iCHi's diary~本は読みたし、はかどらず~

主に読書録。読み終えた本がこのまま砂のように忘却の彼方に忘れ去られるのが申し訳ないので、書き留める。要は忘れっぽい読者の読書日記。

「扉の影の女」金田一耕助の日常生活?

 金田一耕助「女」シリーズのうち一冊。

受け売り。女シリーズなんて言葉は初めて聞いたが。

ほかには「女怪」「支那扇の女」「夜歩く女」とかが含まれる。(んじゃないかと思う。知らんけど)

 

 

扉の影の女 「金田一耕助」シリーズ (角川文庫)

扉の影の女 「金田一耕助」シリーズ (角川文庫)

 

 築地の橋下で、若い女の変死体が発見された! 被害者は鋭い帽子の留め針で首筋を一突きにされ、そばには謎めいた手紙の切れはしが……。金田一耕助の事務所を訪れた依頼人の女性は、この事件の目撃者だった。だが、その供述によると、犯行現場は西銀座にある人けのない路地だという。俄然、闘志を燃やした金田一は事件解決に乗り出していった。金田一耕助の日常生活を浮き彫りにした異色作。ほかに「鏡が浦の殺人」を収録。

 

血の涙を流してるじゃないの~かわいそうに。そりゃ、泣きたくもなるわよね!

 

それにしても金田一耕助の日常生活を浮き彫りにした・・・とは?

読んでる最中はなんも気が付かなかったが、そう言われると読み返したくなる。

 

もぎゅもぎゅ(お菓子を食べながらしばし読み返す)

 

・・・・ここか??

 

彼の朝食はいたって素朴なものである。

たっぷりバターを塗ったトーストがふたきれに、牛乳が一本、ほかに罐詰もののアスパラガス、ウインナー・ソーセージ。

中略 今日はリンゴをかじることで間に合わせた

えーー、超優雅じゃない?朝からこんなにちゃんと食べるなんて。独り者にしては(ごめんて)充実してるし、アメリカ帰りなだけあって洋食。

それにしても罐詰のアスパラガスとは?・・・・あ、あった。

 

 ね、朝からこんなものまでオープンして何が素朴か。

 

時代なのかな、結構優雅に見えるんだよねー。アスパラの罐詰はたいしておいしそうではないけど。

今だったら若い独り身の人でここまできちんと取りそろえる人っているのかな。

 

 

は!まったく本題からそれてしまっていた。

扉の影の女は、悲しい偶然がいくつも重なり起こってしまった悲劇というか、なんというか。

偶然も重なったし、みんながちょっとした保身のためについた嘘が見事にかけあって

いもしない恐ろしい殺人鬼が誕生してしまうという。よくよく考えたらすごい話だな。

でも、最後は一組の若い夫婦が誕生するのでほっこり。

 

 

もう一つの短編は「鏡ケ浦の殺人」

 

こちらも盛大に何人か死んじゃうんだけども、やはり一組の若くはない夫婦が誕生します。

読唇術と速記が出てくる。ネタバレすれすれだけど言っちゃうよ、読唇術を使うことでボートに乗っている人の話している剣呑な会話を聞いてしまったことから事件が始まります。

 

なるほどねー

 

それから、殺害方法がエラリークイーンの「Xの悲劇」に似ている。

 

とは言えたまたま同時並行で読んでいたから気づけたけど、なんかマニアっぽいコメントでしょ?言いたかっただけなんですんません。

 

さて、どんな殺人方法か知りたくなった方はぜひ!

くどいようですが今ならKindleunlimitedで読めます。

キャンペーンぽいので、ゴリゴリ横溝正史を読み進める所存です。

 

 

アレクサのradikoエリア判定の間違いを正す!(エラそう)

こ、こんな簡単なことだったのか、と脱力した話。

 

我が家は第1世代のエコーと最近もう一台買い足したエコーショーの2台のアレクサちゃんと同居中。

 

値段が結構乱高下しているイメージ。みなさま、ゆめゆめ定価でお買い上げ召されるな。

(ちなみに2020年1月23日現在、2台で1台分の値段だそうですわ。なんだよ、私が買った時より安くなってるじゃん)

Amazon.co.jp: 2台まとめ買いがお得: Amazonデバイス・アクセサリ

 

2台もいるかな?と思ったけど、高齢の母が「2階のお父さんを起こすのがめんどいから携帯で電話を掛けた」という話をしていたので戸建ての方は結構便利かも。

 

我が家の使い方は だいたいは音楽かけたりラジオ聞いたり、ゆるいおつきあいなのだが、困ったことが一つ。

 

なぜかradiko(※)のエリア判定で山口県と判定される!!

