iCHi's diary~本は読みたし、はかどらず~

主に読書録。読み終えた本がこのまま砂のように忘却の彼方に忘れ去られるのが申し訳ないので、書き留める。要は忘れっぽい読者の読書日記。

読書感想

嘘つきは六人じゃないかもね。六人の嘘つきな大学生

六人の嘘つきな大学生 (角川書店単行本) 作者:浅倉 秋成 KADOKAWA Amazon 久々、ミステリらしいミステリだったな。 とはいえ結局、最後はどちらともとれる微妙な着地。 筆者は採用面接によほど深い恨みがあるのだろうか、人事の採用担当なんて、クソだ!と言…

一難去ってまた一難、横溝正史の「雪割草」

横溝正史の「雪割草」を読んだ。 雪割草 久しぶりに、横溝正史のミステリ以外の作品を読んだ。 雪割草、美しい花である。 超ざっくりとしたあらすじは、諏訪の湖で育った美しい娘、有為子が育ての父の死を機に実父を探すために上京し、騙されて危うく売られ…

「残月記」は2022年の1984年なのか?

本屋大賞にノミネートされていた小田雅久仁の「残月記」を読んだ。 残月記 作者:小田雅久仁 双葉社 Amazon 近未来の日本、悪名高き独裁政治下。世を震撼させている感染症「月昂」に冒された男の宿命と、その傍らでひっそりと生きる女との一途な愛を描ききっ…

わからない?「推し、燃ゆ」

宇佐美りんの「推し、燃ゆ」を読んだ。 第164回芥川賞を受賞、しかも21歳の女性ということでおおいに話題になったよね。 娘が早速購入しているのを横目に「読もうかな、読むのやめとこうかな」と謎のツンデレを噛ましていたが、先日ようやく読了した。 推し…

世之介に出会った人生と出会わなかった人生「横道世之介」

現在、毎日新聞に連載中の小説「続々横道世之介」。 もうすぐ40代の中堅カメラマンとして楽しく暮らす世之介がえがかれている。 今は、あけみちゃんという料理上手で芸者の血を引くなかなかチャーミングな女性と同棲中。ただし、全く色っぽくはない。 なぜな…

おまえは戦うのか死ぬのか?「同士少女よ、敵を撃て」

今年の本屋大賞を受賞した逢坂 冬馬 の「同士少女よ、敵を撃て」を読んだ。 同志少女よ、敵を撃て 作者:逢坂 冬馬 早川書房 Amazon 独ソ戦が激化する1942年、モスクワ近郊の農村に暮らす少女セラフィマの日常は、突如として奪われた。急襲したドイツ軍によっ…

圧力高め!「テスカトリポカ」

たて続けるように2022年このミス(このミステリーがすごい)2位の「テスカトリポカ」を読んだ。 うーん、独特。というか、怖い。 絶対悪という言葉が思い浮かぶような話。 ミステリーに期待される謎解きとか、どんでん返しとかはない。ただひたすら答え…

なんにせよ最高だよ「教養悪口本」  

悪口を言って愛される人が現れた。 堀元見の「教養(インテリ)悪口本」だ。 教養(インテリ)悪口本 作者:堀元 見 光文社 Amazon すぐ「海外では~」と言い出す人に使えるインテリ悪口「鹿鳴館精神を身につけてる」、憶えた言葉をすぐ使いたがる人用のイン…

「バーナード嬢曰く」オドラテクとはなにか調べた

年末になにげに楽しみにしている、バーナード嬢の新刊が出た。 今回はオドロキオドラデク号だ。 だ、と言われても、という感じだろうが。 カフカの短編小説に「オドラデク」と言うちょっとよくわからない物が出てくるんだそうだ。 www.aozora.gr.jp 青空文庫…

奇跡のバランス「そして、バトンは渡された」

瀬川まいこの「そして、バトンは渡された」を読んだ。 本屋大賞受賞し、最近映画化もされた話題作。 そして、バトンは渡された (文春文庫) 作者:瀬尾 まいこ 文藝春秋 Amazon 私は映画の父親役森宮さんのことを、なぜかずっとムロツヨシが演じていると思い込…

