iCHi's diary~本は読みたし、はかどらず~

主に読書録。読み終えた本がこのまま砂のように忘却の彼方に忘れ去られるのが申し訳ないので、書き留める。要は忘れっぽい読者の読書日記。

あまりに怖い未来予想「動物農場」

傑作の誉れの高いジョージ・オーウェルの「動物農場」を読んだ。

 

ジョージオーウェルと言えば、ほら、あの「1984」を書いた人ですよ。

 

 

動物農場 (角川文庫)

動物農場 (角川文庫)

 

 

超怖かった…

共産主義の興りから支配者の誕生、そして堕落までをかなり皮肉を効かせて描いている。

 

…ありそう。

この雰囲気って抑圧された今の状況に近いものがあるかも。

 

いま、正しい理想を抱えた英雄が、みんなで日本を支配している奴らを追い出そう、って言えばついて行く人は多いと思う。

 

ただ、正しい理想はじわじわと権力者の都合の良いように書き換えられていくのである。

 

最初は必要が生んだ指導者だったのだが、徐々に力で抑えつける支配者に変わって行く。

 

民衆は、それでも前よりはマシだ。我々は自由だ、選んでこの状況を勝ち取ったのだ!と思い込んでいる。

 

でも、実際は他の農場の動物達よりすこぶる過酷な労働条件で働かされているのだ。

 

あんまりにも怖さが表現出来なかったので、ちょっと調べてみた。

 

これってソ連共産主義、腐敗した権力豚のナポレオンは、スターリンのことを風刺しているらしい。

 

そして、作者自身を投影したインテリロバは、最初から冷静に事の成り行きを見守る。

 

空腹と、辛苦と、失望、これが、いつも変わらぬこの世の定めなのだ、と彼はいうのだった。

 

どこか諦めているというか…これも悲しいけど、今のところ真実だったりする。

 

これって、すでに起こった革命をベースに描いているけど、今の時代に読んでもかなり起こりそうな未来な気がしてならない。

 

革命に成功した動物達の平等にという理想はある意味とても魅力的だし、何も間違っていない。

 

この高い理想が現実のものとなれば今の資本主義の我々の方がよほど惨めなものだ。

 

あらゆることは自己責任で切り捨てられるのだから。

ただ、このユートピアはよほど高潔な人物ばかりじゃないと無理だったし、

高潔な人ばかりの共和国ができたとしても、周りの国からすぐに侵略されると思う。

難しいなぁ。

 

革命成功直後の動物達の様子は幸せそうだったよ。

 

お伽話風に描いてはいるが、恐ろしい話だった。Kindle Unlimitedで読めるよ。

 

なんとジブリでアニメ化されている。

映画『動物農場』公式サイト

ジブリのほのぼの感を瞬殺する内容!

 

 

さらに、石ノ森章太郎が漫画化している!

f:id:ichieda:20210508085305j:image

 

表紙が可愛い。でも、こればっからは本の方が読みやすいかも。文庫版なので文字の多さが辛い。



 

 

さて、この本を読み終わったらこちらもオススメ。

 

一九八四年〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)

一九八四年〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)

 

 

わたしは、実は漫画で読破。てへ。

 

1984年 (まんがで読破 MD100)

1984年 (まんがで読破 MD100)

 

 

私はこの本でディストピアという言葉を知った。

 

せっかくなので、私が似てるなーと思うこちらもご紹介。

 

青空文庫で読める、日本のSFの祖、海野十三の十八時の音楽浴

 

十八時の音楽浴

十八時の音楽浴

 

 

これ、まさしく監視社会下の恋愛?でよく似てると思う。

海野十三青空文庫でいっぱい読めるのでオススメ。

 

そして、今回書きながら気が付いたんだけど村上春樹1Q84って、この1984のことだったんじゃん!!

