iCHi's diary~本は読みたし、はかどらず~

主に読書録。読み終えた本がこのまま砂のように忘却の彼方に忘れ去られるのが申し訳ないので、書き留める。要は忘れっぽい読者の読書日記。

フェミニズムについて考える「モヤる言葉、ヤバイ人~自尊心を削る人から心を守る「言葉の護身術」「メンタル強め美女」

 新聞で紹介されていたアルテイシアの「モヤる言葉、ヤバイ人~自尊心を削る人から心を守る「言葉の護身術」」を読んだ。

 

大学生になってバイトを始めたうちの娘のこんな一言がきっかけ。

 

「バイト先で「彼氏いないの?」を先輩に聞かれるのがもーなんというかもやもやするんだよねー」

 

ふむふむ。ありがちな光景。お母さんもそれを乗り越えてだな・・・なんて

その時は、ピンと来なかったどころが、そのほぼ私と同年輩のパートのおばちゃんとほぼ同意していたくらいだ。

 

なんか話のついでに、軽い気持ちで聞いちゃいがちな質問かもしれない。

 

しかし、娘のモヤル!っていう言葉がちょうど頭に残っていた所にこの本の書評に出会ったので、QRコードを読んでその場で注文。

 

 

 

「いい奥さんになりそうだね」「私だったら笑顔でかわすけど」
ジェンダーの押し付け・マウンティング・セクハラ・パワハラ……
女子を困らせる「モヤる言葉」を元気よくバットでかっとばす、痛快エッセイ!

「モヤる言葉に言い返す方法」や「ヤバイ人から身を守る方法」など、言葉の護身術が詰まった一冊!

明菜返し、エジソン返し、哲学返し、猫&BL返し、ナイツ返し、ネズミ返し、
マンスプ返し、イキリオタク返し、オカルト返し、エシディシ返し、アナル返し…
その他、あらゆるシチュエーションに対処する方法が満載。

弁護士の太田啓子さんとの対談「法律の護身術」も収録。
セクハラやパワハラに遭ったら? モラハラやDVを受けたら? 性被害に遭ってしまったら?
ネットで嫌がらせをされたら?…等、法律の知識も詰まった、
女子がサバイブするための必読書。 

 

いやー、なんか久しぶりに

「あああなんか世の中の仕組みがクリアに見えた!」と感動した。

 これが啓が蒙されたって感じなのかな。

 

誰も教えてくれなかった、もっと怒ってよかったんだなぁ。しみじみ。

 

若い頃はモヤモヤしていたのに、その気持を体の中に塗り込めて、そうして大人になるということはこういうことだと思っていた。

 

もっと、もっと、なんでもやもやするか突き詰めて考えればよかった。

そうして、我慢できずに声を上げる人たちに「大人気ないな」なんて、うまくやっている風を装わずに、声を上げてくれてありがとうと思うべきだった。

 

25年前の私に読ませたい!!

 

 

でもね、この中でアルテイシアさんも言っていた。

知らなかったことを恥じるだけではなく、自分をバージョンアップしていけばいいのだと。そして、学び続ける事、考え続けることが必要なのだと。

 

めっちゃ真面目な感じの感想になったけど、この本自体はめちゃくちゃ読みやすいことを保証する。

 

彼女のバランス感覚の優れた部分が発揮されていて、この難しい内容を笑いにくるみまくっているのだ。

 

間違っていることに気づいて!怒っていい!といことを笑いながらだけど何度も伝えてくれる。

 

 正直、自分がフェミニストだと宣言できる女性って、ほとんどいないと思うんだよね。

 

それほど、歴代の戦士たちが偉大すぎて逆に敵を作りすぎているというか、イマイチ、同性を味方につけきれていなかったのではないかしら。

 

まあ、難しい戦いであったし、今もまだ戦いの途中のヘルジャパンなんだけどね。

 

 

しかし、彼女の語り口や本のタイトルや筆名や発信の仕方、全て含めておもしろエッセイスト感を出していて、フェミニズムに対してマイナスのイメージを持ってしまっている人にも拒絶反応が少ないかなと思う。

 

しかも、面白いだけじゃなくてちゃんとリスクを取っているところがホント素敵。

「産めば仕事の幅が広がるんじゃない?」って、わたし半人前扱いされてる?【アルテイシア】(2020年8月20日)|ウーマンエキサイト(1/8)

 

 とりあえず、WEBでも一部読めるようなので、ぜひ!

