iCHi's diary~本は読みたし、はかどらず~

主に読書録。読み終えた本がこのまま砂のように忘却の彼方に忘れ去られるのが申し訳ないので、書き留める。要は忘れっぽい読者の読書日記。

「塙侯爵一家 」幸せになるには程々が良い

 横溝正史の「塙侯爵一家 」を読んだ。

 

塙侯爵一家 (角川文庫)

塙侯爵一家 (角川文庫)

 

 

霧深いロンドンの街の片隅で秘密裡に進められたある計画。それは、莫大な資産家塙侯爵の息子で欧州留学中の安道を、思い通りに操れる偽者とすり替える畔沢大佐の陰謀だった。日本へ戻った偽安道は見事にその役柄をこなし、ライバルの晴道を押えて侯爵の信頼を勝ち取った。だが、その頃から偽安道に変化が生じた。大佐の命令に従わず、勝手な行動をとり始めたのだ。そして、あの忌まわしい老侯爵殺害事件が起きた……。横溝正史の異色長編ほか「孔雀夫人」を収録。

 

 

陰謀につぐ陰謀。

権力への執着がたくさんの人狂わせるのか?それとも本性がむき出しになるのか?

最初は美しく、自分に惚れているように見えていた美しい女性の本性が、最後むき出しになる恐ろしさ。

 

いやあ、お金も権力もあるに越したことはないと思うけど、ありすぎるもの考え物ですな。

 

しかし、安道(主人公)の偽物を仕立てようとした最大の陰謀者、畦沢大佐自身には

安道に男ぼれしているようななので、そこまでの嫌悪感はない。

 

それにしても、この話読み返したらちょっとおかしい場所もあるような気がするけど、まあ、ノリと勢い大事だよね!

 

 

もう一つの話は孔雀夫人

そもそも、社交界で孔雀夫人とあだ名される、一般人?というのがちょっと現代の感覚では理解できん。

 

現代日本でいうと叶姉妹的な?デビィ夫人的な?感じかしらね。

でもこの人たちはタレントとしテレビに出てるけど、孔雀夫人は有名な博士の婦人なのだ。謎。

 

この社交界の中心人物孔雀夫人が博士の弟子に間違った恋情を抱き、自分のものにならぬと知るや恐ろしい復讐を企てるのだが、ほんとこんな人に惚れられたら災難としか言えんよね。博士には不興を買うは、婚約者とはうまくいかなくなりそうになるわお気の毒。

 

しかし、この孔雀夫人のやることは恋愛ではなくただの執着かと思われる。

執着はいかん。誰も幸せにしないから。

 

 

それにしても、あなたがたの恋には、ずいぶんと大きな犠牲が払われましたね。

最後の青沼ジュリアンのセリフより。

 

図らずとも2つとも「幸せ」についてちょっと考えさせる話だった。

志村後ろ後ろ!?的な?「私の家では何も起こらない」

恩田陸の「私の家では何も起こらない」を読んだ。

 

 

私の家では何も起こらない (角川文庫)

私の家では何も起こらない (角川文庫)

  • 作者:恩田 陸
  • 発売日: 2016/11/25
  • メディア: 文庫
 

小さな丘の上に建つ二階建ての古い家。幽霊屋敷に魅了された人々の記憶が奏でる不穏な物語の数々。キッチンで殺しあった姉妹、少女の傍らで自殺した殺人鬼の美少年…。そして驚愕のラスト!

 

これね、じわーっとくるやつですよ。何も起こらなくないなやん、おこるやん!

 

常々、恩田陸の頭の中って一体どうなってるんだろう、と思っていたけど、この本でもまたその感じを強くした。

 

丘の上に建つ洋館に住む「私」は結局なにものなのか?

