iCHi's diary~本は読みたし、はかどらず~

主に読書録。読み終えた本がこのまま砂のように忘却の彼方に忘れ去られるのが申し訳ないので、書き留める。要は忘れっぽい読者の読書日記。

軽妙洒脱でちょっとメタ「ペッパーズゴースト」

伊坂幸太郎のペッパーズ・ゴーズトを読んだ。

少しだけ不思議な力を持つ、中学校の国語教師・檀(だん)と、女子生徒の書いている風変わりな小説原稿。
生徒の些細な校則違反をきっかけに、檀先生は思わぬ出来事に巻き込まれていく。
伊坂作品の魅力が惜しげもなくすべて詰めこまれた、作家生活20年超の集大成!

 

著者は本書に「興味あることや好きなもの、心配なことや怖いこと」を詰め込んだと書いている。

 

そう、今みんなを悩ますコロナのことを念頭に置いているのだろう、このお話は「飛沫感染」「テロ」「ネコ虐待」などと怖いことがたくさん描かれている。

 

でも、「飛沫感染」して起こることは、他人の未来が(といっても明日)ちょっとだけ見えるというどう役立てていいのか悩むプチ超能力だし、

「テロ」も恐ろしいけれどもそれでもテロの被害者遺族がテロの連鎖を止めるべく立ち上がる「テロ」だし、

「ネコ虐待」は完全に因果応報ネコジゴハンターなる必殺仕事人がネコの仇をうつ話と、なんだか深刻になるちょっと手前でお手柔らかにしてくれている。

 

この話はプチ超能力者の檀先生の視点からと、アメショーとロシアンブルという2人のハンターを見つめる神の視点からが交互に語られる(これは、中学生の女の子の小説というていなんだけど)

 

女の子の小説の登場人物であるネコジゴハンターの二人が「俺たちは小説の中の登場人物なんじゃないか説」を繰り広げたりするあたり、メタミステリー感が出てくるのだが最後はこの二つの話が、あれよあれよと「よりあわされて」最後は一つの糸として紡ぎだされ、檀先生の、つまり私たちの世界に収束されていく(ってそれも小説の世界なんだけど、考え出したら何が何だか分からなくなる)

 

ここら辺が「さすが伊坂幸太郎」とうならせられる~。

って何様な感想で申し訳ない。

 

さすが作家生活20年の集大成というだけあって疾走感があって、最後にクスリとさせるいい終わり方。

 

始末人2人の掛け合いは「マリアビートル」などの殺し屋シリーズを彷彿させる軽妙さがある。

 

恐ろしい話も彼にかかればエンタメに振り切ったこんな話に昇華出来るんだなぁ

そして、読者の読後感のことまで心配してくれているあたり、もう「匠の小説」だ。

 

読書の秋、疾走感のあるエンタメ小説を読みたくなったらぜひ。

っていうかネコジゴハンターシリーズになんないかしら。

 

https://amzn.to/3orQG9l

 

今宵はハロウィン

f:id:ichieda:20211031210657j:image

毎年毎年、仮装の方向性が周辺とずれてきてる気がする。 

今年は魚の人で勝負。

道ゆく子供から、

なに?とか、本物じゃないやーん、とか、どこから見てるのーとから沢山の声かけをいただき嬉しい限り。

 

海外のお盆的な行事もすっかり定着しましたな。

 

今年は交差点に繰り出すハロウィン仮装の人たちを気がしれん、的な報道が多かったけど、まあ、飛沫は飛ばないようになっているので大丈夫かなと。

 

f:id:ichieda:20211031211114j:image

 

こちら、新聞紙と半紙で張り子の技法でてきております。

小学校の図工の時間で一番のちの人生に役立っている気がする。

あの時は、糊が乾くのが遅くて遅くて、たまらん!と思っていたのに今は全然苦痛じゃない。

 

わたしも大人になったものだ。

 

f:id:ichieda:20211031211420j:image後ろ姿。おびれが動くのがチャームポイント。

 

f:id:ichieda:20211031211436j:imageメイキング。猫と魚の人。

 

これがエグゾティシズムというものか「高丘親王航海記」

近藤ようこの「高丘親王航海記」が完結した。

澁澤 龍彦の同名小説のコミカライズだ。

 

 

幼い頃に、父帝の寵姫であった藤原薬子より、寝物語で天竺の話を聞かされていた皇子・高丘親王は、長年、彼の地への憧憬を抱き続けていた。
それから数十年、成長した彼は夢を実現するために、エクゾティシズムに満ちた怪奇と幻想の旅に出立したのだった。