ヘルジャパンの意味がわかるよ!

 

 

そんな、フェミニズムについて考えた後に、全く真逆に見えるようなこんなコミックエッセイを読んだ。

 

こちらは、努力する美女、白川さんの話しなのだけど、タイトルから受けたイメージと全然違って、すごく良かったのでこちらもおすすめ。

 

自分を高める努力を怠らない白川さんは、正直社内の女性からは

「ぶりっこ」「あざとさが鼻につく」「部長と出来てる」などなど言われ放題だ。

 

でも、白川さんは全く気にしない。

自分のために美しくある努力を怠らない彼女は、

誰かを下に落としても自分が上に登るわけではないことをよく知っている。

みんな可愛くて、みんなハッピーでいいじゃん。と思っている。

そして、セクハラに対しては断固NOと言えちゃう。

 

そうなんだよねー女の敵は女、というとまた偏見になるかもしれないけれど、

同性の目も異性の目もとにかく厳しいのが、今の社会かもしれない。

真逆に見えて、真逆じゃないのだ。

 

 

女子の自己肯定感が世界を救う! メンタル強め美女・白川さんが、ひがみ、嫌がらせやマウントなど、女性を苦しめるプチストレスをはねのける。現代の闇と戦うすべての女子に捧ぐ、最強美女の痛快コミック登場!

 

若い女の子が世の中を渡るときに押し寄せる、大なり小なりのストレスを乗り越えるためにも、ぜひ読んでほしい2冊。

 

そして、昔若い女の子だった私達は、同じ苦しみを彼女たちに味あわせることだけはやめよう。

 

みんな、このくらい我慢したんだ論法はやめようぜ、ってはなし。

 

 

 

 

 

 

「めぐみ」両親の強さに頭が下がる

 お盆休み、結構軽い気持ちでこちらのノンフィクションコミックスを読んだ。

ニュース番組でよくお目にかかる事件なのだが「カワイソウねー」くらいの薄い考えしか持っていなかったので、今回読んで良かったと思っている。

 

愛らしかった娘、明るかった姉、めぐみはいつも太陽のように横田家の中心にいた。だが、その光は突如奪われた。北朝鮮による拉致-13歳のいたいけな少女が、凶悪な国家犯罪に巻き込まれたのだ。これは、四半世紀を越える横田家の苦悶の日々と、事件を究明していく者たちを描く怒りと悲しみの記録である!

 

私は怖がりなので基本的に全世界に向けて政治的なコメントをすることはしない。

世の中にはいろんな考え方を持っている人がいるので、たいしてひと目に触れることのないこの文章でも、たまたま行きあった狂犬(とか言うな私)に噛みつかれたら嫌だというのが本音だが、もともとノンポリだというのが大きい。

 

このマンガについての感想も、あの国やあの人についてどう思うかと言うのは控えたい。

 

むしろ、横田さんご夫婦の忍耐強さと愛情の深さに心打たれた。

 

確かに、娘が行方不明になったら悲しいしその喪失感を抱え続けて生きることになるだろう。

 

でも、自分だったら20年も30年も探し続ける事ができるだろうか。

 

生活に押し流されて、神隠しなどという言葉をもちだして、仏壇に祀ってしまわないだろうか。

 

でも、横田さんたちは手を引かなかった。実名出して声を上げた。

 

