iCHi's diary~本は読みたし、はかどらず~

主に読書録。読み終えた本がこのまま砂のように忘却の彼方に忘れ去られるのが申し訳ないので、書き留める。要は忘れっぽい読者の読書日記。

横溝正史

「空蝉処女」~おとめ、と読むんですよ。

横溝正史の「空蝉処女」を読んだ。うつせみしょじょですって!キャーと思っていたら、「処女」とかいて「おとめ」と読ませるらしい。 ほーここはイコールなものなのか?ま、いいや。 どちらにしろすごいタイトルだ。 由利先生シリーズだか、由利先生が出てく…

「血蝙蝠」ブラッドバッドマン!

横溝正史の由利先生シリーズ「血蝙蝠」を読んだ。 血蝙蝠 「由利先生」シリーズ (角川文庫) 作者:横溝 正史 発売日: 2020/05/22 メディア: Kindle版 肝試しに荒れ果てた屋敷に向かった女性は、かつて人殺しがあった部屋で生乾きの血で描いた蝙蝠の絵を発見す…

妖怪サンエンケチリ~ブックオフにはエコバックを持っていけという話

昼休みにふらふらとブックオフへ行った。 その日のお目当ては夏だからちょいとホラーっぽいマンガがあれば、だった。 いや、もっと言えばその前の日にTwitterで知った高階良子のマンガがあればゲットしようという腹だった。70年代から活躍している少女漫画家…

「刺青された男」読み応えある短編集

横溝正史の「刺青された男」を読んだ。 刺青された男 (角川文庫) 作者:横溝 正史 発売日: 2012/10/16 メディア: Kindle版 灼熱の外洋でも、絶対にシャツを脱がない大男の船乗りがいた。他人に見せられない刺青をしているという噂がある男だ。ある日、私が船…

「双生児は囁く」タイトルだけでもザ横溝って感じ。

横溝正史の「双生児は囁く」を読んだ。 残念ながら表紙は杉本一文ではない。どういうチョイスなんだろう? 双生児は囁く (角川文庫) 作者:横溝 正史 発売日: 2012/10/16 メディア: Kindle版 真鍮で作られた檻の中に飾られた真珠の首飾りは、「人魚の涙」と呼…

「塙侯爵一家 」幸せになるには程々が良い

横溝正史の「塙侯爵一家 」を読んだ。 塙侯爵一家 (角川文庫) 作者:横溝 正史 発売日: 2012/10/16 メディア: Kindle版 霧深いロンドンの街の片隅で秘密裡に進められたある計画。それは、莫大な資産家塙侯爵の息子で欧州留学中の安道を、思い通りに操れる偽者…

当時のなろう系?「黄金の指紋」「真珠塔・獣人魔島」

横溝正史の「黄金の指紋」と「真珠塔 獣人魔島」をよんだ。 どちらもジュブナイル、言わゆる青少年向けの(横溝正史にしては)健全で明るい物語である。 黄金の指紋 「金田一耕助」シリーズ (角川文庫) 作者:横溝 正史 発売日: 2012/10/16 メディア: Kindle版…

「悪魔の家」由利先生頑張って!

横溝正史の「悪魔の家」を読んだ。 悪魔の家 「由利先生」シリーズ (角川文庫) 作者:横溝 正史 発売日: 2012/10/01 メディア: Kindle版 武蔵野の面影をとどめた杉並木に生暖かい夜霧が立ちこめる人けのない道。帰途を急ぐ新日報社の花形記者三津木俊助は、背…

「呪いの塔」横溝先生×乱歩先生の仲良を知れ

横溝正史の「呪いの塔」を読んだ。 あんまり有名ではないけれど、傑作だと思う。 呪いの塔 (角川文庫) 作者:横溝 正史 発売日: 2012/10/16 メディア: Kindle版 軽井沢高原の朝もやの中にうっそりとそびえるバベルの塔。この塔の外側には放射線状に伸びた七つ…

「山名耕作の不思議な生活」始末の極意よりは贅沢とみた

横溝正史「山名耕作の不思議な生活」を読んだ。 山名耕作の不思議な生活 (角川文庫) 作者:横溝 正史 発売日: 2012/10/16 メディア: Kindle版 家並みもまばらな田舎くさい町の片隅に、十度ばかり往来に傾いたみすぼらしい家がある。その家には、天井がわりに…