iCHi's diary~本は読みたし、はかどらず~

主に読書録。読み終えた本がこのまま砂のように忘却の彼方に忘れ去られるのが申し訳ないので、書き留める。要は忘れっぽい読者の読書日記。

漫画

橋本治の凄さは伝わる「マンガ哲学事典」

今年亡くなった橋本治という人について私が知っていることは たしか。。。桃尻語役の枕草子を書いた人?くらいだった。 しかし、先日読んだブログにて 『思いつきで世界は進む: 「遠い地平、低い視点」で考えた50のこと』ちくま新書のレビューが面白そうだっ…

少年じゃなくなった金田一の謎を解きたくない事件簿

金田一37歳の事件簿(2) (イブニングコミックス) 作者: 天樹征丸,さとうふみや 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2018/10/23 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 彼もいよいよ37歳か~私とほぼ同年代だと思っていたのにいつの間にかちょっと…

ブロッコリー頭の整(ととのう)が言葉の煙をまく「ミステリという勿れ」

最新刊が出たようなので感想を。 ミステリと言う勿れ (5) (フラワーコミックスアルファ) 作者: 田村由美 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2019/09/10 メディア: コミック この商品を含むブログを見る 話題作で、この漫画がすごい!とかにも(たぶん)入って…

極道で主夫〜

最近「極道主夫」を一気読みした。 極道で主夫って…。まあ組み合わせを考えた時点で勝利な気がする。 確か、気になる漫画ランキング、とか今この漫画がスゴイでランクインしているこの漫画。 2019年でランクイン!だった。 【公式発表!!】『このマンガがすご…

週末本屋パトロール「ブックオフ トリアス久山店」「今昔物語」

盆休みに一番やりたいことはなにかと聞かれれば、「・・・片付け?」と答えるくらい部屋が散らかっている。 ちなみに、これはやりたいことというよりやれねばならぬことかも。 まずはこの古本を売りに行かねば、ということで処分する本を探しだしたら またし…

夏はSFだよね「ミノタウルスの皿」

なんかこのところSFが読みたい気分だ。最近めっきり怪談ばっかり読んでる気もするが、 面白いSFを寝食忘れて読みたい! ついては私に本をオススメして!と会社の人にお願いしてみた。 で、オススメられたのがこの三冊 夏への扉 (ハヤカワ文庫SF) 作者: ロバ…

お盆なので「悪魔の花嫁」

お盆なので、は全く無理があるが「悪魔の花嫁」がkindleでお盆期間中、3巻までプラス最終章が2巻まで無料だったので読んでみた。 悪魔の花嫁 1【期間限定 無料お試し版】 作者: 池田悦子 出版社/メーカー: 秋田書店 発売日: 2019/08/03 メディア: Kindle版 …

わからない事だらけ「終末少女旅行」

「少女終末旅行」つくみず著を読んだ。 少女終末旅行 1 (BUNCH COMICS) 作者: つくみず 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2014/11/08 メディア: コミック この商品を含むブログ (18件) を見る 二人の少女が旅をしているのだが、それがいつなのかどこなのか、…

え?これがあのとりみき?石神伝説

石神伝説 1 (文春デジタル漫画館) 作者: とり・みき 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2018/03/01 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る みなさんも作家に対するイメージ、少なくとも漫画家の絵柄にたいするイメージはあるだろう。 私のなかの…

今日読んだ本「モブ子の恋」「はじめアルゴリズム」「夏目友人帳24」

スローペースすぎるぞ モブ子の恋 モブ子の恋 1巻 作者: 田村茜 出版社/メーカー: ノース・スターズ・ピクチャーズ 発売日: 2017/10/20 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る こちら、大人しくて自己主張が苦手でいつも人の陰に隠れがちな…

今日読んだ本「ワニ男爵」「カラット探偵事務所の事件簿 1 」

めちゃくちゃ紳士でダンディなワニの小説家。ただ野生の血にわれを忘れることがある。 腰ギンチャク?のウサギが思わずびびっているのをみて、わたしのことを軽蔑しますか?と寂しそうに聞く先生。イメージ明治の文豪、ワニだけど。 それにしても、さすがは…

本なの漫画なの「ビブリオ漫画文庫」

amazonパトロール中に見つけた本「ビブリオ漫画文庫」を読んだ。 なんとなく、わかるけど結局本なのか漫画なのかわからん。 そもそもビブリオもよく聞くし、普通にビブリオバトルは受け入れているが、意味を知らない。 というわけで、ウィキペディアで調べて…

今日読んだ本「スピな夫が何言ってるかわからない」「デジタル完全版永久保怪異談」

ちょいとホラー系の漫画を読んだ。 うちはスピじゃなくても夫が何言ってるかはわからんけど、まあそれは置いといて。 スピな夫が何言ってるかわからない (コミックエッセイの森) 作者: えじまりん 出版社/メーカー: イースト・プレス 発売日: 2019/04/04 メ…

連休のほうが忙しいのでは?やっと読み終わった東村アキコ3作品

10連休がようやくおわりますな。 なんか平日よりよっぽど忙しかったような(主に飲むのに) しかも体力が落ちているせいで、二日目が確実に使い物にならない・・・ 忙しいけども目標の積読を25センチ減らす、というのは達成できたし! リアルお友達「し…

