iCHi's diary~本は読みたし、はかどらず~

主に読書録。読み終えた本がこのまま砂のように忘却の彼方に忘れ去られるのが申し訳ないので、書き留める。要は忘れっぽい読者の読書日記。

SF

露悪的なるユーモア?「虐殺器官」

伊藤計劃の「虐殺器官」を読んだ。 虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA) 作者:伊藤 計劃 早川書房 Amazon かなり前に友人におすすされていたのだが、最初の数ページで挫折していた本。 なぜなら、最初っからこどもの死ぬ話だったから。 妙にドライで、そのひどい状況…

「三体」読了!

今熱い中国SFの超大型作品「三体」をようやく読み終わった。 正直、一部から三部まで読み終えることができるとは自分でも思わなかった。 それほどの厚み、そして文字量、物理学用語の氾濫。 ここまで素人を寄せ付けない作りになっているのにも関わらず大ヒッ…

あまりに怖い未来予想「動物農場」

傑作の誉れの高いジョージ・オーウェルの「動物農場」を読んだ。 ジョージオーウェルと言えば、ほら、あの「1984」を書いた人ですよ。 動物農場 (角川文庫) 作者:ジョージ・オーウェル,高畠 文夫 発売日: 2015/01/30 メディア: Kindle版 超怖かった… 共…