iCHi's diary~本は読みたし、はかどらず~

主に読書録。読み終えた本がこのまま砂のように忘却の彼方に忘れ去られるのが申し訳ないので、書き留める。要は忘れっぽい読者の読書日記。

最後にピースがハマる時の恐怖「怖ガラセ屋サン」

澤村伊智の「怖ガラセ屋サン」を読んだ。

 

誰かを怖がらせてほしい。戦慄させ、息の根を止めてほしい。そんな願いを考えてくれる不思議な存在――。「怖ガラセ屋サン」が、あの手この手で、恐怖をナメた者たちを闇に引きずりこむ!

怪談は作りものだと笑う人、不安や恐怖に付け込む人、いじめを隠す子供、自分には恐ろしいことは起こらないと思い込んでいる人……。
こんなヤツらに、一瞬の恐怖なんて生ぬるい!
気づいたときは、あとの祭り。
“怖がらなかったこと"を、後悔させてあげる――。
一話ごとに「まさか! 」の戦慄が走る、連作短編集。

澤村伊智といえば「ぼぎわんが来る」をかいた今絶好調のホラー作家だ。

 

ぼぎわんシリーズは、優秀なホラーなんだけどちょっとダジャレ落ちみたいなところがあって、しかもどんどんキャクターだよりになっていっているなーと思うのだが

(むしろ映画の方がホラーとして秀逸だと思う。)

 

今作は筆者が創作した「都市伝説」怖ガラセ屋サンを巡る、連作集。

 

「怪談なんて幼稚なものに熱中するなんて。生きている人間のほうがよほど怖い」と思っている人、いませんか?

 

恐怖するという感情を手玉にとる、いわば妖怪のような「怖ガラセ屋サン」。

おばけや幽霊とは違い、ちゃんと話もできるし足もある。人間のようでもあり、それにしては得体が知れなさすぎる存在。

まさに、都市伝説の口裂け女(40年以上前に本当に流行った)

 

いまでもあの公園にマジで出るらしい。

誰々ちゃんのお兄ちゃんが会ったらしい。

と本気で信じたことを思い出す。

 

怪談のように「しょうがないよね、霊だもん」みたいな?あの世とこの世が同じルールで動かないのはある意味納得できる。

 

でも、「怖ガラセ屋サン」は、この世のものなのにルールが通じない、というより「ルールがわからない」

 

なぜ、そんな事をするのか?というより、どうしてそんなことができるのか?

 

 

怖ガラセ屋サンは、「必殺仕事人」のごとく復讐を請け負う。

彼女の武器は、ひたすらに語り。

 

怖がらせる事で復習をするのだ。

(そんなの怖くないとおもう?結構必殺よ?)

 

特に一番最後の「見知らぬ人の」がめっちゃじわじわっと怖い。

 

記憶をどうにかするってのは本当に嫌すぎる!

こんなん、精神崩壊するわー

 

怖いのはお向かいのあの女ではなく自分の・・・

おっと、これ以上は言えませんや。

ぜひ、ドッカンとひっくり返されてぞ~としてくださいな。

 

怪談、ホラーとして読むからミステリーとして読むか?

どちらにしろ満足感が得られる作品。

 

 

 

 

 

いやーこれ、

主演は岡田准一だけど、むしろ妻夫木くんがマジ怖い。黒木華ちゃんもとてもよい。

ちょっと原作と変わっちゃってるけど、こっちのほうが好きかもってくらいよ。

脇役陣がすごい。

 

 

 

なんだか楽しくなっちゃうよー「ヒッキーヒッキーシェイク」

津原泰水の「ヒッキーヒッキーシェイク」を読んだ。

ヒキコモリ支援センター代表のカウンセラー竺原丈吉(JJ)は、いつも度の入ったサングラスを掛けて場当たり的に喋る、実に胡散臭い男だった。あるとき彼はネットを介して顧客たちを連携させ、アゲハ・プロジェクトを始動する。「人間創りに参加してほしい。“不気味の谷”を越えたい」。当惑するヒッキーたちの疑心は、“Jellyfish”を名乗る謎の暗鬼を生み、やがて計画は世間を騒がす事件へと発展していく…。JJの目的は、金か、カウンセリングか、たんなるヒマ漬しか?そして、ジェリーフィッシュの正体とは―。

 

この作者、以前新聞の連載小説で読みきれなかったため苦手意識を持っていたのだが、いやー読んでよかった!やっぱり食わず嫌いは良くない。

 