私は福岡県在住なのだ。

 

※ご存じの方の方が多いともうが、スマホやパソコンでラジオが聞けるアプリ。

アレクサにも対応していて、(アレクサではスキルと呼ばれている)

 

何度もラジコにエリア判定をお願いするも、1年半ほどまったく無視されていて、

いい加減あきらめていたのだが、本日ふとアレクサのスキルをいったん無効にして、再度有効にしてみたら普通に福岡県判定をしてもらえた・・・・

 

その間20秒くらいで解決かよ!!!一年半何回もエリア判定依頼をしたのに!

 

えーっと、パソコンの調子が悪いときはとりあえず再起動、みたいな法則だったか・・・

(会社でパソコンの調子が悪いとシステム担当が先ず言うやつ「再起動してみてください」してますがな。それでも動かんのじゃ)

こんなに簡単に治せるのに、ネット上ではこんな複雑な解決方法しか載っていないのだった。

faq.radiko.jp

 

 

それにしてもAIスピーカー結構設定が手ごわい。(わたしだけ?)

なんかとりあえず電源入れたら何とかなるんじゃないかという甘えた思考を受け入れてくれない。

テレビをつけてほしいだけなのに設定に3時間かかったしな。

 

いい人の半分しか幸せになれない「迷路の花嫁」

横溝正史の迷路の花嫁を読んだ。

迷路の花嫁 「金田一耕助」シリーズ (角川文庫)

迷路の花嫁 「金田一耕助」シリーズ (角川文庫)

 

かけ出しの小説家松原浩三は、ふとしたことからとてつもない恐ろしい事件に巻き込まれていった。暗い夜の町を散策していた彼は、偶然行き会った若い女の異常な様子に不審を抱き、後を追いかけた。だが、通りがかりの警官と共に、女が消えた路地へ踏み込んだ彼は戦慄した! 軒灯にヤモリが這うクモの巣だらけの無気味な家、そして縁側からまっ赤な猫の足跡が続き、血の海と化した座敷には、無数の切り傷から鮮血をしたたらす全裸の女の死体が……。横溝正史の傑作長編推理小説

 

今回、金田一耕助はあまり出番がない。

なんでもわかってるよーという顔して、ストーリーを回す係で、

 むしろ、小説家の松原浩三が主人公。

最後はあっと驚く終わり方で、読み応えたっぷりだったのだがなんか違和感。

良くも悪くもいつもの金田一シリーズと一線を画す昼ドラっぽさ。

 

で考えてみたのだが、タイトルと内容がマッチしてない気がする〜〜

あんまり「迷路」も「花嫁」も関係なくね?

 

私だったら、そうだなーインチキ宗教家とその美しき霊媒や信者たちにちなんで、

「業火の秘密」これじゃコナンの映画からパクってるな。

 

「罪深き手袋」とか「猫が導く」とかはどうだろうか。うん、たいしたことないね。

 

うーん難しい。迷路の花嫁でいいや。

 

千代吉さんという傷病軍人が出てくるのだが、この人も最初と最後ではちょっとキャラが変わってるような気がするし・・・

 

でも、他の方のレビューで犯人が導入からわかって残念、と書いてあったが、おっとどっこい、私は最後ギリまでわからず楽しめた。

 

今回の話は本物の「ヒトデナシ」定冠詞を付けてザ・ヒトデナシと呼んでもよい人物(インチキ宗教家ね)が出てくるのだが、勧善懲悪的なストーリーにはならず、

あーいい人たちが次々とー…とちょと残念な感じである。

 

ストーリーを通して肉親から捨てられた不幸な少女が、幸せな若妻、そして母親へなっていくのが救いだ。

 

  

迷路の花嫁<名探偵・金田一耕助シリーズ> [VHS]

迷路の花嫁<名探偵・金田一耕助シリーズ> [VHS]

  • 発売日: 1995/04/28
  • メディア: VHS
 

 やはりドラマ化しておりますな。DVDは出てないみたいだけど。古谷一行主演。

 

kindleunlimitedで読めるので(2020.01現在)ぜひ!