幻想文学史上に屹立する巨峰を、果敢なる漫画家が端正で妖しく描き尽くす。渾身のコミカライズ。

 

いろいろすごいなーと思う。

 

まず、主人公がおじさん。

60歳をとうに越しているのに50そこそこにしか見えない「みこ」と、サブキャラクターが強うそうなのと博識そうな二人の坊さん。びっくりするくらい華がない。

 

そこに、秋丸(こちらはとってもキュート)という少年(のちに少女だったことがわかるのだが)が加わり4人の航海が始まる。

 

物語はなんとも人を喰ったようなファンタジーだ。

特に話がオオアリクイのところに来たときには、私の頭は色々考えることをやめた。

多分この話は考えすぎちゃいかん。

 

f:id:ichieda:20211030070255p:image

私は今まで澁澤 龍彦の本を読んだことがない。

私の中では「異端文学?中世ヨーロッパっぽい?」分野の、

とにかく「開けてはいけないドアの向こうの人」というイメージだった。

 

近藤ようこがコミックにしてくれたからこその出会いだ。

 

多分これからも澁澤 龍彦の本を購入して読むことはないだろう。

これは、彼に魅力を感じないということではもちろんなく、多分私のファンタジー読解脳では読みきれないと思っているからだ。不憫なのは私の方だ。

 

そう、とにかくぶっ飛びまくったお話だったのだ。

 

それこそ1巻に出てくる「ジュゴンの虹色の糞」のような、きれいなのか美しいのか面白いのか不可解なのか、うまく表せない物語。

f:id:ichieda:20211030070136p:image

それが、近藤ようこカリカリした絵柄で綴られる。・・・美しい。

 

白い部分と黒い部分がパッキリ別れた、細い細い線で描かれた女性からは、およそ生々しさが削ぎ落とされている。

 

女性だけではない、おっさんの「みこ」だって、彼女にかかれば美しくなってしまうのだ。

 

天竺を目指すみこは、途中喉の病に侵されしまい、そこにたどり着くことなく自らを虎に食わせて死んでしまう。

 

虎のお腹の中に入って天竺を目指す作戦だ。

 

作者澁澤 龍彦ももまた、咽頭がんを患いながらこの話を綴ったのだそうだ。

作中の死を見据えたみこは、怯えた様子はまったくなく、

むしろ虎に自分を食べさせるアイデアをひらめいたときは楽しそうですらある。

f:id:ichieda:20211030070155p:image

実際の滝澤もこんな幸せな気分を味わえていたのだろうか。

そういう意味でも、ほんとにすごい本読んじゃったなと思う。

 

 

すごい滝澤龍彦ととすごい近藤ようこが描いたすごい漫画。

 

すごいを3つも使うもはや頭の悪さしか表現していない褒め言葉。

 

 

 

 

 

露悪的なるユーモア?「虐殺器官」

伊藤計劃の「虐殺器官」を読んだ。

 

 

かなり前に友人におすすされていたのだが、最初の数ページで挫折していた本。

なぜなら、最初っからこどもの死ぬ話だったから。

 

妙にドライで、そのひどい状況に対してあまり感情を動かさない

主人公のひとり語りが好きになれなかったからでもある。

 

でも、次第に彼が心に蓋をしている事や(脳の感情を司る一部分をマスキングする)、誰よりも死にたがりなところが、だんだんわかってきて面白くなってきた。

 

特に、最後は彼が殺してしまう相棒との掛け合いがおもしろい。

なんか、ピザを食べながらバドワイザーを飲み、Netflixを見ながらの、いかにもアメリカっぽいユーモア(私の想像するかぎりの)が繰り広げられる。

 

そこには我々の知る日常しかないのに、近未来の戦争は恐ろしく残酷だ。

 

未来の戦争では、兵士はとても貴重な兵站でありメンテナンスを怠らない。

例えば、戦場で人を殺さなければならないときには予め感情に蓋をしておく。

怪我をしても痛みを知覚はできるが感じないようにしておく。

 

まるで、海外に渡航前にワクチン接種をするように予め、脳の一部に処理を施して置くのだ。

 

こうして、怪我をしていることは理解しているが痛みに苦しむことはなく、

戦場で幼い子供を殺すことになっても罪悪感を感じることはなく、

心の健康を保ったまま戦う兵士が生まれる。

 

SFでよかった。実際こんな研究は本当に進んでいそうで怖いが。

人を殺してはだめな理由はなんですか?なんて。

もうだめなもんだダメ。とにかく理由なんかなくダメなんだろうと思う。

 

自分が殺されたくないから殺さないんだよ、なんて子どもには教えたくないし

というか、ダメなもんはダメじゃダメなのかい?