主人公(?)竺原丈吉(じくはらじょうきち)ことJJ は、引きこもり支援センターのカウンセラー。

だが、彼らのことを「ヒッキー」とよび、無理やり外に出すことはしない。

それどころが、「僕の飯の種がなくなるからいつまでも引きこもってていいんじゃない?」なーんてうそぶく。

 

おかげで、とうの引きこもりたちの信頼はとても厚い。嘘くさくないのだ。

 

JJがこんな感じのカウンセラーを続けている理由は何か、と言うのがミソの物語なのだが、語り口が軽妙で結構深刻な話だけれどサラサラと読める。

 

途中何度もヒッキーたちはそれぞれ、JJのことを疑う。信用していいのか、わるいのか?

 

JJの思惑にそっているのか沿っていないのかわからないが、ヒッキーたちはちゃんと自立をしていくのである。

 

作中のヒッキー達のニックネームがそれぞれ、パセリ、ローズマリー、セージ、タイムなんだけど、有名な曲、ほら、あの、あのーーー

って脳が痒くなったのでググりました。

サイモン&ガーファンクルの曲。

中学時代に音楽の授業でやったので歌える。

 

 

正しく、鼻歌歌いながら読めちゃうような(とはいえ軽薄ではない)楽しい気分がいただける作品。

 

才能のある子程社会になじめない、そんなあるあるを見事に逆手に取った、胸のすく読後感。

やったね、JJ!

夏といえばSF。マイ・ベスト5

今週のお題「SFといえば」だが、私的にはなぜか夏といえばSF。

怪談ぐらいではひんやりしない酷暑の日本。「夏SFで現実逃避」を提案したい。

 

毎年夏には色んな人にオススメのSFを聞いて回ってるのだが、読んで見るんだけどイマイチ分かんなかったぞ。というのが多い。

 

ひとえに趣味の相違なのだが、少ない時間でどれを読むかは慎重に選びたい。

 

というわけでマイ・ベストSFを選んで、逆にだれかオススメしてくれないか気長に待つ戦法を考えた。

 

 

 

マイベストSF

三体

 

 

ものすごく重量級で「面白いとは聞くが手が出せない」で有名なこの本。

感想やら考察やらいろんな方が行っているので詳しく語る必要はなさそうだが、やっぱり面白かった。

 

未来の地球ではコールドスリープが当たり前になっていて、あらゆるところにディスプレイが表示され、いちいち情報を表示してくるとか。

 

遠からぬ将来そんな感じになりそう。便利だけど発狂しそうだわ。

 

よくわからない物理用語はすっ飛ばしても大丈夫。むしろ、自分の脳が広がるくらい壮大なスケール感をただただ楽しんで大丈夫なこの本。

 

全5冊と読むの大変なのでオーディブルの読書がオススメ。月額1500円の読み放題に入ってるのだ。ちょっと、値段設定がおかしくない?一冊あたりの金額より安いなんて。

https://amzn.to/3zKqSfy

ミノタウルスの皿

宇宙で遭難し、たどり着いのは動物たちが人間を家畜としている星だった。

幸い、自分は宇宙からの客人ということで対等に扱ってもらえるが、親切にしてくれたカワイコちゃんがお祭りの日のごちそうに選ばれてしまう。

逃げるように勧めても、彼女は「このお祭りの日にみんなに食べられることは名誉ですわ」「そのために生きてきた」などと言って全く逃げる素振りもない。

結局、彼女が食べられるのをとめられなかった・・・という話。

 

最近、家畜にも感情があることがわかったという話を読んだが、いろいろ目をそらしがちな命をいただく、という行為をわかりやすくチクリとする話。

 

また、絵が可愛いだけにぐっとくるものが有るのです。

大人になって藤子不二雄にハマるきっかけになった一冊

 

宇宙船サジタリウス

 

youtu.be

80年代のアニメ。ああああ懐かしすぎる!

宇宙の便利屋として働く4人組がなんで俺たちがこんな目に、とぼやきながらもひりかかる火の粉を払い除けながら旅していくお話。

当時にしても決してかっこいいヒーローではないが、一本筋が通っているのよ。

 

設定が宇宙なだけで、これがSFだ!というと多分違う。

でもこれが好きだ!

オープニングもエンディングもすごくいい歌で、未だに口ずさんじゃうよ。

ぜひ歌だけでも聞いてほしい。

ちょっと、プラテネスに通じる物がある。

実は前半のダメダメな主人公の部分がすごく好き。

私、あんまりしゃきっとしない人が好きなのかな?