今頃気がつく私…

 

これ、読んだけどイマイチピンとこないというか、感想がまとめ切らない。

 

 

 

Kindle unlimitedで読めるコミックエッセイ3冊(不登校)

うちの子(2号)が学校に行かなくなってからはや半年(!)

 

高校1年の後半から不登校が始まり、色々ありまして(片付け方雑だが振り返ってみると懐かし・・・くないな。まだ当事者なんで)辛くも進級したけれど、すでに出席日数がやばい。

 

とりあえず私の思うところは置いといて、この半年で読んたコミックエッセイをいくつかご紹介。

 

 

 

娘が学校に行きません (コミックエッセイ)
 

いまやクラスに数名は不登校児がいる時代。明日はうちの子の番かも・・・?全国の迷えるお母さんたち、学校に行けない罪悪感の中日々をすごしている子ども達に、読んで、知って、笑って、少しでもラクになってほしい。つまづきから、少しずつ力を得て立ち上がり、やがて学校に通えるようになった娘と、焦り、戸惑いつつも一緒に歩んだ母との198日間の日々を描いた実録コミックエッセイです。 

 

レビューでは結局不登校収まっているので、成功を自慢されているように感じる、となんとも了見の狭いコメントがありましたが、私は結構良かった。

参考になったと言うより、プロに任せる!と決めるまでの母の気持ちの揺れが、まさにドンピシャでぐっと来た。

 

娘さんは小学校5年生の一時期に保健室登校が続いたそうで、その間に理解ある担任や小学校の先生、小児科の先生とまさに「恵まれた」ように見える。

 

が、そもそも学校に行かないという選択肢がない親たちのほうが多いなか、なんで行けないの・・・と苦しいのはたとえどんだけ周りの理解が合っても同じ。

 

結局、親は見守るしかできないのか・・・ぐぬぬ、と思う作品だった。

 

私の接し方が間違っていたから娘の不登校が長引いたのでは、とくやむ母親に校長先生が「どんな道のりを通っても大丈夫」といって励ますのが胸に響く。

 

親も間違う。でも、ベストを尽くそうとしているんだ!ブレるけど。

そんなときにプロの手助けはほんと大事。そんなことを改めて確認した一冊。

 

 

中学3年間の不登校に続いて高校でもいじめにあい不登校になってしまった娘。 逆境を乗り越える家族の物語――! 低空飛行でもだんだん成長していく高校3年間を描く波瀾万丈の子育て終盤戦コミックエッセイ。 

 

この前に、「中学なんていらない。不登校の娘が高校に合格するまで」

という一冊もある。

 

中高、不登校をなんとかコントロールしながら「学びたい」と大学進学を決めるまでの話。

彼女の娘さんは結局「なんとかかんとか高校を卒業する」のだが、平坦な道のりではなかったものの、まさに戦い終わった歴戦の勇者が振り返る感じで、羨ましい反面恐ろしい。

 

いや、小学校中学校は義務教育だから、待ってれば卒業できるんだけども高校になると単位とか出席日数が足りないと卒業できない。

 

うちの子が行っている学校は進学校でもなしとりあえず出席すれば卒業はできる。

そりゃ勉強したほうがいいけど、とりあえずテストに出ればなんとか、位のことまで言ってもらってやっとこさ2年生になれたのに、あの苦しみを少なくとも後2回やるのかと思うと、トホホだわ・・・

 

そして、私は「もうやめていいよ」と言ってしまうのである。

そして娘は「やめたいわけじゃない」(けど学校にはいけない)と。

ああ、この大いなる矛盾!そんなことが通じるか~

と怒ってしまう日も合ったりしたけど、ああやっぱり、娘にもっと寄り添わないとと反省したり、なんでこんなにめんどくさい事になったんだとうんざりしたり、その他諸々の気持ちが、ピンゲームのように目まぐるしくゆききしている。

 

ああ、後半から私の個人的なぐちになってしまった。

 

 