 

かつては幽霊屋敷といわれたこともあったようですが、こんな気持ちのいい家で何か起こるわけありませんわ、オホホ。

 

って感じで語っちゃうのであるが、 その語っている人自体がだんだん生きている人間かどうか怪しくなってくる。

 

ほら、そこにいるじゃない!気づかないの??後ろ後ろ!という感じ。

 

連作短編集なので一つ一つの話は、それぞれ雰囲気が違うというかなんというか。

それこそ直接に怪異が描かれていいる話もあるのだけど、におわせ系というか、あと考えればゾットする話だったり、なんだかよくわからなかったり・・・

 

最後付記で、世の中に人が死んでいない場所などないのだから、ある意味幽霊屋敷でない屋敷はないのではないかしら。だから、人が死んだ記憶が残っている場所はそんなに珍しくないし恐れる必要もないのよ、って感じで締めようとするのですが、最後の最後でまたその語っている人物が自分が死んでいることに気づいていない死者なのでは?と感じさせて終わります。

 

読後感はよくわからんけど、乾いた怖さというか・・・

 

それにしても、短編としても成立しつつ、一冊全部読んだ後でいろいろつながっていることが分かってじわじわ来るこの感じ。やっぱり恩田陸の引き出しは多いわ。

 

 

当時のなろう系?「黄金の指紋」「真珠塔・獣人魔島」

横溝正史の「黄金の指紋」と「真珠塔 獣人魔島」をよんだ。

どちらもジュブナイル、言わゆる青少年向けの(横溝正史にしては)健全で明るい物語である。

 

 

 

「君に預けておく。これを金田一耕助という人に渡してくれ……」そう言って難破船の遭難者が死ぬ前に言付けた黒い箱。邦雄少年が中を開けて見ると、それは燦然と輝く黄金の燭台だった。思わず息をのみ慌ててしまおうとした時、彼は妙なことに気がついた。燭台の火皿に指紋が一つ焼きつけられていたのだ。邦雄は知らなかったが、これこそ一人の少女の運命を握る大切な証拠の品だったのである……。巧みな変装術と鮮やかな推理で事件の核心に迫る金田一耕助の活躍!

 

 久しぶりに金田一耕助を読んだのだけど、どちらかというと主役は邦雄少年で少年の勇敢さや機転によって、大金持ちのお嬢様を危機から救い出すという大変わかりやすいストーリー。ひねくれた大人にはちょっと、いやだいぶん物足りない。

 

しかし、このお嬢様もたいがいな目にあわされちゃうのである。スケバン刑事でお馴染みの鉄仮面などかぶせられたり、麻袋に入れて海に投げ込まれたり。

 

今でいう青い鳥文庫に入れられるギリラインを責めているあたり、さすがだよ!横溝先生!

 

 

真珠塔・獣人魔島 (角川文庫)

真珠塔・獣人魔島 (角川文庫)

 

翼から鬼火のような青白い光を放ち、夏の夜空に舞う無気味な金色のコウモリ。すると、必ずどくろの仮面をつけた怪人・金コウモリによる殺人事件が。探偵小僧の異名をとる御子柴進少年は、ある夜、この金コウモリを目撃、直後に女性の変死体を発見した。憧れの事件記者・三津木俊助の助手を務め、事件の真相解明に乗り出した進少年だが、二人の上に、恐るべき怪人・金コウモリの魔の手が……。表題作ほか一編を収録。 

 

さて、やっぱりジュブナイルだったのだがこちらは由利先生とコンビを組んでいる三津木俊介が出てくるやはりジュブナイル

御子柴進という少年が活躍するのだが、この少年が三津木俊介と組んでたくさんの難事件を解決!ってさらりと書かれているが、由利先生は残念ながら1ミリも出てこない。

しかも、真珠塔の方で出てくる金コウモリの怪人が、胸にコオモリのマークがついていたりして、完全にバットマンな気がする。

コチラも大金持ちのお嬢様を救いますよ!

