iCHi's diary~本は読みたし、はかどらず~

主に読書録。読み終えた本がこのまま砂のように忘却の彼方に忘れ去られるのが申し訳ないので、書き留める。要は忘れっぽい読者の読書日記。

「扉の影の女」金田一耕助の日常生活?

金田一耕助「女」シリーズのうち一冊。 受け売り。女シリーズなんて言葉は初めて聞いたが。 ほかには「女怪」「支那扇の女」「夜歩く女」とかが含まれる。(んじゃないかと思う。知らんけど) 扉の影の女 「金田一耕助」シリーズ (角川文庫) 作者:横溝 正史 …

アレクサのradikoエリア判定の間違いを正す!(エラそう)

こ、こんな簡単なことだったのか、と脱力した話。 我が家は第1世代のエコーと最近もう一台買い足したエコーショーの2台のアレクサちゃんと同居中。 Echo Show 5 (エコーショー5) スクリーン付きスマートスピーカー with Alexa、チャコール 発売日: 2019/06/2…

いい人の半分しか幸せになれない「迷路の花嫁」

横溝正史の迷路の花嫁を読んだ。 迷路の花嫁 「金田一耕助」シリーズ (角川文庫) 作者:横溝 正史 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2012/10/16 メディア: Kindle版 かけ出しの小説家松原浩三は、ふとしたことからとてつもない恐ろしい事件に巻き込まれてい…

気が付けば終わっていたkindleUnlimited一か月生活

先月、うっかり定価で申し込んでしまった本の読み放題サービス「KindleUnlimited」 kinndleunlimited で一ヶ月チャレンジはじめました - iCHi's diary~本は読みたし、はかどらず~ 朝、さて続きを読むかと開くとホリエモンの顔がバーンと出てきて、あなたも…

マンガ死ぬこと以外かすり傷を読んですごいと思うところ

マンガ死ぬこと以外かすり傷を読んだ。 マンガ 死ぬこと以外かすり傷 (NewsPicks Comic) 作者:箕輪 厚介,星井 博文,松枝 尚嗣 出版社/メーカー: 幻冬舎コミックス 発売日: 2019/12/27 メディア: 単行本(ソフトカバー) 私あまり詳しくないのだが、それでも…

本屋パトロール「金進堂えきまち1丁目店」

福岡市東区香椎駅、駅ビルにある本屋「金進堂えきまち1丁目店」へ行ってきた。 BOOK INN 金進堂|福岡市に4店舗を展開する昭和12年創業の老舗書店 私の初アルバイト先である。とはいえ四半世紀前のことゆえ店舗は移動しているし店員さんに知った顔などもちろ…

爆笑エッセイが読みたいなら~ハズレなしエッセイスト6選

エッセイは好きですか? 私はミステリーが大好きだけど、面白エッセイ、とくに抱腹絶倒な奴が大好き。 とくに、地に着いた足からぶっ飛んでいくような妄想爆発タイプがお気に入り。 「ほんわか」とか「しみじみ」のエッセイもいいもの(向田邦子とか?)が多…

痴漢の冤罪マジ怖い・・・「真実の檻」

初読みの作家さん下村敦史の「真実の檻」を読んだ。 真実の檻 (角川文庫) 作者:下村 敦史 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2018/05/25 メディア: 文庫 生き別れの父は、殺人犯?--家族の絆と法廷の闇に迫るミステリ!亡き母は、他の人を愛していた。その相…

何時だってタイミングをのがす~祝ブログ開設一周年!ただし4日前

ブログを開設して一年が経った。(ことに4日後に気づく・・・) 一年続けることができてうれしい。 いろんなブログを見ていると、何年も続いているか数カ月で消えてゆくかの2パターンの気がする。(私調べ) ということは、私のブログもこれから10年は続…

美女のインフレや「女王蜂」

横溝正史の「女王蜂」を読んだ。 女王蜂っていわれると、働きバチたちを従えて甘い汁(プロポリスエキス)を吸い、自分だけがつやつやと美しく輝く、っていうイメージがあるが・・・ この何人もの男?の黒い手に押さえつけられた女性の表紙もイミシン。 金田…

「天才はあきらめた」はあきらめてからやったことがすごかった

結婚報道の記憶も新しい南海キャンディーズの山ちゃんによる「天才はあきらめた」を読んだ。 天才はあきらめた (朝日文庫) 作者:山里亮太 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2018/07/06 メディア: 文庫 自分でも何回もクズだクズだと書いているが、本当…

「放送禁止」からの~未読禁止の面白さ?

東京二十三区を読んでおもしろかった長江俊和の「放送禁止」を読んだ。 放送禁止 (角川ホラー文庫) 作者:長江 俊和 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2016/03/25 メディア: Kindle版 不幸な出来事の続く大家族のドキュメンタリー。ストーカー被害に遭って…

菩提樹荘殺人事件

有栖川有栖の菩提樹荘の殺人を読んだ。 菩提樹荘の殺人 (文春文庫) 作者:有栖川有栖 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/01/15 メディア: Kindle版 アポロンのように美しい少年、と噂される連続通り魔事件の容疑者。お笑い芸人志望の若者達の悲劇。大学…

Amazonの初売りのページで見られる犬の噂 FireHD8でkindle読み上げの話

Amazonので初売りやってますね・・・ 今回こそは遠目で斜めから眺めるだけのつもりやったんや・・・ でも、3日の9時にちょうどスマホを手に取ったら、気が付いたらついついAmazon詣でをしてしまっていた。 (これはこれでこの時間泥棒対策をなんとかせねば…

公園で本を拾いました・・・「頭の回転をよくする読書術」

いろんな本との出会い方はあると思う。 ・・・あると思うがこんな出会いは滅多にない! 今朝公園で本を拾ってしまいました。 ・・・イヤー引かないで〜〜 自分でもギリアウトな気もするが、タイトルに惹かれたのと 「出会いってあるじゃん?」と言うことでカ…

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。 福岡は快晴。暖かい正月です。 福岡市東区三日月山山頂より いきなりですが、今年の目標は富士山登山。 途中で諦めらことにならぬよう、コツコツ鍛えねば。 あと、富士山登山にちなんだ本があれば読みたい。 帰り道の…

横溝正史がKindle unlimitedに来たー!!!!