よく考えたらせつない「フーガはユーガ」

伊坂幸太郎の「フーガはユーガ」を読んだ。 フーガはユーガ (実業之日本社文庫) 作者:伊坂 幸太郎 実業之日本社 Amazon 伊坂幸太郎史上もっとも切なく、でも、あたたかい。僕たちは双子で、僕たちは不運で、だけど僕たちは、手強い双子の兄弟が織りなす、「…

軽妙洒脱でちょっとメタ「ペッパーズゴースト」

伊坂幸太郎のペッパーズ・ゴーズトを読んだ。 ペッパーズ・ゴースト 作者:伊坂 幸太郎 朝日新聞出版 Amazon 少しだけ不思議な力を持つ、中学校の国語教師・檀(だん)と、女子生徒の書いている風変わりな小説原稿。生徒の些細な校則違反をきっかけに、檀先生は…

これがエグゾティシズムというものか「高丘親王航海記」

近藤ようこの「高丘親王航海記」が完結した。 澁澤 龍彦の同名小説のコミカライズだ。 高丘親王航海記 コミック 全4巻セット 作者:近藤ようこ,澁澤龍彦 KADOKAWA/エンターブレイン Amazon 幼い頃に、父帝の寵姫であった藤原薬子より、寝物語で天竺の話を聞か…

露悪的なるユーモア?「虐殺器官」

伊藤計劃の「虐殺器官」を読んだ。 虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA) 作者:伊藤 計劃 早川書房 Amazon かなり前に友人におすすされていたのだが、最初の数ページで挫折していた本。 なぜなら、最初っからこどもの死ぬ話だったから。 妙にドライで、そのひどい状況…

「おしえて!BLお兄さん」と読む、名作「こころ」

ブログをあまりに放置していたら、ログアウトしていてちょっとビビった。 読んだ本を記録するつもりで始めたのに誰に謝る必要もないが、あえて言うなら2ヶ月前くらいの私ごめん。大分放置してしまった。 その間、もちろんできる範囲でゴリゴリ読んでいたのだ…

変態!?アンソロジー 「谷崎マンガ」

谷崎マンガ~変態アンソロジーを読んだ。 谷崎潤一郎、文豪っていうか変態なんじゃ?説をみんなが確かめ合う、そんなマンガだ。 谷崎マンガ 変態アンソロジー (中公文庫) 作者:谷崎潤一郎,榎本俊二,今日マチ子,久世番子,近藤聡乃,しりあがり寿,高野文子,中村…

今日は重陽の節句「雨月物語」

9月9日は九が二つ重なってなんだかめでたい。 菊の節句とも言われるらしい。 桃の節句とかに比べたらマイナーな節句だが、3月3日と9月9日が節句なら、6月6日にもなんか欲しいところである。 カビの節句とか。 さて、菊の節句と言えばこちら。 雨月物語―マ…

ポカリだけ買ってきて「大丈夫マン」

藤岡拓太郎の「大丈夫マン」を読んだ。 大丈夫マン 藤岡拓太郎作品集 作者:藤岡拓太郎 ナナロク社 Amazon 初読みのギャグマンガ何だけど、表紙が銀色でキラキラしている。 (キラキラに向いている絵柄とは思えないんだけど、そこ含めて面白い) 大丈夫マン、…

「三体」読了!

今熱い中国SFの超大型作品「三体」をようやく読み終わった。 正直、一部から三部まで読み終えることができるとは自分でも思わなかった。 それほどの厚み、そして文字量、物理学用語の氾濫。 ここまで素人を寄せ付けない作りになっているのにも関わらず大ヒッ…

迷惑うれしい猫ハラスメント「猫のきもち」

気が向いた時に気が向いた場所にいく。 なにせ、ネコだからな! とばかりに猫ハラをかますうちの子。 いや待てよ。猫ハラは、猫の写真を後輩に見せて可愛いと言わせる行為な気もする。 こんな感じで。ヘイ!セイ!kawaii! ま、いいか。 我が家のかつての子…