当たり前のように考えていたけど、名前を出さないこともできたんだんだなと思う。

 

日本中に名前を知られる様になることで、いつも正しい行動を自らに課さなければならないし、弟たちも普通の生活が送れなくなる。

 

なにより、拉致された娘がそのせいで向こうでなにかされるんじゃないか、という思いもあったようだ。

それでも、名前を出して戦った。今も頑張ってらっしゃる。

 

お父さんは残念ながらこの間亡くなられたという知らせを聞いた。

お母さんが生きている間に、母娘の対面ができることを心から祈る。

 

上下巻で小一時間で読了できるので、ぜひ。

 

買っちゃった「栞と紙魚子」紙魚はシミだよ、古い本に棲む虫だよ。

毎日暑いですな。

盆が開ければ少しはひんやりしてくるかしらん。

 

親戚(気象予報士夫妻)より災害級の雨が降るかも。というざっくりした情報をもらったので、しばらく家にこもることになるのかな。

 

なんてのはいいわけで、夏のセールで50%ポイント還元が行われていたのでつい。

レビューも良かったのでつい。

 

栞と紙魚子シリーズ全6巻。

これで、諸星大二郎のファンだと公言しても怒られないくらいは読んだかな・・・

未だ読んでないけど。

 

 

とりあえず毎年夏はキンドルセールが暑い、もとい熱い!

他にもこちらを買い足し。

 

瓜子姫の夜

大人たちの都合で巫女となる少女。理不尽な世界に少しでも爪痕を、なんてことは考えてなくて、最期は私のやりたいようにやる。っていうのが良かったな。

出てくるアマノジャクも、残酷じゃなくていいヤツ。

そんな、都の男じゃなくてアマノジャクとこのまま森で暮らせたらいいのにおとなになるって切ないことだなぁ。

 

シンデレラの朝

今気がついたけどタイトルは対になってるのね。

シンデレラがお城づとめのOLという設定。そして、何故か靴をなくす。

靴がないなって、ああ恥ずかしい、とお城の中を探し回ってとうとう地下の遺失物保管所へ。なかなかぶっとんだ設定で笑う。

こちらは王子様とハッピーエンドの予感。

 

 

 

THE諸星グリム童話

残念ながら元ネタのトゥルーデおばさんの話を知らなかったので調べなきゃ。

いや、ものを知らぬということは楽しみを逃すというものよ。

 

 

こちらも半額!きゃー夏のセールよ、奥様!!

 

 

最期に、紙魚情報。

  1. しみ科の昆虫。衣服や書物などについているのりを食い荒らす銀白の虫。体長約九ミリ。形が魚に似ている。

 

拡大写真を見てしまいちょっと鳥肌。

小さな動く点としか思ってなかった・・・

英語ではシルバーフィッシュというらしい・・・

 

とりあえず、私が買ったのはキンドル版なので紙魚の心配ないってことで。

奥様もぜひ。セールですわよ。

 

 

 

暑い時には怪談を

 

 

1億円を強奪した男が深夜タクシーに乗り吉原に向かう途中、タクシー運転手が語りだした怪談が現実になり…虚構と現実のあわいの恐怖を描く手塚治虫「バイパスの夜」。
美内すずえ「白い影法師」は、転校した教室の空席に座った涼子は、徐々に空席の理由を知ることになり……学校の地縛霊、心霊現象の恐怖。唐の文宗の頃、長安に住む勤勉実直で豪傑な男が夜ごと怪異が起こるという廃墟で肝試しをすることに。そこで目にしたのは、ガミガミと怒る小さい自分の姿だった…諸星大二郎の幻想譚。徐々に巨大化・狂暴化するモンスターの恐怖を描いた日野日出志の「はつかねずみ」、花輪和一の「怨焔」はいわゆる「江戸怪談」を描く。味わいの違う8つの恐怖。決して古びることのない名人技を堪能できる一冊。
電子書籍には永井豪「霧の扉」は含まれていません。※電子書籍にのみ、著者のサインが収録されています(手塚治虫美内すずえ諸星大二郎内田春菊花輪和一萩尾望都 敬称略6名)