気が付けば終わっていたkindleUnlimited一か月生活

先月、うっかり定価で申し込んでしまった本の読み放題サービス「KindleUnlimited」

kinndleunlimited で一ヶ月チャレンジはじめました - iCHi's diary~本は読みたし、はかどらず~

朝、さて続きを読むかと開くとホリエモンの顔がバーンと出てきて、あなたもkindleunlimitedに加入しましょう、的なアナウンス。

(今、unlimitedのイチオシの書籍はホリエモンの多動力などのビジネスベストセラーらしい。これね↓この顔・・・)

 

 

 ????わたしゃこないだから、とっぷり加入しておるぞ。

 

てっきりAmazonさんの勘違いだと思い込み、とりあえずエンターを押す。

 

(ああ、この「とりあえずエンター」でどれほどの痛い目にあったか思い出せ。)

しかし!!今回よく読まなかったけどなんか正解だった!

 

先ほどまで使っていた私にも分け隔てなく親切!
今度は3カ月249円でまんまと、ホーダイに再加入したのであります。

 

 

f:id:ichieda:20200108130107p:plain

f:id:ichieda:20200108130130p:plain

わーい!!どんだけ親切やねん。

 

ところで、今回多分定額でも更新したと思う。なぜなら角川書店横溝正史が鬼充実しているからで、定価でポチポチしていた私にとっては願ってもないホーダイ環境なのだ。

 

 

 

 

 

ちなみに一か月で読んだ本は以下の通り。数えたら30冊。よく読んだなと思う。

というか、よく探した。なんでこんなに探しにくいんじゃと毒づきながら。

 

何冊か、ダウンロードしたけど読了できなかったのものあったのでそれは省き、面倒なのでおススメしたいもののみ商品リンクを貼ってみた

 

 

日本の小説・エッセイは2冊

 

金田一耕助ファイル9 女王蜂 (角川文庫)

ichieda.hatenablog.com

 

蚊がいる (角川文庫)

蚊がいる (角川文庫)

  • 作者:穂村 弘
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/02/25
  • メディア: 文庫
 

 脱力?妄想?面白系エッセイ。

ベッドで菓子パンを食べる穂村さんのエピソードが出てきます。

なんとなく、元祖草食系男子、って感じ!

 

 

 

 

大好き、マンガは16冊

 

 

これ、私的にはすごくツボ!
例の眼鏡の少年探偵から陰陽師探偵とか心霊探偵とか、まあとにかくにやりと笑ってしまうようなパロディ。ストーリは完全にギャグマンガなんだけど、これはあの探偵のこと?と思いながら読むのが正解。

 

ミスマープル(なの?)ぽいのとか、京極夏彦っぽいのとかまで出てきてなかなか玄人好みよ。

 

 

 

 

アトンの娘 1巻

アトンの娘 1巻

  • 作者:里中 満智子
  • 出版社/メーカー: 里中プロダクション
  • 発売日: 2015/12/07
  • メディア: Kindle
 

この髪型・・・前衛的だが超古代。エジプトツタンカーメン王の話。

幼くして大人にならねばならなかった少女の話。大人になるとカツラを被るらしくて通常はつるっぱげである。

そんで、愛しあったりするもんでちょっといけないものを見てしまった気がするマンガでもある。 2巻までよんだが3巻に手が出ない。

 


野宮警部補は許さない 1巻

芥川龍之介 凶萬画

ドグラ・マグラ萬画版  

萩原朔太郎 猫町萬画

あの極限の文学作品を美麗漫画で読む。

霊感保険調査員 神鳥谷サキ 漆黒の墓標 霊感保険調査員 神鳥谷サキ (あなたが体験した怖い話)