 

そして、獣人魔島の方は乱歩の孤島の鬼を思い出させる展開にちょっとドキリとさせられる。

しかもさすがに簡単には終わらず何回もひっくり返るストーリー。進少年なんて、探偵小僧と呼ばれているのよ!そしてやっぱり大金餅のお嬢様を・・・以下略。

何だよ、少年はこういうの好きなのかしら?

 

ただし、ゴリラの体に人間の脳を移植して、最強の体と最高の頭脳を持つ生物を作るというどこかで聞いたような荒唐無稽(失礼)な話なので、さすがに令和の今、少年たちでも突っ込むのではなかろうか。

 

あ、でも令和でも「転生したら」っていうお話が大流行なのでいいか。

何だろう、みんなゲームみたいに人生をリセットしたいのかしらね。

おばちゃんのつぶやき。

まあ、一冊も読まずに馬鹿にしてはいけませんな。

今度は私もなろう系小説をよもう。子供の心を忘れない大人になろう!

(ってそういうのいいからとマジで娘から止められそう)

 

Gleeの人、死にすぎ!

またしても…

最初のメンバーのうち三人目?

 

https://www.google.co.jp/amp/s/www.nikkansports.com/m/entertainment/news/amp/202007100000188.html

みなさん、Gleeという海外ドラマはご存知だろうか?

 

負け犬だったオハイオ州の片田舎の高校のグリー部のメンバーが、何だかんだひっついたり離れたり喧嘩したり、イチャイチャしたりしながら、成長していく青春物語なのだが、当ヒット曲をしょっちゅう歌うのでこれで洋楽を覚えたものよ。

 

そのグリー、主人公のめちゃくちゃパワフルな女の子と、いかにもな感じのその彼氏を軸にメインメンバーが八人くらい?いて、シーズンを重ねて最後この人とこの人はひっつくだろ、みたいな図があったのだけと、死んじゃうのである。よりによって主人公の彼氏が。

 

この二人、本当に付き合っていたことも有名だったのだが、いきなりあれですよ。彼の国でよく聞くドラッグによる頓死。そう、現実に死んじゃうの。

 

その後ドラマはかなり無理やりストーリを続け、2組の同性!カップルを輩出するんだけど、そのうち女の子のカップルの一人がどうやら現在湖で行方不明になっているらしい。

 

じつは、その前にもう一人自殺しているのだ。

あまりにもがっかりな理由で。

彼は、もっていてはいけないものを持っていたことが判明して自ら命を絶った。

 

ドラマと現実は違うのは当たり前なのだが、ドラマ上のジャイアン的な性格から考えるとあまりの違和感にこれまたグリーファンは腰が抜けたに違いない。

 

持って回った言い方ばかりで申し訳ない。

名前とか全く忘れちゃってるので、こんな感じの話し方なのだよ。

 

また見直したいのだけど、残念ながら今はプライムビデオじゃないみたい。

 

新生グリー誕生

新生グリー誕生

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

はぁ。願わくば彼女が自ら命を絶ったのではないといいのだけど。

4歳の息子さんと一緒にボートに乗っていたらしいので、さぞや心残りでしょうなぁ。合掌。

 

 

 

 

京都の怪談和尚と東北の拝み屋「怪談和尚の京都怪奇譚」「拝み屋忘備録」

 最近、立て続けに実話怪談っていうのを読んでいる。

(っていうのも、kindleunlimitedでホラー系が充実しまくって、そして、一冊読むとめちゃくちゃ私にお勧めしまくってくるからだ。)

 

f:id:ichieda:20200708131649p:plain

おすすめされる本ども

ちなみに、私がkindleunlimitedのページを開くとまあ、こんな感じでおすすめされるわけである。

もう、購入履歴と閲覧履歴に私の嗜好がくっきり出すぎててマジで怖いのである。

死ぬときはアカウントをクリアしなくては。

 

さて、ご覧の通りめちゃくちゃ充実している怪談ジャンルから最近私が面白かったものを2シリーズ。

 

まずは、京都で怪談説法をされている和尚さん。

 