 

とにかくいろいろ心を揺すぶられた(けっこう悪い意味でゾワゾワと)読書だった。

 

この世界観は映画というよりアニメだな、と思ったら案の定アニメ化されていた。

 

 

かっこいいし面白いけどマザコンの主人公が失恋をして世界を滅ぼそうとするっていう、まあまあ最低のラストシーンが待っておりますが、多くの人がレビューを書きたくなるような本であることは間違いない。

(というか、ここまで身も蓋もない話ではない。)

 

 

 

「おしえて!BLお兄さん」と読む、名作「こころ」

ブログをあまりに放置していたら、ログアウトしていてちょっとビビった。

読んだ本を記録するつもりで始めたのに誰に謝る必要もないが、あえて言うなら2ヶ月前くらいの私ごめん。大分放置してしまった。

 

その間、もちろんできる範囲でゴリゴリ読んでいたのだがもはや忘却。

 

そういうわけで、最近でもないのだが久しぶりに面白くて新しい人のマンガを買ってしまった。

 

 

 

「こころ」「泣いた赤鬼」「山月記」…
みんなが昔から慣れ親しんできた文学作品、
それちょっとBLな匂いしませんか?
「実は私も『これBLじゃないんかな?』て思ってたんです。でもそれを学校の授業で言えなかった…!」

大丈夫。ソムリエお兄さんはそんなあなたたちの味方です。
今日もBLソムリエお兄さんが
ボーイズがラブする匂いを名作から探し当て、(ライクも可)
腐ったものが読みたいあなたに
最適な文学をオススメします!

 

なんかもういろいろ説明が必要な感じだが(笑)

言葉遣いが(というかスラング?)が私にはすごく新鮮で、色々娘にBL用語を解説してもらいながら読む。

 

]表紙を見ていただければ分かる通り、

「こころ」は先生総受けメリバBL小説です。

 

とのこと。

メリバ =メリーとバッド、人によって受け止め方の違うエンディングのこと(たぶん)

とか、

先生総受け = えーっと先生がモテる方ちがうな。なんと説明したらいいのかいまいちわからんけど。先生はわたしとKから愛されている?狙われている?うーむ。

ごにょごにょ・・・なるほどなるほど。深いわ。

 

ってことで、高校依頼読んでなかった夏目漱石のこころを読んだ。

 

 

 

言わずもがなの明治の文豪の書いた最高峰とも呼べる名作文学だ。

 

だが、ソムリエお兄さんの言うことも一理ある。

例えば、最初に出てくる海水浴場の西洋人について(確かに何の前ふりかわからないけど出てきている。)とか、私の発言とか。

そう言われてみれば先生は・・・先生は・・・そうなんじゃないの!?

と思ってしまう。(すくなくとも私はそうでしょう)

言われれば言われるほど確かに・・・ってなる。

f:id:ichieda:20211013172137j:plain

こういうのを匂い系小説というらしい。くすくす。

がぜん面白くなってきて読みすすめると「泣いた赤鬼」だの「ごんぎつね」だの「山月記」「銀河鉄道の夜」だのみんなが知っている名作文学が、BL小説に早変わり。

もういろんなもんが槍玉にあげられていて面白いのである。

 

作者、実は国文学部卒でいわゆる「ちゃんと読んだ人」なのだ。

それだけに説得力が(というか私レベルの人間はしっかりと「コレハBLデスネ」

と丸め込まれる楽しい漫画だ。

 

でも、コレをきっかけに私は「こころ」や「山月記」を再読したのである。

これって、マンガと文学の垣根を低くする素敵な関係じゃなかろうか。

 

多分この漫画読んだ人はこころ読み返すと思うのーーー!