椎名くんの鳥獣百科 1・2巻 

カッキーン! 1 (少女宣言)
極楽町一丁目(1)
ガンカンジャ 1 空は高くいい天気なのに
名探偵キドリ(1)

 

海外ミステリの名作を読もうキャンペーン 4冊

海外ミステリの名作を読もう、と思ったんだけど数冊しか読めなかった。

 

グリーン家殺人事件

グリーン家殺人事件

 

 こちら、感想文は書けなかったけどなかなか面白かった。

というかやっぱり登場人物の名前を覚えるのに難渋してしまう。

覚えたころにはだいぶん(殺害により)人数も減って終盤・・・

グリーン家の中で殺し合いすぎてもはや犯人になりうる人物が残っていない・・・

そして、この落ちは横溝正史でも何回か読んだぞ!

 

ichieda.hatenablog.com


ミス・マープルのご意見は? 1・2

ichieda.hatenablog.com

 

ichieda.hatenablog.com

 

クトゥルフってなんだ?ラブクラフトってなんだ? 4冊

 

クトゥルフの呼び声 (ZOC Pictures)

クトゥルフの呼び声 (ZOC Pictures)

 

 邪神伝説 クトゥルフの呼び声 (クラシックCOMIC)
クトゥルフの呼び声 (ZOC Pictures)
ZONE OF CTHULHU (ゾーン・オブ・クトゥルフ) Vol.4
ZONE OF CTHULHU (ゾーン・オブ・クトゥルフ) Vol.1

 

ラブクラフトという作家についてなんか急に興味がわいてきて、ちょっと読みあさったのだが、正直しんどいというかよくわからない、なかなか読者を選ぶ内容。

私が高校生くらいだったらはまったであろうテイストだ。

「人類共通の悪夢」はちょっと引かれるものがある。

 

それにしてもマンガ化するにあたって相当自由にやってるいるようで、日本の地名で日本の氏名の作品とか出てくる(すごく読みやすくて面白かったが)

 

これについては、ゆっくり読み進めたいと思う。

 

いわゆる実用書と言われるもの 4冊

ichieda.hatenablog.com

 

はじめてのやせ筋トレ

はじめてのやせ筋トレ

 

 インスタでばずったらしい。金スマとかでも取り上げられた話題書。

筋肉ならどこでもいいわけじゃなくて、痩せて見せるための女子向けの筋トレブック。

この、女子向けっていうのがポイントなんだろと思う。

----

 

楽々スープジャーレシピ (楽LIFEシリーズ)

楽々スープジャーレシピ (楽LIFEシリーズ)

  • 作者:後藤麻衣子
  • 出版社/メーカー: 笠倉出版社
  • 発売日: 2017/07/28
  • メディア: Kindle
 

 

何気に食生活に貢献していただいた。スープジャー。快適で節約にもなるなー

寒い時期の弁当はあったかいとうれしい。

ってことで、こちらのスープジャーを書い足し。

 

サーモス 真空断熱スープジャー 300ml レッド JBU-300 R

サーモス 真空断熱スープジャー 300ml レッド JBU-300 R

  • 発売日: 2018/08/21
  • メディア: ホーム&キッチン
 

 スープジャーだけではなくつけ麺とか、ごはんとか入れて娘に好評をいただいている。

母いい仕事した。

----
ダ・ヴィンチ 2020年1月号 [雑誌]
ダ・ヴィンチ編集部 (author)

 

ああ、よく私書いたな。30冊分。

とにかく、1か月分の元が取れたことを証明したかった(自分のために)ので満足。

あ、皆さんもいかがですか?なんか、3か月249円みたいですよ。

 

 

マンガ死ぬこと以外かすり傷を読んですごいと思うところ

マンガ死ぬこと以外かすり傷を読んだ。

 

マンガ 死ぬこと以外かすり傷 (NewsPicks Comic)

マンガ 死ぬこと以外かすり傷 (NewsPicks Comic)

 

 

私あまり詳しくないのだが、それでもしっているので、すごい人なんだろう。

 

この本を読むまでは、いわゆるインフルエンサーと言われる人ということも知らなかった。

 