大人だから大人買う!「火の鳥」

いや~ 火の鳥が装いも新たにまた書店に並んでますね~ 表紙がかっこいい! 火の鳥 新装版 (2018年) 全14巻 新品セット (クーポン「BOOKSET」入力で+3%ポイント) 作者: 手塚治虫 出版社/メーカー: KADOKAWA メディア: セット買い この商品を含むブログを見る…

よく知らずに飛びついちゃった

美智子さまが待っていると言って話題になったジーヴズ。 kindle unlimitedで読めたので喜んでよんだ。 結果としては後書きを読むまでこの話が別の作者によるジーヴズ続編ということを知らず、 英国貴族のウイットに富んだユーモア、流石やん! と読み終えて…

今日読んだ本「御伽草子」「ちゅぱからぶ」

御伽草子―マンガ日本の古典〈21〉 (中公文庫) 作者: やまだ紫 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2000/12/01 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 6回 この商品を含むブログ (2件) を見る 鉢かづき姫やものぐさ太郎、酒呑童子などみんなが知ってるおと…

今日読んだ本「高遠少年の事件簿」「島耕作の事件簿」

レンタルコミックで事件簿つながりで借りた2冊。 正直、金田一少年をどこまで読んでいたか全く思い出せなくて、確かにこのトリックには見覚えがあるので読んだような読んでないような。ある意味もやっとしっぱなし。 高遠少年の事件簿 (講談社コミックス) …

ほっこりと思うなよ!「鬱ごはん1」

施川ユウキさんの漫画は本当好き嫌いが分かれるだろう。 私にとっては「オンノジ」に出会ってからとても好きな漫画家だ。 「オンノジ」を褒め称えるのはまた別の機会に譲るとして、気になっていた「鬱ごはん」をよんだ。 鬱ごはん 1 (ヤングチャンピオン烈コ…

最近読んだ本「うどんの国の金色毛鞠」「現役看護師イラストエッセイ 病院というヘンテコな場所が教えてくれたコト。 」

一気に春めいてきて、飛んでいる花粉も変化を感じる今日このごろ。 それなりにいろいろやることがあるのでなかなか本が読めないが、ついついレンタルコミックとかブックオフとかに入り、積んでしまっております。 というわけで、あっという間に「今日読んだ…

東海道中膝栗毛

毎日小学生新聞を取っているのである。 これがなかなか楽しい。多分うちの小学生より私のほう小学生新聞を熟読しているのだが、その中の古典の中の一文を紹介するコーナーに東海道中膝栗毛が出ていた。 ちなみに私この人の絵が好きだ。何とも言えぬとぼけた…

家に帰ると妻が…の人の「日本霊異記」

漫画・日本霊異記 (メディアファクトリー新書) 作者: ichida 出版社/メーカー: KADOKAWA / メディアファクトリー 発売日: 2013/07/30 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 日本霊異記、メジャーな古典ながらまったくどんな話か想像がつかな…

今日読んだ本

読んだ本をタイトルだけでも記録 せっかく忘備録のために始めたブログなので、読書感想を書けなかったけど読了した本を記録しよう。どういう形式がいいのかわからんけど、このページにどんどん追記していけばいいのか? 2019/03/13 カフェでよくかかっている…

立て続けに読んだ 雨月物語 とわずがたり

先日気になってます!と言ってたマンガ日本の古典シリーズ。何冊かゲットしましたので感想を 雨月物語 思った通り、本の雰囲気と木原敏江の絵がマッチしてて、しかも初手から完全なるボーイズラブなお話。 必ず帰ってくると約束し、故郷に帰った兄しかしそこ…

私にぴったりな本を見つけてしまった「読んでも読んでも忘れてしまう人のための読書術」

図書館で、こんな本を見つけてしまいました。 読んでも読んでも忘れてしまう人のための読書術 (星海社新書) 作者: 印南敦史 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2018/05/27 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 読んでも、じゃないよ。読んでも読んでも…

全くもってその通り「妻は他人」

ブックカフェにて、「妻は他人~ふたりの距離とバランス~」を読みました。 この人の絵、凄くシンプルでかわいい。そして何より手書き文字が流麗で美しい。 (書道とか硬筆とかやってそうな美しさ) なんでも円満夫婦の夫が描く、円満の秘訣?みたいなもの。…

気になってしょうがない「マンガ日本の古典」

我が家では、読売中高生新聞を取っている。 今週の広告にも出でて、近所の本屋でも平積みの マンガ日本の古典が気になる! マンガ界のレジェンドが一堂に会した夢の共演とのこと。試験にも効くんですって。 おばちゃんは受験なんてとでもいいけどさ! んん?…

美麗の一言に尽きる 乱歩アナザー

乱歩アナザー -明智小五郎狂詩曲-(1) (マガジンエッジKC) 作者: 薫原好江,平井憲太郎,江戸川乱歩 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/06/17 メディア: コミック この商品を含むブログ (1件) を見る 江戸川乱歩の黒蜥蜴、のコミカライズ乱歩アナザーを読み…

小山健はなんだかすごいぞ「お父さんクエスト」「生理ちゃん」

めちゃゆるな画風の小山健 ヴィレバンにてイチオシの棚ができていてずっと気になっていました。 男の人?で生理?全く想像つかん!でも、なんか評判いいよね・・・ ということで、2冊立ち読みしちゃいました。 お父さんが誕生する瞬間 お父さんクエスト 作…