中学2年生になる娘が、ある日突然朝になると「おなかが痛い」と布団の中から出てこず、学校にいかなくなってしまった。原因は学校なのか、家庭環境なのか、友達によるいじめなのか、それとも娘自身なのか……? 学校への相談、フリースクール通い、私立中学への転入など漫画家の母が、娘のために奔走した日々を描くコミックエッセイ。

 

こちらの娘さんは中2から謎の学校行けないが始まり、結局フリースクール、私立への編入、またフリースクールへと戻り、その後専門学校へ入学するまでの話が綴られている。

 

この人、ホント決断早いなと思う。フリースクールへの編入や私立へ転校等機動力が高いというか、もう公立は頼らない・・・と決めたときの背景が、まさに戦場の中に一人という感じですごい。

 

いやね~分かる。

 

行けないのであれば行けるところを用意してあげる、という決断がなかなか出来ないのはやはり愛情だけではなく先立つものが必要だから。

 

うちは現在私立高校なのだが、親としては行きたくないならやめるなり休学していいのにそれは嫌って・・・毎月結構かかってるんだしそれだったら、少し休んでもいいやん、一年高校卒業が遅くなっても別に1年長生きすればいいだけなんだし、と思うのだが、辞めたくない、と言われるのがつらい。

たぶん、正直授業料というファクターがなければ私もここまでやきもきしないのかなと思う。

今後、きっと進級出来ず通信制高卒認定が取れる学校に転校し、それから大学?専門学校?ってなるときのために早めに進路修正したほうがいいと思うのはそれは親竹らしい。

今の私のステイタスは、食べるのに困るほど生活が貧窮しているわけじゃないからもう少し様子を見る・・・だ。

 

なんの解決にもなってないのかもしれない。

 

一応スクールカウンセラーと精神科にも通っている。

スクールカウンセラー先生は話を聞いてくれるけどなにせ予約が全く取れない。

精神科の先生はなんか検査して、薬出してくれるけど・・・・

薬は効いてる?しか聞いてくれない・・・

別の病院探すべき?ああもう、正解がわからんという、状況なのである。

 

でも、まあ、ご飯は食べるし、漫画読んで笑っているししょうがないか。

母親ができることは少ない。

 

それにしてもどのお母さんも、気持ちが揺れまくって、

一回は一番言っちゃいけない言葉「なんで行かないの!甘えんな!いいかげんにしろ!」と言ってて安心しました。(ええ、私も言いましたとも)

 

一番激しかったのは、小林家。死ねの殺せの包丁持ち出しちゃってた。

私も流石に包丁までは持ち出してはいませぬが、気持ちは近いものがあるぞ!

 

というわけで、はからずも3冊とも現在進行中ではなく過去の不登校を振り返った形で(つまり、結局不登校をなんとか卒業)どんなことがあっても結局、時間が解決していっているのが希望でもあった。

 

あーしかし、世の中にはそのまま引きこもりという案件もあるからな・・・

そういう家庭は当事者すぎてコミックエッセイになっていないのであろう。

 

先程アマゾンで不登校で検索したらものすごい数の本がヒットして結構びっくりした。

 

これ全部読めば娘の不登校が収まるのかなぁ・・・

 

 

 

遺品

若竹七海の遺品を読んだ。

 

遺品 (角川ホラー文庫)

遺品 (角川ホラー文庫)

 

タイトルも表紙も怖い。

 

学芸員の仕事がなくなり、彼氏とも別れ、家族ともうまくいかないというどん底期に、たまたま紹介された仕事がとある女優のコレクションの整理。

 

このコレクションが大変な代物で、彼女のパトロンだった男によるらそれこそ使い終わったわりばしとか、もうそりゃ言葉にしたくないものまで一切合財入っているのだ。

 

ここがこの本の1番のゾワゾワポイント。

 

結局、コレクションについた怨念が、という段になるとちょっと興醒めな感じかした。

 

ミステリーじゃなくて、ホラーだからしょうがないとはいえ最後の終わり方が少々残念。

 

