうちょい小ぶりだったら食われてるんじゃないだろうか。

 

おかげさまで、早起きだし、擦り傷だらけ

 

そんななか本屋でこんな本を見つけた。

 

 

絵が可愛い。

と、いうかあの人だ。

 

私もこんなふうにサラッとした線でうちの子を描きたいなぁ。

 

さて、マンガでわかる猫の気持ちは漫画というより猫豆知識エッセイだったけどよかった。

 

猫が涙を舐めるのは、ただそこに水があるから。

ちょっとしょっぱい、くらいしか思ってないらしい。

けして、あなたの事を慰めているわけではないのです、と猫と暮らす人をぶった斬る内容。

 

にゃーにゃー鳴くのも、鳴けば思い通りになるという学習したから〜爆!

 

飼い主の愛はいつも素通りさ。

 

 

たしかに、うちの猫は冷蔵庫を運んできてくれたおじさんにですらなつく。

 

郵便局のおじさんにも、連れて逃げてとばかりにまとわりつく。

 

生協のおじさんにも以下略。

 

わたしがおじさんになっても、デートに連れていかないどころか、気付きもしないだろう。

 

あんたが食べてるカリカリはお母さんが買ってるんだからね!

 

と、言いつつ今日も一方通行ラブを送り続けている。

 

 

上の写真もわたしと遊んでというより、ここがすこしあったかいから座って見たかった。

くらいの感じで遊んで遊んでというデレなど微塵もなし。

 

でも、これでいいのだ。

だって猫だから。

 

フェミニズムについて考える「モヤる言葉、ヤバイ人~自尊心を削る人から心を守る「言葉の護身術」「メンタル強め美女」

 新聞で紹介されていたアルテイシアの「モヤる言葉、ヤバイ人~自尊心を削る人から心を守る「言葉の護身術」」を読んだ。

 

大学生になってバイトを始めたうちの娘のこんな一言がきっかけ。

 

「バイト先で「彼氏いないの?」を先輩に聞かれるのがもーなんというかもやもやするんだよねー」

 

ふむふむ。ありがちな光景。お母さんもそれを乗り越えてだな・・・なんて

その時は、ピンと来なかったどころが、そのほぼ私と同年輩のパートのおばちゃんとほぼ同意していたくらいだ。

 

なんか話のついでに、軽い気持ちで聞いちゃいがちな質問かもしれない。

 

しかし、娘のモヤル!っていう言葉がちょうど頭に残っていた所にこの本の書評に出会ったので、QRコードを読んでその場で注文。

 

 

 

「いい奥さんになりそうだね」「私だったら笑顔でかわすけど」
ジェンダーの押し付け・マウンティング・セクハラ・パワハラ……
女子を困らせる「モヤる言葉」を元気よくバットでかっとばす、痛快エッセイ!

「モヤる言葉に言い返す方法」や「ヤバイ人から身を守る方法」など、言葉の護身術が詰まった一冊!

明菜返し、エジソン返し、哲学返し、猫&BL返し、ナイツ返し、ネズミ返し、
マンスプ返し、イキリオタク返し、オカルト返し、エシディシ返し、アナル返し…
その他、あらゆるシチュエーションに対処する方法が満載。

弁護士の太田啓子さんとの対談「法律の護身術」も収録。
セクハラやパワハラに遭ったら? モラハラやDVを受けたら? 性被害に遭ってしまったら?
ネットで嫌がらせをされたら?…等、法律の知識も詰まった、
女子がサバイブするための必読書。 

 

いやー、なんか久しぶりに

「あああなんか世の中の仕組みがクリアに見えた!」と感動した。

 これが啓が蒙されたって感じなのかな。

 

誰も教えてくれなかった、もっと怒ってよかったんだなぁ。しみじみ。

 

若い頃はモヤモヤしていたのに、その気持を体の中に塗り込めて、そうして大人になるということはこういうことだと思っていた。

 

もっと、もっと、なんでもやもやするか突き詰めて考えればよかった。

そうして、我慢できずに声を上げる人たちに「大人気ないな」なんて、うまくやっている風を装わずに、声を上げてくれてありがとうと思うべきだった。

 

25年前の私に読ませたい!!

 

 

でもね、この中でアルテイシアさんも言っていた。

知らなかったことを恥じるだけではなく、自分をバージョンアップしていけばいいのだと。そして、学び続ける事、考え続けることが必要なのだと。

 

めっちゃ真面目な感じの感想になったけど、この本自体はめちゃくちゃ読みやすいことを保証する。

 

彼女のバランス感覚の優れた部分が発揮されていて、この難しい内容を笑いにくるみまくっているのだ。

 

間違っていることに気づいて!怒っていい!といことを笑いながらだけど何度も伝えてくれる。

 

 正直、自分がフェミニストだと宣言できる女性って、ほとんどいないと思うんだよね。

 

それほど、歴代の戦士たちが偉大すぎて逆に敵を作りすぎているというか、イマイチ、同性を味方につけきれていなかったのではないかしら。

 

まあ、難しい戦いであったし、今もまだ戦いの途中のヘルジャパンなんだけどね。

 

 

しかし、彼女の語り口や本のタイトルや筆名や発信の仕方、全て含めておもしろエッセイスト感を出していて、フェミニズムに対してマイナスのイメージを持ってしまっている人にも拒絶反応が少ないかなと思う。

 

しかも、面白いだけじゃなくてちゃんとリスクを取っているところがホント素敵。

「産めば仕事の幅が広がるんじゃない?」って、わたし半人前扱いされてる?【アルテイシア】(2020年8月20日)|ウーマンエキサイト(1/8)

 

 とりあえず、WEBでも一部読めるようなので、ぜひ!

ヘルジャパンの意味がわかるよ!

 

 

そんな、フェミニズムについて考えた後に、全く真逆に見えるようなこんなコミックエッセイを読んだ。

 

こちらは、努力する美女、白川さんの話しなのだけど、タイトルから受けたイメージと全然違って、すごく良かったのでこちらもおすすめ。

 

自分を高める努力を怠らない白川さんは、正直社内の女性からは

「ぶりっこ」「あざとさが鼻につく」「部長と出来てる」などなど言われ放題だ。

 

でも、白川さんは全く気にしない。

自分のために美しくある努力を怠らない彼女は、

誰かを下に落としても自分が上に登るわけではないことをよく知っている。

みんな可愛くて、みんなハッピーでいいじゃん。と思っている。

そして、セクハラに対しては断固NOと言えちゃう。

 

そうなんだよねー女の敵は女、というとまた偏見になるかもしれないけれど、

同性の目も異性の目もとにかく厳しいのが、今の社会かもしれない。

真逆に見えて、真逆じゃないのだ。

 

 

女子の自己肯定感が世界を救う! メンタル強め美女・白川さんが、ひがみ、嫌がらせやマウントなど、女性を苦しめるプチストレスをはねのける。現代の闇と戦うすべての女子に捧ぐ、最強美女の痛快コミック登場!

 

若い女の子が世の中を渡るときに押し寄せる、大なり小なりのストレスを乗り越えるためにも、ぜひ読んでほしい2冊。

 

そして、昔若い女の子だった私達は、同じ苦しみを彼女たちに味あわせることだけはやめよう。

 

みんな、このくらい我慢したんだ論法はやめようぜ、ってはなし。