しかもニヤニヤしながらふかよみしながら。

 

ただの文学紹介マンガではなくツッコミの又来君のキャラがどんどん崩壊していくところもかなり好み。

そして、いろんな地口というかイアゆる腐女子スラングがてんこ盛りで面白い。

この人、言葉が好きなんだろうなと思う。

 

BL好きの人もだけど、ちょっと興味あるけど~くらいの人にもとってもおすすめ。

映倫に引っかかりそうな表現はありませんのでご安心を。

 

 

 

 

変態!?アンソロジー 「谷崎マンガ」

谷崎マンガ~変態アンソロジーを読んだ。

 

谷崎潤一郎、文豪っていうか変態なんじゃ?説をみんなが確かめ合う、そんなマンガだ。

 

文豪にして、大変態――? 発禁処分、三度の結婚、老境の性……マゾヒズムに一生を捧げた谷崎潤一郎の文学を、十一人の天才たちが豪華にマンガ化。『痴人の愛』から『陰翳礼讃』まで、夢幻の美しさで描かれる谷崎入門決定版。〈特別付録〉対談・山口晃×近藤聡乃/インタビュー・古屋兎丸中村明日美子/裏話マンガ・榎本俊二(『谷崎万華鏡』改題)

山口晃「台所太平記
しりあがり寿谷崎潤一郎『瘋癲老人日記』×ヘミングウェイ老人と海』REMIX」
高野文子「陰翳礼讃」
古屋兎丸「少年」
中村明日美子「続続蘿洞先生」
近藤聡乃夢の浮橋
西村ツチカ「猿が人間になった話」
榎本俊二青塚氏の話」
今日マチ子痴人の愛
山田参助「飈風」
久世番子「谷崎ガールズ」

それにしても、執筆陣のゆたかなことよ。

久世番子「谷崎ガールズ」

まず最初に久世番子が、谷崎潤一郎の女性遍歴を描く。

 

谷崎さん、ひどいっすね。

妻の妹だの、ギリの息子の嫁だの、ほんま人でなしやん…

挙げ句の果てに友人に妻を譲渡?

人をあげるとかもらうとか、ものじゃないんだぞ。

ホントこの言葉自体を次の世代には使わせないようにしなきゃな。

 

 

ddnavi.com

やりたい放題だね、文豪!

西村ツチカ「猿が人間になった話」

f:id:ichieda:20210915150734j:image

f:id:ichieda:20210915150754j:image

初めて読む漫画家。すごい絵が可愛い。細い線の重ねが美しい。

原作探し出せなかったので、西村ツチカの代表作をペタリ。

 

 

まだ試し読みしかしていないけど、新進気鋭という言葉がピッタリ。

でも疲れない、癒やされるマンガ。

 

榎本俊二青塚氏の話」

江戸川乱歩なの?的な変態が出てきます。

なんかこう、その、犯罪一歩手前の狂気が(いや、一線超えてるかもしれん)気持ち悪い。

 

 

こちらは、コミカライズした榎本俊二のあとがきマンガ。

くすりと笑える、かと思ったらお前も変態やないかーい!

 

f:id:ichieda:20210915150744j:image

 

原作はこちら。なんかすごい文庫名ですけども。バニラの彩り・・・

 

 

他にも大好きな高野文子とかも描いている。

山口晃「台所太平記」も良かった。この人は漫画家ではないけども、いい感じであった。

 

変態だけど、人をひきつけてやまないところがあるからこそこうして、アンソロジーがたくさん編まれるのであろう。

谷崎潤一郎のアンソロジータイトルがもう・・・

 

 

 

 

 

流石ですな。

 

 

 

今日は重陽の節句「雨月物語」


9月9日は九が二つ重なってなんだかめでたい。

菊の節句とも言われるらしい。

桃の節句とかに比べたらマイナーな節句だが、3月3日と9月9日が節句なら、6月6日にもなんか欲しいところである。

カビの節句とか。

 

さて、菊の節句と言えばこちら。

 

 

 

f:id:ichieda:20210909224117j:image

f:id:ichieda:20210909224136j:image

 

ちなみに、菊花の契りは大変BLな感じであった。

しのびやかなこの感じ、いいぞ!

流石「摩利と新吾 」を描き上げた木原敏江

 

この絵柄、めっちゃ雨月物語にあってると思うのだが、最近もっと気になる感じの雨月物語を見つけた。

 

 

 

これ、最近アンリミテッドで読んだハニワッドの人が描いた雨月物語

 

 

ハニワッド面白かったー

敵が土偶だと?

しかも、なんかめちゃくちゃ強いしヒトデナシ!

シュールがすぎるんだけど。

そして絵柄がほのかに土くさいというか、なんというか独特。

 

この癖の強さが雨月物語とびたっとハマってる気がする。

まだ読んでないんだけどさ。

 

あの又吉氏絶賛ですって。

 

ハニワッドはkndleumlimitedでも読めるので、是非!