ただタイトルがイカしてるなと。

 

死ななければオールオッケーな感じ、ちょっと羨ましい。真似したくてもこの生き方は出来んけど。

 

マンガ版なので(しかも、文書部分飛ばし読み、つまり純粋にマンガのみ読んだ)エッセンスだけなんだろうけど、こんな人会社入ってきたらやりにく、いや刺激をうけるだろーなー

 

大口を叩くけど、そのかわりやりたいことにフルスイングしている。憑依してるレベルで取り組んでいる様子は誰でもできることではない。

f:id:ichieda:20200118175721j:image

 

 

簡単にまとめられているけど、出る杭は叩き潰すネット界ではさぞやのご苦労もあったろうな。

 

通勤時間がもったいないからと月収の2/3の都心に引っ越しちゃうとことかほんとハラドキ。

 

人ごとだからなるほどいいね、って感じたが実際に同じ舟に乗り合わせた妻や子供はなかなかスリリングだろう。

 

 

この、箕輪厚介という人ホリエモンの多動力や、メモの魔力など、ベストセラー連発の天才編集者ということらしい。

 

マンガの最後、なんかつまんなくなったっておもむろに成田空港に向かっちゃってますけどー

 

自由すぎるので夫としてはゼロ点と思われるが、夫じゃなければすごい、いやすんんんごい人だ。

 

嫁、頑張って!

 

 

今日は、まったりブックカフェで読書。

上記含め3冊読めてとても満足。

 

f:id:ichieda:20200118180130j:image

 

 

 

 

さ、もち麦、キャベツ、こんぶ、ワカメ買って帰ろう!



 

 

本屋パトロール「金進堂えきまち1丁目店」

福岡市東区香椎駅、駅ビルにある本屋「金進堂えきまち1丁目店」へ行ってきた。

 

BOOK INN 金進堂|福岡市に4店舗を展開する昭和12年創業の老舗書店

 

私の初アルバイト先である。とはいえ四半世紀前のことゆえ店舗は移動しているし店員さんに知った顔などもちろんいない。

当時は大丈夫かしらというくらいのザル会計と家族経営で、働くものとしてはぬるま湯のような良い本屋であった。

 

晩御飯代が出るのだが、レジから500円玉を出してくれる。日曜日に行くとたまに今日は旅に出たくなった店長が、一万(休業補償と家族への口止め料と思われる)を握らせてくれ、今日は休みと言ってくれる。

 

で、こんな本屋がこの香椎駅前地区唯一の生き残りの本屋になってしまった。
・・・フレキシブルな経営方針ゆえか?

 

当時は5、6件本屋があったんだけどねー

 

懐かしい。まあ、私もたいがいAmazon様でキンドル本利用しちゃってるんで本屋つぶれる問題に関しては言い訳のしようもない。

 

 

そんなに大きな店ではないが、学生がものすごく多い駅なので、漫画ラノベが多目。

プチプラコスメや、雑貨なんかも取り扱っている。

おもしろかった棚はこちら。

f:id:ichieda:20200117185609j:image

ドアを開けるまでどんな本かわからないようになっております。

た、楽しい。

ほんとは全てのドアを開けてみたかったのだが

あまりにも時間がかかるので断念。

 

f:id:ichieda:20200117121002j:image
f:id:ichieda:20200117121022j:image

 

どうやらこのフェアらしい。

講談社×ほんをうえる 読書の秋に"本への扉"を開いてみませんか?「ブックドア文庫」フェア開催 | ニュースリリース | 株式会社トーハン

 

 

 

 

こちらはハヤカワの初歩から始めるミステリ講座

 

「一緒に学ぼう! 初歩から始めるミステリ講座」フェア始まりました(前半)|Hayakawa Books & Magazines(β)

こんなチラシをもらって来ました。
f:id:ichieda:20200117121006j:image
f:id:ichieda:20200117121009j:imagef:id:ichieda:20200117120919j:image

f:id:ichieda:20200117141634j:image

解錠師、気になるなー

 

解錠師 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

解錠師 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 

 

あと、キスキス

 

キス・キス (ハヤカワ・ミステリ文庫)

キス・キス (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 

 

最後は、うさお君の漫画。

こちらは地元出身の小学校の先生。

実はうちの子の学校の先生だったみたい。

 

癒し系のほんわかマンガ、オススメー

f:id:ichieda:20200117212806j:image

爆笑エッセイが読みたいなら~ハズレなしエッセイスト6選

エッセイは好きですか?


