iCHi's diary~本は読みたし、はかどらず~

主に読書録。読み終えた本がこのまま砂のように忘却の彼方に忘れ去られるのが申し訳ないので、書き留める。要は忘れっぽい読者の読書日記。

喘ぎ泣くて・・・「喘ぎ泣く死美人」今日読んだ本「ゾンビで学ぶAtoZ」

 相変わらずのインパクトのあるタイトル「喘ぎ泣く死美人」を読んだ。

 

正直、amazonで検索するとやらしい本が一緒に上がってくるので恥ずかしい。

一度検索したが最後、しつこく私の嗜好を誤解したままいろいろおすすめしてくるんでしょ!嫌すぎる。

 

 

喘ぎ泣く死美人 (角川文庫)

喘ぎ泣く死美人 (角川文庫)

 

昭和3年、町はずれに住んでいた60歳過ぎの女性・片岡直が殺された。行きずりの強盗が犯人だろうと思われたが、事件の真相は直の恐ろしい過去に隠されていた――。そのほか当時の交友関係をベースにした「艶書御要心」「素敵なステッキの話」、外国を舞台とした「夜読むべからず」「喘ぎ泣く死美人」、また新たに単行本未収録作品「燈台岩の死体」「甲蟲の指輪」を加えた全18作品を掲載。

 
 タイトル「喘ぎ泣く・・・」は短めの、しかししっかり横溝正史らしいお話。
珍しいのは「素敵なステッキの話」のように、いわゆる「世にも不思議な物語」テイストの短編や、それよりも短いショートショート集が入っていること。
 
今気がついたけど「素敵なステッキ」って・・・地口ですな。どうした先生?
 
どうしても集中力が続かないわたしのような人間にはぴったりかもしれない。
ただし、読み応えという点ではやはり物足りないかな。
あと、少し残念なのは「あの」表紙絵がないこと。
ま、どっちにしろ電子書籍なんだけど。
 
 
 
もう一つ今日読んだ本「ゾンビで学ぶAtoZ」

 

ゾンビで学ぶAtoZ: 来るべき終末を生き抜くために

ゾンビで学ぶAtoZ: 来るべき終末を生き抜くために

  • 作者: ポールルイス,ケンラマグ,Paul Lewis,Kenneth K. Lamug,伊藤詔子
  • 出版社/メーカー: 小鳥遊書房
  • 発売日: 2019/01/25
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 図書館で面白そうだったので息子に借りて帰ったのだが、とてもとてもうちの小6には読みこなせないような、ズンッと重ための話。

なんとなく、絵が海外っぽくてかわいい。と思ったけどその可愛い絵でもって、AからZまで、カウントダウンのように来るべき終焉を予言するページが続く。

天変地異や、化学物質の汚染、テロなどなど怖い言葉がこれでもかとばかり並べられる。

うーん、どういうコンセプトなのかしら?

f:id:ichieda:20190521185739j:image

しかし面白かったのはTのページでトランプ大統領

「TはトランプのT 破壊屋ドナルド 彼は君の頭をオレンジ色に塗り 次に君の部屋を核攻撃するぞ!」

 としてカウントされているところ。

ひでぇ(笑)環境破壊と同列の扱い。

 

作者はおふざけではなく、注意喚起がしたいらしい!

ちょっとチーンってなるけど、目をそらすなってところかな。

現実を見据えたい人にオススメ。

 

今日読んだ本「ワニ男爵」「カラット探偵事務所の事件簿 1 」

めちゃくちゃ紳士でダンディなワニの小説家。ただ野生の血にわれを忘れることがある。

 

腰ギンチャク?のウサギが思わずびびっているのをみて、わたしのことを軽蔑しますか?と寂しそうに聞く先生。イメージ明治の文豪、ワニだけど。

 

それにしても、さすがは先生、博識ですねーと感心したら、

君も始めるといいウィキペディア

 

という返しには笑った。

 

ワニ男爵(1) (モーニングコミックス)
 

 

どんな謎でもカラット解き明かす謎解き専門探偵事務所の話。

中でも暗号の解読の話しが面白かった。ユーモアミステリ、なのかな?