 

往年の大作家たちにホラーの詰め合わせ。

 

諸星大二郎が読みたくて買ったけど、なかなかどおして、日野日出志のやつが怖かった・・・一番トラウマかな・・・

f:id:ichieda:20210725072353j:image

 

 

そして、我らがガラスの仮面の美内先生。

正直そこまで怖くはないけど、雰囲気あるわ~

プールの着替えで一人残されたときのゾッとする感じとか、思い出す。

f:id:ichieda:20210723175601j:image

 

こちらは、お目当ての諸星大二郎の「小人怪」

いつでも口うるさく家人を注意して、尊大な男が見た白昼夢。

自分と同じ様にえばって家族に注意をし、そのくせ隣家の奥様の情事を覗いて興奮してしまう様をねずみが再現するという。

なんか、こういう昔話ありそうな。怖いというより不思議な話。

 

 

f:id:ichieda:20210723175621j:image

 

 

最期は、美しすぎる殺人を匂わせるこちら。

ポーの一族萩尾望都

f:id:ichieda:20210723175630j:image

 

これって、これに通じるよね

まあ、こちらのロザリンドちゃんはこの子より大分黒い感じだけど。

 みなさんも、復刻版で書店で見たかも。

こわいよーこわいよー。泣くよー

 

 

無邪気なこどもが・・・シリーズで一番トラウマなのはこちらのドラマ

「可愛い悪魔」。

金魚鉢のシーンが忘れられない。怖いよう・・・

 

youtu.be

 

無垢であってほしい幼子が、っていうのが一番精神時来るパターンですな。

 

なんとなく私の中では悪魔の手毬唄と同じ記憶枠に入ってたけど、調べてみたら内容が全く違った。

 

 

 

多忙の単位 16グミナゼ

f:id:ichieda:20210720133246j:image

なんだかとっても忙しいのである。

 

死ぬほど忙しいとか、目が回るほど忙しいとか、忙しさにはいろいろあるが、忙し自慢をしているのもかっこ悪いし。しかも、・・・まだ死なん・・・・死なんけれども、忙しいんじゃ!

という毎日。

もう何が言いたいかわからないけども、忙しいって人それぞれの捉え方によって違うよね。

 

正しく「私はこんだけ忙しいっ」って表現できる単位があればよくない?って考えた。

 

いぜん、痛みの単位で1ハナゲってあったの覚えている人はいるだろうか。

アレの応用である。

国際標準化機構 (ISO) によって、人間の痛みの感じ方についての統一単位「ハナゲ」(hanage) が制定され、「長さ1センチの鼻毛を鉛直方向に1ニュートンの力で引っ張り、抜いたときに感じる痛み」が「1ハナゲ」と定義された、とするものである。

もちろん、冗談だ。

 

これで行くと足の小指をぶつけたときは2.3ハナゲで、出産時の痛みは2・5~3・2メガハナゲとなる。

メガハナゲ。もうなんだかわからんけどやばい。

 

というわけど、忙しさを表す単位を家庭内で協議してみた。

 

 

その結果、一日のうちにグミ(我が家の猫)を撫でる回数を持って多忙の単位とすることが決まったのでお知らせをしておく。

 

  • 忙しさの単位は、0~最大で16グミナゼとし、数字が小さいほど忙しい。

 

  • 一日あたり8時間ねるとして残り16時間中、ネコをなぜる余裕があるかどうかで判断する。(あればイチグミナゼ)

 

  • ちなみに「グミナゼ」のために睡眠時間を削るのはご法度なのである。

 

 

ちなみに今日は、3~4グミナゼくらいだ。

(要するに様々な役員なんかを引き受ける羽目になって、心をなくしているので、アレな感じになっちゃってるわけである)