ここはスパッと変態パトロンと、殺された女優という構図をスパッと暴いて、8歳年下のたける君とカップル誕生、仕事も私生活も絶好調っ、て感じになるわけないか…

 

がんばる女性には幸せになってほしかったけど。

 

Kindle Unlimitedで読めるので、ゴールデンウィーク読むものない方、せび。

金沢への旅行気分も少しだけ味わえます。

 

 

「白痴」焼き鳥たべれなくなるやん・・・

坂口安吾の「白痴」を読んだ。

 

体験した者にしか書けないであろうリアル空襲の描写にガクブルだった・・・

 

主人公伊沢は映画の演出家で「表現者である俺」を自負しているのだが、一方で月給の心配をしている。

そんな自分がイヤで仕方がない。いっそ、戦争がすべて焼き尽くせば良いと思っているのだ。

そんな、自暴自棄と保身の綱渡りをしている彼の部屋に、いきなり隣家の嫁が逃げ込んでくる。

 

彼女は白痴で(これ、今の使っていい言葉で言うとなんなのかしら?)とても美しく品が良いのだが、少々足りない。

 

最初は、姑のヒステリーから逃れてきたのだろうと思い、匿ってやるつもりだったが彼女は実は彼が自分を愛してくれると思って彼の部屋にやってきたのだった。

 

その日から、彼は白痴の女を部屋に隠して何食わぬ顔で生活を始める。

しかし彼女を愛しているとかではなさそうで、まるで家具が一つ増えたくらいかそれ以下などと平然とうそぶくのだ。

 

そのくせ、彼女が部屋にいることを知られるの極端に恐れ、空襲のときも誰にも見られないように最後まで居残る。

 

その空襲の最中の描写が本当に怖かった・・・人間も焼き鳥のようなものだと。

極限状態であるはずなのに伊沢は冷静に燃えさかる街を表現する。

 

それでも、彼は女と生きるために必死で走る。走りながら、

 

 

 

f:id:ichieda:20210412175335j:image

なんて、とっても素敵なセリフを吐くのだ。

 

今までほとんど意思表示のなかった彼女がごくんと頷いたことに彼は激しく感動する。

 

しかし、命からがら逃げ延びて休んでいる最中に彼女が寝ている様子を見て

「まるで豚のようないびき」だと思い、それでも「彼女を捨てることすら面倒くさい」と思うのだった。

 

どうしてそんなにひねくれたか伊沢。と思わんでもない。

 

きっと二人は生き延びて長生きして平和な時代になっても二人で暮らしていると思う。というか、そうであってほしい。

 

戦争は怖い。そんなシンプルな小学生のような感想で申し訳ないが、この本を読んでほんとにそれが一番に来た。

極限を知った人たちに対して、私達の敬意は足りていないんじゃないかと反省した。

 

 青空文庫で小一時間で読めるので、ぜひ。

白痴

白痴

 

昭和初期に活躍した「無頼派」の代表的作家である坂口安吾の小説。初出は「新潮」[1946(昭和21)年]。映画会社に務める伊沢は、豚と家鴨が同居する珍妙な下宿に住んでいる。そのとなりに住む白痴の女が突如部屋に現れたことから、彼の生活が変った。戦時下の異様な時間間隔と、立ち上る身体性をセンセーショナルに描き、文壇だけでなく終戦直後に多くの人から注目を集めた。 

 

 

ちなみに、「白痴」で有名なのはもう一つドストエフスキーの「白痴」だが、

なんかの本でバーテンダーが白痴を読んでいて主人公が「ドストエフスキーの白痴」だと思って話しかけたら「坂口安吾のほうの白痴だ」といわれるシーンが有って、やたらかっこよかったんだけど、なんの本だったか?

 

ハードボイルドだったような・・・原寮だったか、伊坂幸太郎だったか。

ああ、脳がかゆい!!

