iCHi's diary~本は読みたし、はかどらず~

主に読書録。読み終えた本がこのまま砂のように忘却の彼方に忘れ去られるのが申し訳ないので、書き留める。要は忘れっぽい読者の読書日記。

読書感想

変態!?アンソロジー 「谷崎マンガ」

谷崎マンガ~変態アンソロジーを読んだ。 谷崎潤一郎、文豪っていうか変態なんじゃ?説をみんなが確かめ合う、そんなマンガだ。 谷崎マンガ 変態アンソロジー (中公文庫) 作者:谷崎潤一郎,榎本俊二,今日マチ子,久世番子,近藤聡乃,しりあがり寿,高野文子,中村…

今日は重陽の節句「雨月物語」

9月9日は九が二つ重なってなんだかめでたい。 菊の節句とも言われるらしい。 桃の節句とかに比べたらマイナーな節句だが、3月3日と9月9日が節句なら、6月6日にもなんか欲しいところである。 カビの節句とか。 さて、菊の節句と言えばこちら。 雨月物語―マ…

ポカリだけ買ってきて「大丈夫マン」

藤岡拓太郎の「大丈夫マン」を読んだ。 大丈夫マン 藤岡拓太郎作品集 作者:藤岡拓太郎 ナナロク社 Amazon 初読みのギャグマンガ何だけど、表紙が銀色でキラキラしている。 (キラキラに向いている絵柄とは思えないんだけど、そこ含めて面白い) 大丈夫マン、…

「三体」読了!

今熱い中国SFの超大型作品「三体」をようやく読み終わった。 正直、一部から三部まで読み終えることができるとは自分でも思わなかった。 それほどの厚み、そして文字量、物理学用語の氾濫。 ここまで素人を寄せ付けない作りになっているのにも関わらず大ヒッ…

迷惑うれしい猫ハラスメント「猫のきもち」

気が向いた時に気が向いた場所にいく。 なにせ、ネコだからな! とばかりに猫ハラをかますうちの子。 いや待てよ。猫ハラは、猫の写真を後輩に見せて可愛いと言わせる行為な気もする。 こんな感じで。ヘイ!セイ!kawaii! ま、いいか。 我が家のかつての子…

フェミニズムについて考える「モヤる言葉、ヤバイ人~自尊心を削る人から心を守る「言葉の護身術」「メンタル強め美女」

新聞で紹介されていたアルテイシアの「モヤる言葉、ヤバイ人~自尊心を削る人から心を守る「言葉の護身術」」を読んだ。 大学生になってバイトを始めたうちの娘のこんな一言がきっかけ。 「バイト先で「彼氏いないの?」を先輩に聞かれるのがもーなんという…

暑い時には怪談を

HOLY ホラーコミック傑作選第1集 (角川ホラー文庫) 作者:手塚 治虫,美内 すずえ,諸星 大二郎,日野 日出志,丸尾 末広,内田 春菊,花輪 和一,萩尾 望都 KADOKAWA Amazon 1億円を強奪した男が深夜タクシーに乗り吉原に向かう途中、タクシー運転手が語りだし…

かのこちゃんとマドレーヌ夫人

万城目学の「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」 を読んだ。 かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川文庫) 作者:万城目 学 KADOKAWA Amazon かのこちゃんは小学1年生の女の子。玄三郎はかのこちゃんの家の年老いた柴犬。マドレーヌ夫人は外国語を話せるアカトラの…

令和の世に諸星大二郎にハマる・・・「妖怪ハンター稗田」

令和のこの世に諸星大二郎御大の漫画にハマってしまった。 デビューが70年代! この表紙の癖の強さよ。 [まとめ買い] 妖怪ハンター(ヤングジャンプコミックスDIGITAL) 作者:諸星大二郎 Amazon ぬばたまの闇の底どよもす呻き声。冥き世界にうごめく異形の者…

伊坂幸太郎がなろう系を書くとこうなる!?「クジラアタマの王様」

伊坂幸太郎の「クジラアタマの王様」を読んだ。 なんと、現世ではクレーム対応中のサラリーマンが異世界でドラゴンだのオオトカゲだのと大きな剣や矢で戦う話だ。 こ、これは今アマゾンのランキングを席巻している、いわるゆところの「なろう系小説」??で…