 

なので、それも私かよ!と思うときは、

 

「今日は2グミナゼなんだよねーちょっと無理かもー」

 

という感じで使っていただけると、忙しさを自慢しているわけではなく、客観的にお伝えできると思うがいかがだろうか。

 

「グミナゼ」のグミ部分には、それぞれお好きななでたいものの名前を入れるがよろしい。

 

育児中の方はお子様の名前を、推しがおる方は推しの名前を。

 

普通に心をなくさずに生きていくためには3以上のグミナゼがないといかんのだよ。

 

いや、暇か!!!

 

 

 

夏のフェアが始まったよ!本屋パトロール

暦の上では、と言うか気温も十分夏になった。あついあつい。

 

各社夏の文庫フェアが始まった模様。

今年は久々にブックカバーがつくところがあるみたい。(見かけたけど、よくわからないため調査続行中)

 角川書店

この犬も可愛いのか可愛くないのかよくわからんやつ。

f:id:ichieda:20210627063036j:image

 

 今年のフェアのキーワードは「映像化」アニメーション作家の細田守さんのシリーズの紹介とか、その他映像化されたもののピックアップが多かった。

f:id:ichieda:20210630155041p:plain

それから、恩田陸とか加藤シゲアキ気になる作家のコラム「本は世界とあなたを照らす」も充実。

 

気になるのは、「紙の本を買うと電子書籍がもらえる」っつうサービス。

おおお、いよいよ来たね!と思ったけど、対象の本が少ない、アンド、角川のBOOKWALKER内だけでしか利用出来ないのでがっかり。

 

集英社

集英社のナツイチは数年前から ネコ。今年のおまけはマグネットしおりみたい。

よまにゃちゃん、かわいい。


f:id:ichieda:20210627063031j:image

 

 

 今年は、声優さんが一部朗読してくれる!良き声で。

bunko.shueisha.co.jp

 

講談社

ちょっと講談社のフェアの冊子が見当たらないので残念。

これなのか?

この、立川流の落語家みたいな人はだれだろう・・・

 


f:id:ichieda:20210627063027j:image


 

以上、新潮社についての調査が不足している事がわかったので後ほどまたパトロールに行こうと思う。

 

いずれにせよ、夏は本を読め、若人たちよ。

わかるわかる「夜は猫といっしょ」

キュルZの「夜は猫といっしょ」をよんだ。

 

初めてねこを買い始めたフータ君の、ねこって!という驚きにまみれたコミックエッセイだ。

 

絵柄のせいかもしれないけど、キュルガ(ねこの名前)はとっても不思議な生き物臭い。

ねこ以上、ちょっとした妖怪未満というか。(失礼)

 

名前の由来はおでこの模様でQRコードリーダが立ち上がったかららしくって、笑った。

 

 

 

ちょうど、初めてのねことの生活というところが我が家とピタリとハマって

わかるわかる!の連続だった。

 

かわいいのはしってたいたけど

まさかここまでとは・・・・

 

 

という気持ち。親ばかならぬねこバカ全開だけど、本当にそんな気分。

あざとかわいいという言葉はあるけど、あざとくてもいい、

騙されてもいい。

 

f:id:ichieda:20210607124750j:plain

そう、私の写真フォルダもそんなかんじ。

 

ただ、ねこ動きが読めなさすぎて写真撮りたい!と思っても結局取りたいショットは撮れないのが悩みのタネ。

 

ふと思いついて検索してみたらやっぱりあった。

 

 

これ読んで、より可愛く取れるように精進しよう

(あれ、自分の子のときはこんな余裕なかったな・・・赤ちゃんの写真、取りまくったけど、写真のとり方を改善したいっていうような余裕なかったような・・・・)

 

before

当たり前のように椅子の足の部分に乗るところが取りたかったんだけど。

ちょっとピンぼけ

f:id:ichieda:20210607124139j:image