プラテネスもアニメ化されており人気の作品でオススメ。

 

 

火星の人

 

 

オデッセイというタイトルで映画化されたのでご存の方も多いと思う。

事故で火星に一人取り残されてしまった乗組員の一人マーク。

みんなマークが生きているとは思っていなかったのにも関わらず、生きていた。

マークは残された資材を工夫に工夫を重ねて火星で一人でみんなの迎えを待つことになった。

とはいえ火星。すぐに迎えに行来たくてももう一度宇宙船から準備をする必要があるのだ。

 

マークはその間一人で火星の荒野でじゃがいも畑をつくったりして自給自足で生き延びるのだ。

宇宙でスケールのでかいDIY!もろツボ。

 

 

 

彼方のアストラ

 

 

もはや、SFミステリーと言うジャンルになっているらしい。

犯人はこの愉快なメンバーの中にいる!

絵が可愛いし、主人公もヒロインの女の子もバカっぽくてとても可愛い。

最終的に散りばめられた伏線を回収しきってニコニコ笑顔で終わる青少年に正しいマンガだ。

 

設定としては11人いる、だなぁと思いつつ全く雰囲気が違う。

 

 

 

まとめ

 

一応上から「思い出した順」なので、おすすめ順だ。

 

ベスト5と銘打ったが、星新一のどれか、筒井康隆のどれか、作者箱推しは入れていないのでまだまだ自分でもまとまっていない気もする。

 

しかしこうやって書いてみると自分の好みがわかってきた。

 

ディストピアとか宇宙人攻めてくる的な話よりも人間臭いドラマが好きなのか。

 

必ずオススメで上がってくる「1984」とか「虐殺器官」「電気羊は~」とか全然響かなかったもんなー

そして、あんまり科学技術感がないやつが好きらしい。

 

しかし読んでいない名作も多いので、こんな私におすすめのSFがあったら教えてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑すぎてネコが伸びる

f:id:ichieda:20220730080307j:image
f:id:ichieda:20220730080311j:image

空の青さに

ネコが落っこち

セミがうわん

 

オケチなわたしも朝からクーラー

昨日の夢はシルバー人材センターから草抜きを受託

君は朝が早いから

登録してないし、

朝も早くない

 

あ、わたし昨日見たアニメの影響受けて

韻を踏もうとがんばってる。

 

めちゃくちゃ難しいな!

ラップバトル。

 

 

現代に転生した諸葛孔明が活躍!

天才軍師は1人の女の子をビッグな歌姫にできるのか!?

 

これは、三国志読んでたらもっと楽しいのでは。

 

 


読んだけどこのくらいしか覚えてない。

関羽が好きだー

張飛もいいなー

意外と劉備がっかりー

 

 

 

 

老人は今ここを生きる「老後とピアノ」

稲垣えみ子の「老後とピアノ」を読んだ。

 

朝日新聞を退職し、50歳を過ぎて始めたのは、ピアノ。人生後半戦、ずっとやりたくても、できなかったことをやってみる。他人の評価はどうでもいい。エゴを捨て、自分を信じ、「いま」を楽しむことの幸せを、ピアノは教えてくれた。老後を朗らかに生きていくエッセイ集。

 

気になっていたこの作者、なんとなーく「アフロ」で「元新聞記者」ということだけは知っていた。(ピアノ弾いているイラストの頭も丸い)

 

というか、アフロだけで「元新聞記者」とか「早期退職」とか他のキーワードはどうでも良くなるインパクトがある。

 

そして、元朝日新聞社の記者は今は何?ということも今回のエッセイで初めて知った。

コラムニスト?エッセイスト?ライター?小説家ではなさそう。

ここらへんって、わかりにくい。

 

と読み始めたら、ちょっとびっくりするくらいくだけた文章だった。

新聞記事とまでは行かないまでも、なんとなく想定してた範囲から大きくハズレたちょっと「はすっぱ」と言ってもよい程の自由さ。

 

「んなこた、わかとっるっつーの!」みたいな感じである。

 

・・・好きかも。

 

この魂のこもった叫びをはなつ同年輩の女性は少女期に、中流階級の証である「娘のピアノレッスン」を受けていた。

私も私も~

私は小学生の頃から「ピアノ、いらない」と訴え続けていたのだ。

あの頃は語彙が足らず、親たちの「娘にピアノを習わせる幸せな家庭」演出のためにこの金額は絶対無駄!なぜなら、才能云々の前に、全くやる気がないから!同じお金使うなら、家族で旅行行ったほうが絶対いい!と説得できなかった。