「ザリガニの鳴くところ」心ゆさぶるミステリー

本屋大賞・翻訳小説部門一位のの話題作「ザリガニの鳴くところ」を読んだ。 ザリガニの鳴くところ 作者:ディーリア・オーエンズ 発売日: 2020/03/05 メディア: Kindle版 ノースカロライナ州の湿地で男の死体が発見された。人々は「湿地の少女」に疑いの目を…

あまりに怖い未来予想「動物農場」

傑作の誉れの高いジョージ・オーウェルの「動物農場」を読んだ。 ジョージオーウェルと言えば、ほら、あの「1984」を書いた人ですよ。 動物農場 (角川文庫) 作者:ジョージ・オーウェル,高畠 文夫 発売日: 2015/01/30 メディア: Kindle版 超怖かった… 共…

遺品

若竹七海の遺品を読んだ。 遺品 (角川ホラー文庫) 作者:若竹 七海 発売日: 2016/02/25 メディア: Kindle版 タイトルも表紙も怖い。 学芸員の仕事がなくなり、彼氏とも別れ、家族ともうまくいかないというどん底期に、たまたま紹介された仕事がとある女優のコ…

「白痴」焼き鳥たべれなくなるやん・・・

坂口安吾の「白痴」を読んだ。 体験した者にしか書けないであろうリアル空襲の描写にガクブルだった・・・ 主人公伊沢は映画の演出家で「表現者である俺」を自負しているのだが、一方で月給の心配をしている。 そんな自分がイヤで仕方がない。いっそ、戦争が…

桜終わっちゃったけど「桜の森の満開の下」

坂口安吾の「桜の森の満開の下」を読んだ。 桜の森の満開の下 作者:坂口 安吾 発売日: 2012/09/14 メディア: Kindle版 昭和初期に活躍した「無頼派」の代表的作家である坂口安吾の小説。初出は「肉体」[1947(昭和22)年]。通る人々が皆「気が変になる」鈴…

ギムレットにはまだ早い「ロンググッバイ」

レイモンドチャンドラーの、というかレイモンドチャンドラーが憑依した村上春樹の「ロング・グッドバイ」を読んだ。 ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11) 作者:レイモンド・チャンドラー 発売日: 2010/09/09 メディア: 文庫 私立探偵のフィ…

「ヨチヨチ父」誰が書いた本かわからんくなってる

ヨシタケシンスケの「ヨチヨチ父」を読んだ。 ヨチヨチ父 とまどう日々 作者:ヨシタケシンスケ 発売日: 2017/04/22 メディア: 単行本 とにかく絵がかわいいヨシタケシンスケ。 シンプルなラインだけど真似できない、絶妙な線。 かわいいけど、甘いばっかりじ…

パロディ放題「迷宮入り探偵」

かんばまゆこの「迷宮入り探偵」を読んだ。 [まとめ買い] 【新装版】 迷宮入り探偵 作者:かんばまゆこ メディア: Kindle版 むふふ、この表紙見ていただければわかる通り、お釜帽をかぶったあの人(をパロッた人)が主人公です。 もちろん、本家本元と違って…

暗黒文学少女?「本田鹿の子の本棚」

前から気になっていた「本田鹿の子の本棚」がプライムで読み放題になっていたので喜び勇んで読んでみた。 本田鹿の子の本棚 暗黒文学少女篇 (リイドカフェコミックス) 作者:佐藤将 発売日: 2017/11/30 メディア: Kindle版 本田鹿の子の本棚 天魔大戦篇 (リイ…

やっぱり爽快!「ホワイトラビット」

伊坂幸太郎の「ホワイトラビット」を読んだ。 ホワイトラビット(新潮文庫) 作者:伊坂幸太郎 発売日: 2020/07/10 メディア: Kindle版 兎田孝則は焦っていた。新妻が誘拐され、今にも殺されそうで、だから銃を持った。母子は怯えていた。眼前に銃を突き付け…