 

でも、確かこのバーテンダーは「白痴」を何回も読み直しているって言ってた。

何度も読むほど好きな本を持っているのって少し憧れる。

 

白痴1 (光文社古典新訳文庫)

白痴1 (光文社古典新訳文庫)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桜終わっちゃったけど「桜の森の満開の下」

坂口安吾の「桜の森の満開の下」を読んだ。

 

桜の森の満開の下

桜の森の満開の下

 

昭和初期に活躍した「無頼派」の代表的作家である坂口安吾の小説。初出は「肉体」[1947(昭和22)年]。通る人々が皆「気が変になる」鈴鹿峠の桜の森。その秘密を探ろうとする荒ぶる山賊は、ある日美しい女と出会い無理やり妻とする。しかし、それが恐ろしくも哀しい顛末の始まりだった。奥野建男から「生涯に数少なくしか創造し得ぬ作品の一つ」と激賞された、安吾の代表的小説作品。

前回、桜の樹の下には死体が埋まってるを読んだあと、なんかもやもやしていたのだが、多分2冊の本の記憶がごっちゃになっていたからだ。

 

  

ichieda.hatenablog.com

 

 

いや、坂口安吾さんは美しい女性には恨みでもあるんかいな。

小説の舞台はおそらく室町時代とかのあたり。

満開の桜は不思議な魔力を持つとされ恐れられていた時代の話しだ。

 

無茶苦茶な山賊がある日一人の美しい女性を強奪してくるのだが、それが恐ろしい女だったという話。

女はその男にたくさんの人々の首を持ってこさせ、その首で人形ごっこして遊ぶのだ。

そこら辺の描写がグロテスクすぎてうへぇとなりがちだが、とにかくひどい。

 

最後、結局男は女が鬼だと気付き桜の木の下で絞め殺してしまうのだが、絞め殺した死体は鬼ではなくやはり女だったのだ。

 

女が鬼だったのか、それとも桜が鬼に見せていたのだろうか。

何かを考えることをいつも途中であきらめてしまう男は、これからどうなっちゃうのだろうか。

十分悪逆非道なことをしてきたのだからしょうがないんだけど、知らなかったことを知ってしまったがゆえに男は不幸になったのだろう。

 

桜にまつわる2冊の本だが、梶井基次郎の桜は透明感のある怖さ。

坂口安吾の方は血なまぐさい、こってりした怖さがある。

何にせよ桜は怖いのである。

花の下で宴会をするようになったのは江戸時代かららしい。

 

 

ギムレットにはまだ早い「ロンググッバイ」

レイモンドチャンドラーの、というかレイモンドチャンドラーが憑依した村上春樹の「ロング・グッドバイ」を読んだ。

 

私立探偵のフィリップ・マーロウは、億万長者の娘シルヴィアの夫テリー・レノックスと知り合う。あり余る富に囲まれていながら、男はどこか暗い蔭を宿していた。何度か会って杯を重ねるうち、互いに友情を覚えはじめた二人。しかし、やがてレノックスは妻殺しの容疑をかけられ自殺を遂げてしまう。が、その裏には悲しくも奥深い真相が隠されていた……村上春樹の新訳で話題を呼んだ新時代の『長いお別れ』が文庫版で登場

邦題「長いお別れ」も大概の人のハートをわしづかみにしてきたはずだが、あの村上春樹の新訳が出ていると知って読んでみた。

 

ハードボイルドの金字塔と言われ、多くの名台詞があることでも有名だが中でも

ギムレットにはまだ早い」

は超有名かもしれない。

出典を知らなくてもこのセリフは知っている人も多いのでは。

 

さて、このセリフどういう意味か私は完全に間違った解釈をしており、今日読み終わって軽く衝撃を受けているのだ。

10代後半に読んだはずなんだけども、ちっとも覚えていないのでもしかしたら「ハードボイルドを読む自分」へのあこがれが強すぎる記憶の捏造?・・・

というくらい誤解していた。

 

まじで

ギムレット(はアルコール濃度が高いので、一敗目には)まだ早い」

だと思っていた。

かけつけ3杯とか言われて育った時代なので、「まずはビールでしょ」みたいな?