続・怪談和尚の京都怪奇譚 (文春文庫)

続・怪談和尚の京都怪奇譚 (文春文庫)

 

 

 

怪談和尚の京都怪奇譚 (文春文庫)

怪談和尚の京都怪奇譚 (文春文庫)

  • 作者:三木 大雲
  • 発売日: 2011/07/08
  • メディア: 文庫
 

 

 怪談で説法っていうのが面白くって読んでみた。

めちゃくちゃ怖くて、っていうのではない。どちらかというと

「ね、ご縁ってたいせつでしょう?」という感じ。

 

しかし、続~に掲載されていた呪いのプレゼントを贈る男の話がほんとゾッとしたのでおすすめ。

 

人を呪わば穴二つというけれども、という形でこの話を説法としてを行っていた三木和尚だが、なんとその話を聞いていた「呪いをかけた男」があえて和尚に近づいてくるの!

 

その、腐った性根にぞぞぞ~なるとこ間違いなし。

呪いも怖いけど、いまいち本当にあることかどうか信じられない部分あるでしょ?

けれど、こういう腐った人格の人間がいるっていうのは信じられるだけに怖い。

 

結局、常套句「生きている人間が一番怖い」っていうことになるのかな。

 

 

 さて、こちらもおすすめの怪談ストーリーテラーの宮城の拝み屋、郷内心瞳。

 

 

拝み屋備忘録 怪談首なし御殿 (竹書房文庫)
 

  

拝み屋備忘録 怪談双子宿 (竹書房文庫)

拝み屋備忘録 怪談双子宿 (竹書房文庫)

 

 

このシリーズはとてもたくさん出ていて、何なら映像化もコミカライズもされているようなのだが、怪談和尚とは違うところはあまり宗教色がないところ。

どっちかというとゴーストバスターズ、な感じ。

世の中にはこんなに病院でなく拝み屋さんに行く人がいるんだ、という時点でちょっとびっくり。

 

 

ここでも、世の中には癖の悪いやつがおるんやなあ。という話が多い。

(やっぱり生きてるやつの方が怖い)

 

 こちらがコミカライズされたもの。ムムム、おもしろそう。

どうやら「壊れた母様の家」っていうのが一番有名みたい。

 

 そしてこちらが映像化されたもの。

 

怪奇蒐集者 郷内心瞳

怪奇蒐集者 郷内心瞳

  • メディア: Prime Video
 

 

  それにしても怪談、怖い話っていうのは一定のファンがいるもんなのだな。

(私もだけど)

しかし、私は心霊スポット巡りだけはしないと思う。

だってこの話がめちゃこわだったんだもん。

ichieda.hatenablog.com

 

これも、心霊スポットに自ら言ってヒドイ目に合う話。ガクブル・・・

ichieda.hatenablog.com

 

そろそろ熱くなってきたし、そろそろぞっとしたい方におすすめ!
(怪談は最近は通年エンタメだけど)

本屋パトロール 各社夏のフェアが始まったよ!

週末、みんな大好きイオンモール内の未来屋書店に行ってきた。

毎年楽しみにしている、夏の文庫本フェア~が始まっているみたい。

ただし、ただ新潮社はまだ並べられておらず(わが地域では)出遅れているぞ!

 

f:id:ichieda:20200701123053j:image

 

角川書店のカドフェス。

f:id:ichieda:20200701123057j:image

 

ことしは、文スト(文豪ストレイドッグス)とコラボ。

なんと、現役作家の3人がキャラクター化。

かっこいい!