「卍」「秘密」「吉野葛」「陰翳礼讃」

谷崎潤一郎の青空文庫を立て続けに読了。 それにしても、谷崎潤一郎のタイトルを検索するとまあまあきわどいビデオとかヒットするのでじわっとくる。 卍 卍 作者:谷崎 潤一郎 発売日: 2017/09/28 メディア: Kindle版 何年前だろうか、マジ卍という言葉が流行…

「三体・暗黒森林」~なぜ人類は宇宙人と遭遇できないか~

いやいや、さてもさてもスケールのでかいものを読んだ! さすが、三国志や西遊記を産んだ国だわ。 三体Ⅱ 黒暗森林(上) 作者:劉 慈欣 発売日: 2020/06/18 メディア: Kindle版 人類に絶望した天体物理学者・葉文潔(イエ・ウェンジエ)が宇宙に向けて発信し…

「痴人の愛」ダメでもいいダメにおぼれたいあなたに

今まで文豪のくくりで名前は存じ上げていたが、ほとんど読んだことなかった谷崎潤一郎。 いやね、最近金田一耕助読了しちゃって読むものなくてノマドなんですわ。 いろいろ手を出してみてるんですが、情熱を見いだせるものがまだ見つかっていない。 こんな時…

「透明人間は密室に潜む 」今年のこのミス国内第2位!

阿津川 辰海の「透明人間は密室に潜む」を読んだ。 初読みの作家さんだが、最近よく名前をみかけるなーと思っていた。 透明人間は密室に潜む 作者:阿津川 辰海 発売日: 2020/04/21 メディア: Kindle版 透明人間による不可能犯罪計画と、意外すぎる動機。裁判…

青空文庫があるじゃないか!これ読んどけの10冊 ~文豪(ストレイドッグス)編~ 

あっという間に寒くなって、師走。いよいよステイホームもう一度の雰囲気になってきた感もある。 こんな時は本を読もうぜ! お財布が軽かったり、なんかピンとくる本が見るからないときは青空文庫があるじゃないか! しかし、何せ膨大な青空文庫の本を前にど…

「遠野物語」謎のオシラ様に萌える

女は40を過ぎると着物が着たくなるというが、本読みは40歳すぎると、古事記とか、万葉集とか、遠野物語とかを読みたくものである。 ・・・堂々と書いてみたが嘘だ。しかも40を過ぎたのは結構前だ。 京極夏彦をまとめて読んだら、急に遠野物語を読みたくなっ…

結末を作らないリドルストーリー「追想五断章」」

米澤穂信の「追想五断章」を読んだ。 追想五断章 (集英社文庫) 作者:米澤 穂信 発売日: 2012/04/20 メディア: 文庫 大学を休学し、伯父の古書店に居候する菅生芳光(すごう よしみつ)は、ある女性から、死んだ父親が書いた五つの「結末のない物語(リドルスト…

前半で投げ出さなくてよかった「禍家」

三津田信三の「禍家」を読んだ。 禍家 (角川ホラー文庫) 作者:三津田 信三 発売日: 2013/11/22 メディア: 文庫 怪異が蠢く呪われた家で少年を襲う惨劇とは!?身の毛もよだつ最恐ホラー!12歳の少年・棟像貢太郎は、東京郊外に越してきた。しかし、初めて住むは…

たとえて言うなら「絶妙+」和山やまのマンガ

立て続けに2冊、和山やまのマンガを読んだ。 本屋さんとかで少し前から気になっていた作品だ。 夢中さ、きみに。 (ビームコミックス) 作者:和山 やま 発売日: 2019/08/10 メディア: Kindle版 気になる君はうしろの席に――。WEBなどで噂の作品たちが待望の…

個人的京極夏彦フェア「今昔百鬼拾遺 月」を読んだ

先月は個人的京極夏彦フェアであった。 そもそも去年夏くらいから「別々の出版社から、毎月一冊 今昔百鬼拾遺シリーズを刊行」していた京極夏彦。 うわー、こりゃすごいね、と遠巻きに見ていたのだがメルカリにて三冊セットでお安く出品されているのを発見し…