 

びっくりするぐらい全然違った。もっとずっと奥深くかっこいいセリフであった。

 

f:id:ichieda:20210404213434p:plain

ちなみに春樹訳では「早すぎるね」になっている。

どちらにしろ、主人公の私立探偵フィリップマーロウのセリフではなく、友人の別れ際のセリフになる。

おっと、これ以上言うとネタバレになっちゃうぜ。

 

とにかく、このフィリップマーロウときたら、かっこよすぎて一回も崩れないのだ。

これって、今の時代の「ハードボイルドのテンプレ」みたいになっちゃって、

真似するとかっこ悪くしかならないので、誰も真似ができない作品だと思う。

 

かといって、硬くて面白みのない男と思ったら大間違い。

シニカルな観察眼や、独特の言い回し。おちょくってんのかもしれない話し方・・・

 

村上春樹訳がくせが強すぎて読んでると、自分がマーロウみたいなしゃべり方(をしようとしてるだけだけど)になってしまうのだ。

つまり、かなり中毒性が高い。

 

何にせよ読み終わったら、ギムレットを飲んでみたくなること請け合いなのである。

 

もちろん私はギムレットについてもリサーチした。

tanoshiiosake.jp

 

マーロウの友人レノックスのギムレットについてのうんちくが面白い。

今のレシピとはだいぶん違うようで、その通り作ると結構甘くなるのでは?

という人もおられた。現在のギムレットジンベースの結構辛口のカクテル。

 

私?私ももちろんギムレットを、と言いたいところだがやっぱりビールを飲んでしまいましたとさ。

(最近ではキリンの金色の期間限定のビールが華やかな感じがしておいしかった。)

 

ちなみに映像化もされているみたいでいろいろヒットしたけどAmazonにはなかった?謎。ちなみに、この長いお別れNHKで日本版もドラマ化されているっ報。

 

1回 色男死す

1回 色男死す

  • メディア: Prime Video
 

 

マーロウ役を浅野忠信、レノックス役は綾野剛らしい。なかなかな感じ。

面白そう。

 

 

 

桜の樹の下には

満開の桜を見てふとどんな話だったかと思い梶井基次郎の「桜の樹の下には」を読んだ。

 f:id:ichieda:20210325205543j:plain

桜の樹の下には

桜の樹の下には

 

 

タイトルは超有名だし、なんなら桜の樹の下には死体が埋まっている、とワンセットでオチまで知っていたが、読んだことはなかった。

透明な水晶のような文章だった。

そして、とても短い小説だった。

 

何故俺がこんなにも美しい満開の桜が恐ろしく感じるのか、それは桜の樹一本一本の下に死体が埋まっているからだ。

 

死体のエキスを吸いあげて妖しく咲き誇る桜のイメージ。

かみそりを見つめてしまう危うい感じの若者たち。

嗚呼、お耽美です哉。

 

しかし、私のイメージは若い女性の死体だとばかり思っていましたが、以外にもいろいろな動物の死体と書いてあった。

 

こんな美しい文章を書く梶井基次郎とはどんな人だろう・・・・

 

で、こんな人なのだ。

ja.wikipedia.org

 

うーん、ギャップ。(失礼か)

 

で、連想からこの本の事を思い出した。

 

おそらくだが、この本もこの名作のオマージュだと思う。

一巻?は読んだつもりだったけど記憶違いだったかもしれない。

 

この時期の我々の国はふわっとピンク色で気分が上がると思っていたけど、その根元に一体ずつ死体が抱え込まれているかと思うと、ぞわぞわしてくる。

 

すごくアッという間に読めてしまうので、ぜひ満開の桜の下でご一読を。