 

すまん、ながい。

 

とにかく、習いたくないと公言した習い事を6年間続けさせられ、毎日のように練習を迫られ「六年習って何も弾けないなんて」と言われた恨みは忘れられん。

 

こうして、一生ピアノなんか見るのもいや私が出来上がったのだが、この本を読んで少しだけ心が動いた。ピアノ、たのしそうじゃん。

 

アフロさんも、全く同じような少女時代を過ごしたらしい。

(すくなくとも私よりはピアノに好意的みたいだが)

レッスンが嫌で嫌でしょうがない少女期。

 

しかし、50を迎えてもう一度ピアノに挑戦し始めたのだ。

 

なぜ、ピアノなのか?それは、本書を読んでほしい。

たぶん、彼女にとってはピアノがあの頃やり残した宿題だったからで、別にピアノでなくったっていいのである。

 

要は、いわゆるこの歳になって新たにはじめることが大事。

 

老化が進歩を追い抜きそうになる時、バタバタと、歯を食いしばって立ち向かう姿が潔い。

 

そう、これはピアノレッスン体験記、などというぬるいものではない。

これから「シルバー」と呼ばれてしまう私達が、いかにして「それでも希望を持って生きていくか?」を考えた本なのだ。

 

若いものは遠くを目指している。でも私達にもう遠くは存在しない。

だから、遠くではなく今ここを完璧にしたい。

こ、これはマインドフルネスではないか。

 

検索してみたら気になる本が沢山あった。

 

 

帯の、池上彰のコメント「とても朝日の記者だったとは思えません」がおもしろい。

 

色々書いたけど、アフロ最強。いつからでも新しいことを始めたくなる本。

さて、私は何をはじめようかな~

 

 

 

 

 

 

 

 

エモいミステリー「捜査線上の夕映え」を読んだ

毎日毎日、暑い!特にマスクがあつい!

 

すっかりマスクが日常になった今日このごろ、数年前に書かれた小説ですら「コロナの前だな~」と違和感を覚えることも多くなったのでは?

 

いや、近い近い!とか、食事中にそんなに叫んだらあかん、とか。

 

そんな違和感に答えた、ウィズコロナミステリー?

有栖川有栖の「捜査線上の夕映え」を読んだ。

 

「臨床犯罪学者 火村英生シリーズ」誕生から30年! 最新長編は、圧倒的にエモーショナルな本格ミステリ

一見ありふれた殺人事件のはずだった。火村の登場で、この物語は「ファンタジー」となる。

大阪の場末のマンションの一室で、男が鈍器で殴り殺された。金銭の貸し借りや異性関係のトラブルで、容疑者が浮上するも……。

「俺が名探偵の役目を果たせるかどうか、今回は怪しい」
火村を追い詰めた、不気味なジョーカーの存在とは――。

コロナ禍を生きる火村と推理作家アリスが、ある場所で直面した夕景は、佳き日の終わりか、明日への希望か

 

 

作中では全く歳を取らないサザエさん方式のアリスが、マスクをするのを忘れて部屋をでようとして「忘れているよと声をかけてくれる同居人もなく」とひとりごちる。

独身アピール!

 

30年間ずっと歳をとらずに若いままだしね。

 

順調に歳を重ねて、もうすぐ退官の火村教授とそこそこの大御所作家になったアリスの組み合わせだと、今のような話は書きにくいから、サザエさん方式で正解かも。

(まあそれはそれで見てみたい気がするので誰か同人小説にしていそう・・・)

 

そして、

相変わらず「ちょっと行き過ぎてるんじゃない?」と思うほどの仲良さ。

この、少しだけ香るBLっぽさがたまらん。

 

いやまてよ、この本がデビューした30年前、BLという概念がない時代、私たちはこのちょっと甘美な関係性をなんと表現していたんだろうか?

思い出せない。(作風ももっと本格ミステリーだったような気も)

そんな濁った眼で見てなかっただけか。

 

さて、もっと本格ミステリーだった、なんてあたかも本作がミステリとして如何なものか的な書き方をしてしまったが、今回は「ちょっとご都合主義っぽいなぁ」という感想。

 

小さな伏線は面白いんだけど、肝心の謎は思ったよ即物的というか、それはありなのかーーーー!

さすがのこの部分はネタバレすぎるので言えないけど、

それができたらあらゆる密室の5割くらい密室じゃなくならんか?3割かな?