私はミステリーが大好きだけど、面白エッセイ、とくに抱腹絶倒な奴が大好き。

とくに、地に着いた足からぶっ飛んでいくような妄想爆発タイプがお気に入り。

「ほんわか」とか「しみじみ」のエッセイもいいもの(向田邦子とか?)が多いけど、やっぱり電車で読むと吹き出して恥ずかしいくらいの奴が読みたいですな。

 

ということで、大好きなエッセイスト6名をご紹介。

とはいえ、偉そうに言っても私が出会えたのなかでの厳選、なのでもっともっと面白いエッセイがあったら是非教えてほしい!そんな気持ちでこの記事を書いている次第。 

 

 

面白エッセイ 6人のエッセイスト

順は不動である。出会えた順というわけでもなくただ私が思いついた順である。
この中では米原万里さんだけが故人。

 

三浦しをん

宮沢章夫

土屋賢治

岸本佐知子

穂村弘

米原万里

 

三浦しをん 本読ませて妄想させたら右に出るものなし 

 

しをんのしおり (新潮文庫)

しをんのしおり (新潮文庫)

  • 作者:三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2005/10/28
  • メディア: 文庫
 

 

 

ビロウな話で恐縮です日記 (新潮文庫)

ビロウな話で恐縮です日記 (新潮文庫)

  • 作者:三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/05/27
  • メディア: 文庫
 

 

 この方、何がすごいって小説とエッセイとのふり幅の大きさが半端ないのだ。

 

小説ではどうしてこんな美しい表現ができるんだろう、ってくらい言葉の一つ一つがキラキラしているのに、エッセイではとにかく妄想が半端ない。そして、読書量が半端ないので引き出しがものすごく多い。

 

特に、BLから純文学まで全く分け隔てなく熱く語るので、いったい全体どんなスピードで本を読んでいるのか謎。

包み隠さぬ彼女の生活に思わず、吹き出すこと間違いなし。

特に私はお母さんや弟とのエピソードが好き。

しをんのしおりは最初は本屋さんで配るフライヤーに寄稿されてた文章らしい。

そのころから才能の光が隠せなかったのか、今では流行作家だ~

 

 

 

 

宮沢章夫 とにかくいつもわからないまま終わる。それが面白い

 

 

茫然とする技術 (ちくま文庫)

茫然とする技術 (ちくま文庫)

 

 

よくわからないねじ (新潮文庫)

よくわからないねじ (新潮文庫)

  • 作者:宮沢 章夫
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2002/08/28
  • メディア: 文庫
 

 

本のタイトルからして、もうすでに何かいろいろあきらめているというか突き放しているというか。

特に、「よくわからないねじ」なんて私の中ではほぼ人生訓のレベル。

よくわからないねじはきっと捨てても構わない。だって、使うことないもん。

っていう、身も蓋もない話なんだけどものすごくツボ。

 分からないことをわからないままにしちゃう、その置き去り感が楽しめる。

 

 

土屋賢治 哲学者で大学教授(ったら変人じゃないはずがない)いい意味で

 

われ笑う、ゆえにわれあり (文春文庫)

われ笑う、ゆえにわれあり (文春文庫)

 

 

 

そしてだれも信じなくなった (文春文庫)

そしてだれも信じなくなった (文春文庫)

 

この人、本当にお茶の水女子大学の哲学の教授なんである。

そのエッセイはどこまで本気かわからない、というか何一つ本当のことを言ってないかもしれない。こんな人が夫だったら本当にめんどくさいだろうなぁ。

実際、この人の妻ネタはすごい。

 

卒業生(柴門ふみ)や、同郷の士(いしいひさいち)、それにジャズピアノも弾かれるらしく、その仲間たちと何気にお友達が多い。

 ということは、意外と普通のいい人かもしれない。

 週刊文春でも連載されているので読んだことある方も多いだろう。

土屋先生の迷言をつぶやくbot君もあるよ!