なんとなんと! 横溝正史がほぼほぼKindle Unlimitedで読めるようになってます!!! なんと〜〜アマゾン様と言わせてください! 他にも読みたいと思っていた初めてのやせ筋トレとかメモ魔力も、読み放題に入っておりました! はじめてのやせ筋トレ 作者:と…

年の瀬ですが本屋パトロール「KITTE博多のタワレコ」

大人のみなさん、サンタクロース活動お疲れさまでした。 それぞれの人にそれぞれのクリスマスが訪れたことと思います。 うちのクリスマスは、娘の高校の三者面談でがっかりしたので、そのまま制服を着た娘と焼き鳥屋で飲む、というかなり自由すぎる感じでし…

お前が犯人か!「皇帝のかぎ煙草入れ」

kindleunlimitedで読める名作海外ミステリーを読むチャレンジ週間 2冊目はよく名前を聞くが読んだことがなかった「ジョン・ディクスン・カー」の「皇帝のかぎ煙草入れ」を読んだ。 皇帝の嗅ぎ煙草入れ 作者:ディクスン・カー 出版社/メーカー: グーテンベル…

「ミス・マープル」は安楽椅子探偵の始祖鳥?

ミスマープルといえば、ミステリーの女王アガサクリスティの生み出した、安楽椅子探偵。 とはいえ、本どころかドラマすら見たことがなく今回初めてkindleunlimitedに入っていたので読むことができた。 ミス・マープルのご意見は? 1 作者:アガサ・クリステ…

月曜断食成功の5つのポイント

私のブログは、読書録のブログである。 確かに話題の本というよりは、ほぼ私の好みとお財布事情によってチョイスされた本ばかりゆえ、全く今年の新刊や、話題の書などは入ってこない。 それにしてもしかし、だ。 一番人気の記事がダイエットの記事だというの…

アガサクリスティのデビュー作「スタイルズ荘の怪事件」

「早川書房編集者がおススメする傑作ミステリフェア」で推し推しにおされていた 「スタイルズ荘の怪事件」を読んだ。 「カ★サギ」「屍★荘」?クリスティを読んでみろ、100年前でもこの面白さだぞ! って、伏字で。笑ってしまった。 ichieda.hatenablog.com …

怪談?ミステリ?「東京23区女」

初めて読む作家さんである。 本屋で出版禁止などの○○禁止シリーズが平積みされていたので気になっていたのだが、kindleでちょっとお安かったので(そんな理由ばかりでお恥ずかしい)読んでみる。 東京二十三区女 (幻冬舎文庫) 作者:長江 俊和 出版社/メーカ…

真面目で優等生は残念⁉︎「武器として書く技術」

武器としての書く技術 (中経出版) 作者:イケダ ハヤト 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2013/06/27 メディア: Kindle版 武器としての書く技術 イケダハヤト著を読んだ。 アオリ気味のタイトルだ。 なにせお金を稼ぐツールとしての文章術、それをあえて武…

kinndleunlimited で一ヶ月チャレンジはじめました

「きんどるどうでしょう」のきんどうさんが、またkindleunlimitedがお安くなってますよ!っと教えてくれたので、もしかして私もいけるかな?とおもって勇気を出してクリックしたら、しっかり980円とられた。 やーそりゃ、お試し何回もしてますからね。あと、…

これといったヒーローは出てこないけれど「殺人暦」

先日のサイバーマンデーでゲットした「殺人暦」 残念ながら金田一耕助は出てこない。 サイバーマンデーでは金田一シリーズがなかったのだ。 このブログを始めてそろそろ一年。 すっかり完全に金田一耕助推しのわたしとしては、そこまで期待せずに読み始めた…

ほぼほぼ哲学「筋トレは必ず人生を~略~マッチョ社長の筋肉哲学」

以前、実験として始めた月曜断食から3か月。なんか、10キロ痩せるともったいなくていろいろ健康にいい事をしたくなるのである。(そう、月曜断食で10キロ痩せたの!すごくない?食べない無料ダイエット。誰一人私もやろうと言ってくれないのが残念でな…

最近読んだ無料マンガたち「アスペル彼女」「ふたりソロキャンプ」「ブルーピリオド」「働く細胞Black」

最近読んだ、キンドル無料漫画をいくつかごしょうかい。 図らずも続けざまに「押しかけ女房」系。・・・そこそこかわいい女の子が押し掛けてくるってのは男子の夢なんだろうな。 アスペル・カノジョ(1) (コミックDAYSコミックス) 作者: 萩本創八,森田…

修行が必要だな「嫌われる勇気」

タイトルだけを見た友達に心配されたこの本 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え 作者: 岸見一郎,古賀史健 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2013/12/13 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (113件) を見る かなり…

ブラックの次はサイバーだ!「サイバーマンデー」に横溝正史があったよ

ついこの間までブラックフライデーで浮かれ大騒ぎしていた気がするが、今度はサイバーマンデー、ということでまたしてもkindle本が少しお安くなっているようだ。 前回、実は結構ぽちってしまったのでふところがお寒いのだがセールとなるとついつい見てしまう…