 

カラット探偵事務所の事件簿 1 (PHP文芸文庫)

カラット探偵事務所の事件簿 1 (PHP文芸文庫)

 

 



 

 

本なの漫画なの「ビブリオ漫画文庫」

amazonトロール中に見つけた本「ビブリオ漫画文庫」を読んだ。

なんとなく、わかるけど結局本なのか漫画なのかわからん。

そもそもビブリオもよく聞くし、普通にビブリオバトルは受け入れているが、意味を知らない。

というわけで、ウィキペディアで調べてみた。

ビブリオ

Biblio[編集]

を意味する接頭辞

 

ビブリオ - Wikipedia

 

・・・へぇ~

 

さて、その本にまつわる漫画を集めたアンソロジーだ。 

ビブリオ漫画文庫 (ちくま文庫 や 50-1)

ビブリオ漫画文庫 (ちくま文庫 や 50-1)

 

 主な収録作家―水木しげる辰巳ヨシヒロつげ義春楳図かずお諸星大二郎と大変豪華。

豪華だけどちょっと(いやかなり)大人向けと言うか昔の人が多かった。

 

つげ義春が意外と可愛い感じのタッチだったり、三丁目の夕日の人の相変わらずの絵柄に微笑んだり、

はたまた本を愛するあまり怪物になってしまったり、本自体が怪物だったり、

打って変わって古本を通した淡いラブストーリーだったり・・・

 

なかなか読み応えがあったけど、一番の収穫は「古本屋台」が読めたこと。

 

古本屋台 (書籍扱いコミック)

古本屋台 (書籍扱いコミック)

 

 

シブすぎる古本屋(台)。こんな本屋に出会えて馴染みになれたら・・・

それこそロマンを感じる~

古本をたくさん詰め込んだ屋台を引いている親父さん。お酒もいっぱいだけ飲める。でも古本屋。しかし、絶対儲からんと思う、重いし。

うんちくだらけかと思いきや思ったより、誰でも読める間口の広い漫画でした。

本を愛する皆さまにおすすめ!

 

 

欲しくて買ったのにしばらく積んでた「チヨ子」

宮部みゆきさんのチヨ子をメルカリで思わず購入していた。

衝動的に、というほどの金額ではないけども、

わたし結構、買うまでに色々悩むタイプなんで。

チヨ子 (光文社文庫)

チヨ子 (光文社文庫)

 

 文庫書下ろしだって。

 

面白くないわけがない!わけがないのにしばらく放置しておりましたがようやく読めた。

表題作「チヨ子」を含む短編集なのだが、超常現象をモチーフとした救いがないような終わり方が多めで、どんよりしてくる。・・・これを虫が知らせたのかも。

 

私が一番ひぃーってなったのは「鉄槌のユダ」が出てくる話。

こ、これは反則でしょう~何ともいろいろ考えさせられるけど、このもやもやは読まんとわからんかも。

この話の途中でちゃうと電車が到着しちゃて、ここで読みやめねばならぬとは!と身悶えしたよ。

 

Amazonレビューにもあったけど、あんまりメンタルが弱い人には楽しめないかもしれない

 

宮部みゆきさんといえば稀代のストーリーテラーだから、がっぷり少年犯罪に取り組んだそれは良い話がいっぱいある。

だけどこの本はひっそりとそれらとは正反対に、ちょっと意地悪に終わっているものが多い。

 

安心して読んでるともってかれるぜ~

 

がっぷり取り組んだ良い話でおススメは ソロモンの偽証

 

 なかなかのボリュームだけど、これから読む人がいたら文庫版がおススメ!

文庫版限定でその後の話が読めるよ。

 

理由 (朝日文庫)

理由 (朝日文庫)

 

 これも面白かったなぁ。

もしまだ宮部みゆきを読んだことがない人がいたらうらやましい。

とはいえ、私の記憶力はざるなのでおそらく再読してももう一度感動を味わうことができハズ。

 

 

さわやかな読みごたえ「踊るジョーカー 名探偵音野順の事件簿」

 kindleunlimitedで読める国産ミステリー

主人公は引きこもりの音野順くん(おそらく20台半ば?)