フェミニズムについて考える「モヤる言葉、ヤバイ人~自尊心を削る人から心を守る「言葉の護身術」「メンタル強め美女」

新聞で紹介されていたアルテイシアの「モヤる言葉、ヤバイ人~自尊心を削る人から心を守る「言葉の護身術」」を読んだ。 大学生になってバイトを始めたうちの娘のこんな一言がきっかけ。 「バイト先で「彼氏いないの?」を先輩に聞かれるのがもーなんという…

暑い時には怪談を

HOLY ホラーコミック傑作選第1集 (角川ホラー文庫) 作者:手塚 治虫,美内 すずえ,諸星 大二郎,日野 日出志,丸尾 末広,内田 春菊,花輪 和一,萩尾 望都 KADOKAWA Amazon 1億円を強奪した男が深夜タクシーに乗り吉原に向かう途中、タクシー運転手が語りだし…

かのこちゃんとマドレーヌ夫人

万城目学の「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」 を読んだ。 かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (角川文庫) 作者:万城目 学 KADOKAWA Amazon かのこちゃんは小学1年生の女の子。玄三郎はかのこちゃんの家の年老いた柴犬。マドレーヌ夫人は外国語を話せるアカトラの…

令和の世に諸星大二郎にハマる・・・「妖怪ハンター稗田」

令和のこの世に諸星大二郎御大の漫画にハマってしまった。 デビューが70年代! この表紙の癖の強さよ。 [まとめ買い] 妖怪ハンター(ヤングジャンプコミックスDIGITAL) 作者:諸星大二郎 Amazon ぬばたまの闇の底どよもす呻き声。冥き世界にうごめく異形の者…

伊坂幸太郎がなろう系を書くとこうなる!?「クジラアタマの王様」

伊坂幸太郎の「クジラアタマの王様」を読んだ。 なんと、現世ではクレーム対応中のサラリーマンが異世界でドラゴンだのオオトカゲだのと大きな剣や矢で戦う話だ。 こ、これは今アマゾンのランキングを席巻している、いわるゆところの「なろう系小説」??で…

「ザリガニの鳴くところ」心ゆさぶるミステリー

本屋大賞・翻訳小説部門一位のの話題作「ザリガニの鳴くところ」を読んだ。 ザリガニの鳴くところ 作者:ディーリア・オーエンズ 発売日: 2020/03/05 メディア: Kindle版 ノースカロライナ州の湿地で男の死体が発見された。人々は「湿地の少女」に疑いの目を…

あまりに怖い未来予想「動物農場」

傑作の誉れの高いジョージ・オーウェルの「動物農場」を読んだ。 ジョージオーウェルと言えば、ほら、あの「1984」を書いた人ですよ。 動物農場 (角川文庫) 作者:ジョージ・オーウェル,高畠 文夫 発売日: 2015/01/30 メディア: Kindle版 超怖かった… 共…

遺品

若竹七海の遺品を読んだ。 遺品 (角川ホラー文庫) 作者:若竹 七海 発売日: 2016/02/25 メディア: Kindle版 タイトルも表紙も怖い。 学芸員の仕事がなくなり、彼氏とも別れ、家族ともうまくいかないというどん底期に、たまたま紹介された仕事がとある女優のコ…

「白痴」焼き鳥たべれなくなるやん・・・

坂口安吾の「白痴」を読んだ。 体験した者にしか書けないであろうリアル空襲の描写にガクブルだった・・・ 主人公伊沢は映画の演出家で「表現者である俺」を自負しているのだが、一方で月給の心配をしている。 そんな自分がイヤで仕方がない。いっそ、戦争が…

桜終わっちゃったけど「桜の森の満開の下」

坂口安吾の「桜の森の満開の下」を読んだ。 桜の森の満開の下 作者:坂口 安吾 発売日: 2012/09/14 メディア: Kindle版 昭和初期に活躍した「無頼派」の代表的作家である坂口安吾の小説。初出は「肉体」[1947(昭和22)年]。通る人々が皆「気が変になる」鈴…