 

f:id:ichieda:20200701123309j:image

角川文庫の冊子は、ことさら少しひねって流行りのナゾトキ。なかなか手強いというか解くのに時間と根性がいる問題。

ノベルティは抽選で〜という事で、少し残念。

f:id:ichieda:20200702221339j:image

 

カドフェス2020小冊子 (角川文庫)

カドフェス2020小冊子 (角川文庫)

 

 



一方集英社文庫は、「ナツイチ」ってことでこんなラインナップ。

こちらは、一冊買えば必ずもらえるブックバンドが今年の付録。

f:id:ichieda:20200701123102j:image

 

面白いのは、通常の冊子プラス、何を読んでいいかわからない若者向けの「コミック版冊子」があること。

 

新人君が仕事がうまくいく方法を本好き先輩に聞くという話。

そこそこ面白いので、ぜひ。最後の落ちも良かった。

f:id:ichieda:20200701123034j:image

 



こちらがノベルティのブックバンド。

f:id:ichieda:20200701123109j:image

 

 

f:id:ichieda:20200702221127j:image

これ買って緑色をゲット。

本の方はまだまだ未読…

追想五断章 (集英社文庫)

追想五断章 (集英社文庫)

 

夏は各社力を入れてて本屋に行くの楽しいなぁ。

若者よ短い夏休みになりそうだけど本を読め!

 

それにしてもフェア小冊子、毎年もらうのが楽しみなんだけどAmazonでも無料で配布してるんだなー。

知らなかった!

 

「ほしとんで」青春と自意識

まさかの俳句で青春マンガ 本田の「ほしとんで」を読んだ。

ちなみにガイコツ書店員さんで有名な「本田」は著者名(もう少し何とかならんのか)

基本的に敬称略の私のブログでは、本田の、とか書くとなぜかドギマギする。

おさまりが悪いというか、むしろごめん。

 

[まとめ買い] ほしとんで
 

 

個性際立つ人が多い芸術学部――その中でも尾崎流星(18)が入ったのは、
強烈な生徒ばかりの「俳句ゼミ」で!? 
切れ字って? 季語って? 淡々とした性格の流星と濃ゆ~い俳句ゼミメンバー俳句は果たして上達するのか。
『ガイコツ書店員 本田さん』の本田が描く、本格<俳句>青春グラフィティ!!

 

本格俳句の青春グラフティ?などと敬遠せず、

1巻は現在kindleunlimitedで無料なので読んでみてほしい。

 

主人公の「あまりにも物に動じない」流星もいいんだけど、いわゆる文学部、中でも大不人気の俳句ゼミに入った仲間たちがみんないいの。

 

特に、春信君とか半分くらい何言ってるかわからない感じなんだけども、とっても新鮮。

 

何かを創造することを選んだ若者たちは、自分作品を人に見せるという、いわば自分をさらけ出す作業を、それぞれの自意識と闘いながら乗り越えていく。

 

そのもがきっぷりがすごくユーモラスに描かれている。

わかるわかるとうなずきながら読んじゃうあなたはきっとこちら側だ。

 

キラキラ青空の元汗を流さなくっても、万人に一つ一つの「それぞれの青春」があることをうかがわせてくれる、貴重な物語。

いや、実際には夏の鎌倉に吟行に行ったりして青空の下で汗を流しているわけだけど。

 

いままでほとんど興味がなかった「俳句」というものに興味がわく。

かなりわかりやすく俳句の初歩の初歩を教えてくれるので、自分でも俳句を読んでみたくなる作品。

 

とりあえず、季語一覧が載っている「歳時記が欲しい!」と思えてくる一冊。

 

 

 

ひゃー検索したら一口に歳時記といってもいろんな種類があるんだなー

 

合本俳句歳時記 第五版 (角川学芸出版単行本)
 

 これは本屋でチラ見。季節ごとに分かれていたのできっと一年分まとまっているということだと思われる。

 

おたのしみ歳時記

おたのしみ歳時記

  • 作者:杉浦 さやか
  • 発売日: 2019/11/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 かわいい・・・

 

オールカラー よくわかる俳句歳時記

オールカラー よくわかる俳句歳時記

  • 発売日: 2010/09/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 写真がキレイで見てて飽きなさそう

 

簡単に「ちょっとだけ知らない世界」に踏み出すチャンスをくれる本。おすすめ!