推理小説家の私とバディを組んで謎を解き明かします、というと聞こえはいいけれど、何しろ引きこもりなので、人が苦手。

 

謎は僕が解き明かす!かもしれません・・・っと、名探偵のいいところが残念ながら尻すぼみ・・・

しかし、同じものを見ているはずの私や警察には解けなかった謎を音野君は最後はきちんと解き明かします。

 

私こと推理小説家の白瀬白夜が、とにかく音野君を高く評価していて見ていてちょっと萌えますが、ユーモアにまぶして事件の謎は意外と本格的なミステリ。

 

いろんな名探偵がいるけれど、現場にお弁当を持参してみんなにふるまう探偵っていうのはめずらしいかも・・・

結構殺人事件とか起こってますが、なぜかさわやかな印象を受けた。

踊るジョーカーを含む5編の短編集。

 そして案の定、コミカライズされている模様。

 うーん、大昔からホームズとワトソンのように名探偵とその記録者という組み合わせに胸をときめかせる人は多いようで・・・

しかも、イケメン(多分)の二人ならばそりゃ~読みたい!

 いわゆるバディものが大好きな方におススメ!

今日読んだ本「内臓一個とっちゃった」「夜回り猫」

 

内臓いっこ取っちゃった

内臓いっこ取っちゃった

 

 

胆石で緊急入院、緊急手術を行おう羽目になった漫画家が転んでもただでは起きぬとばかりに体験を漫画に。
胆石って、脂汗が出るほど痛いといいますが、とにかく痛かった模様・・・
それに、最初の受診で診断がつかず都合4日間いろんな病院を渡り歩いたらしい。
いやいや、若いといろいろ油断するけれど病気の知識って必要だと改めて思う。
だって、「先生胆石かも」ってひとこと言えれればココまで危機的状況に陥らなかったはず。

 

 

 

泣いてる子はいねーか?と今夜もどてらを着て夜回りをする猫、遠藤平蔵。苗字帯刀?を許された目つきの悪いニャンコである。

ちょっと書き込みが多くて、とっつきにくいと思ったんだけど、いい話が多すぎて泣いてしまう。

それに、ほんとに絵がお上手。

過剰な書き込みはおそらくサービス精神?

 

 

どちらも、kindle 無料本なので興味のある方ぜひ。

特に夜回りは読み応えあっておススメ!

 

 

 

今日読んだ本「スピな夫が何言ってるかわからない」「デジタル完全版永久保怪異談」

ちょいとホラー系の漫画を読んだ。

うちはスピじゃなくても夫が何言ってるかはわからんけど、まあそれは置いといて。

 

 

わたしは結構前からこういう不思議な話が大好物で怪談とかも好んで読むのだが、このコミックエッセイは何ともまあ不思議な感じ。

この熊のようなのが彼女の夫でスピリチュアルなお仕事をされているらしい。

初心なねんねではない私は、この話を頭っから信じることはできないけれど、こういう世界もある(と思っている人がいる)のは確かだな~

まあ、眉唾ともいうのだけれど、こんな人が周りにいたら楽しいだろうなとは思う。

 

それからこんな本も読んだ。

この本では著者や細君の周りで起こる怖いというか、不思議な話がてんこ盛り。

気を操ることができる師匠(これがまた俗っぽくてリアリティがあるのだが)がお酒の味を気を使って味を変えることができるらしい。

安いワインが高級な味になるらしい。なんだそりゃ~便利やんけ!!

で、この中に「日本酒が苦手~」っていう人はたいてい「注いだ人」の気のせいで味が落ちちゃってるから、っていうんですよ。

 

ふへぇ~それが本当なら私もその気の使い方をぜひ覚えたい!

気遣いのできる女になりたい!そして、安いワインで酔っ払いたい。

興味のある方は、kindleunlimited なのでぜひ最後の数ページのあとがきマンガをよんでみてね。

デジタル完全版永久保怪異談
 

 

 こちらも同じく永久保さんの本。

生理的におぞましいホラーなんだど、この人の絵って怖いけどグロテスクじゃないというか、どこかしらさっぱりした印象なので、割とさくさく読める。水気が少ないというか。

極めて怖い話 完全版

極めて怖い話 完全版

 

 怪談と言えば夏の時代はおわって、もはや年がら年中一定数のマニアが集う怖い話。

私は、好きだけどちょっと斜めに構えてるタイプです。

怪談に対してツンデレというか。

 

怖い話好き、恋愛ものに辟易している方におススメ!