twitter.com

 

岸本佐知子 エッセイだけ書いててほしいくらい!本業は翻訳家

ねにもつタイプ (ちくま文庫)

ねにもつタイプ (ちくま文庫)

 

 

ひみつのしつもん (単行本)

ひみつのしつもん (単行本)

 

この人のエッセイは、真面目な口調でどんどん境界線を越えていって、気が付けば彼女の土俵で大いなるボケをかまされている スタイル。

 

私のお気に入りは、しりとり(しかも一人脳内でやるやつ)で「る」の時に「ルイ13世」からの、「ルイ14世」「ルイ15世」・・・をありにするかなしにするか問題について。

 

着眼点がすごい!著者は相当有名な翻訳家なのだがどうやらおうちが好きな模様。

どこかに旅行に行ったりするわけでなく、広大な彼女の世界に引き込まれて、不条理な笑いを大いに楽しむといい!

 

寡作な人だが、昨年末新しいエッセイ「ひみつのしつもん」が出た。

 読むのがもったいなくてベッドサイドにおいて1章ずつ読んでいる。こんな本はそんなに出会えないとおもう。

 

 

穂村弘 ほむほむはベッドで菓子パンを食べる

蚊がいる (角川文庫)

蚊がいる (角川文庫)

  • 作者:穂村 弘
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/02/25
  • メディア: 文庫
 

 ほむほむこと穂村弘歌人なんである。

もっと言うとちゃんと一流企業の総務職に在籍していた二足の草鞋(わらじ)系歌人なのである。そんな系があるのかは知らないが。

 

で、この人のエッセイがまた面白いのよ~

なんかね、そこ???って思うようなポイントをいつも悩んでいたりあきらめていたりと、いわゆるアグレッシブさとかとは無縁の考えすぎ妄想ボーイ。

 

以前、ベッドで菓子パンを食べた話をエッセイに書いたら会う人ごとに「ああ、ベッドで菓子パンを食べる穂村さんですね」と言われてしまう話とか。

確かに真似できぬ、ベッドで菓子パン・・・本人もウィキペディアにベッドで菓子パンを食べる歌人とか書かれたらどうしようと、またしても悩んでいた。

偉大なるちっぽけさなのである。

 

 

米原万里 世界を見てきた姉さんのズバリいっちゃうやつ

ガセネッタ&シモネッタ (文春文庫)

ガセネッタ&シモネッタ (文春文庫)

 

 通訳として活躍する彼女の国際会議などでの裏話。おもしろい!

 

打ちのめされるようなすごい本 (文春文庫)

打ちのめされるようなすごい本 (文春文庫)

 

 多くの本を紹介してくれて、まさしく目を開かせてくれる読書録。

この作者は爆笑エッセイも本当に多いのだけど、実はこちらは爆笑ではない。エッセイでもないかも。

この本で私は「丸谷才一著の笹枕」という本を知りすべてを言い尽くす感じを知った。いろいろなことを考えさせられた。

こんなに本が読みたくなる本はそうはない。

 

嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)

嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)

 

一九六〇年、プラハ。小学生のマリはソビエト学校で個性的な友だちに囲まれていた。男の見極め方を教えてくれるギリシア人のリッツァ。嘘つきでもみなに愛されているルーマニア人のアーニャ。クラス1の優等生、ユーゴスラビア人のヤスミンカ。それから三十年、激動の東欧で音信が途絶えた三人を捜し当てたマリは、少女時代には知り得なかった真実に出会う!大宅壮一ノンフィクション賞受賞作。

 

これもエッセイじゃないかもしれないし爆笑ものでもないがものすごく印象に残った本。なんか、どうしても紹介したくなってしまって。

著者の半生記なのだが、とにかく すごい。真面目な話だが芯の部分はユーモアが一本貫いていて一読の価値あり。

調べたらkindleunlimitedで読めるようなので、ぜひ。

 

 

笑う門には福来る。腹を抱えた笑いたい方におススメ!