 

流石に、犯人は超能力者だったのだ!とまではひどくないけど結構ギリギリセーフな気がする。

 

なんて、トリックはちょっと気に入らなかったのが、それ以外がとにかくエモく(使ってみたい単語、意味はよくわかっていない)て良かった。

 

特に瀬戸内の小島ので登場人物たちの過去をたどるあたり。

 

それから、本筋とは関係ないけど「異世界転生モノ」に対するアリスの見解がすごく的を得ていておもわず笑っちゃった。

 

・・・転生しても、転生したことに驚くことはなくストーリーが進むのがセオリー。

なるほどーーー(目からウロコ)

私がいつも違和感を持つのは、転生したんだよね?なんでそんなすんなり受け入れる??というところだったんだけど、様式美、セオリーだと割り切ればよかったのか。

 

他にも聞き込み中に

刑事「テレワーク中、失礼いたします」

住民A「え、僕がテレワークとかなんでわかるんですか?流石刑事さんやなー」

・・・・・・

刑事が去ったあと住民Aが「あー俺、下パジャのママだったよ!」と叫ぶ声が室内から聞こえてきた。

 

という小ネタ。まさしくウィズコロナミステリーの名にふさわしい。

 

さて、全然話は変わるけど転生モノ、一体全体なんでこんなに人気があるのかが知りたくて、(でも読むのは正直面倒で)キンドルで無料で読めるマンガだけはポチポチ読んでいる。

 

最近よんで面白かったのは、これ。

 

モブ顔という言葉、お母さんは嫌いですよ!

 

 

 

あの島耕作も転生するんや!(作者よく許したな)

調べたら、転生したら島耕作だった、という話もあるらしい。ニヤニヤが止まらん。

・・・・いきなりヤングエグゼグティブに転生して、どんだけ社会が大変か大変か知ってほしい。でも手に持ってるのはスライムか?ストーリーの想像が全くつかん!

 

 

水木しげる的ザ一般人が転生。わかる。・・・普通転生したらすぐ帰りたい。

 

最後に、ちょっとおもしろかったこれ。「異世界おじさん」

魔法の力を身につけるも、今のところしょうもないことにしか使っていなくて、そんなもんかもと思わせる生々しさ。

 

異世界は奥が深い・・・

 

 

 

 

横溝正史の金田一「ではない」シリーズが読める!

いつのまにか、KindleUnlimitedに横溝正史の作品が追加されていた。

 

 

張り切ってダウンロードするも、いまいちノリきれず読み終わるまですごく時間がかかった。

 

髑髏検校はなんと天草四郎が死後吸血鬼となって美しい容姿で若い娘どもの生き血をすすり、自分の眷属を増やしていくのであった。

 

なんともや、おどろおどろしさだけで正直エンタメにしてもあんまりやろという感じである。見世物小屋感?

 

残念なのは、全然救いが無いところ。

美しく不幸な陽炎姫が危機一髪を乗り越えて恋人と一緒になれる、とおもうじゃないですか?

しかし、吸血鬼に血をすわれて、自分も吸血鬼になっておしまいですよ。

あれ?これで終わり?

誰が主人公で誰に肩入れをすればよいのかもよくわからん!

 

とは言え、好きだ!横溝先生!最後に愛を叫んでおけばなんとかなると思っている。

 

 

今までも読み放題の作品が少しずつ入れ替わったようだが、お役者文七捕物暦は初めててじゃないかな?

 

 

赤々と血で描かれた猫の絵の下で乳房を抉られた女…なにゆえか恍惚の眼差しで絶命した女…雪だるまに埋められた湯文字ひとつの女たち…江戸八百八町に続発する奇々怪々な事件に、名探偵文七が疾る。巨星横溝正史の未刊行三作、ついに出版!

 

 

 

 

 

いや、これもそれも「読もう読もうと思ってまだ読まない。」(吾輩は猫)

 

しかし「陰獣」なんて江戸川乱歩っぽいなー

 

 

いやしかし、江戸川乱歩は真性の変態だから同じタイトルじゃ負けるんじゃないかな。

我らが横溝先生は良く言えばもうちょい上品だから、このエログロに太刀打ちできるとは思えないわ。

 

実は、最近Audibule の読書の楽さにマジかまけて文字を読むなんてもう無理かも。というくらいグーたれているのである。

しかし、愛する横溝先生の未読作品がこんなに沢山でているのであれば、頑張って字も読まなきゃ。

 

とかなんとか言って7月(あと何時間か後)には入れ替わっていたら申し訳ない。