iCHi's diary~本は読みたし、はかどらず~

主に読書録。読み終えた本がこのまま砂のように忘却の彼方に忘れ去られるのが申し訳ないので、書き留める。要は忘れっぽい読者の読書日記。

すべてが言葉のやり取りだけで構成された小説「Q&A」

恩田陸の「Q&A」を読んだ。

本屋でも、新装っカバーで再プッシュされている模様。その拍子がなんとも怖そう・・・で実際読んでみたら、怖いっ!こぇぇぇ~って感じ。

 

Q&A

Q&A

 

 都下郊外の大型商業施設において重大死傷事故が発生した。死者69名、負傷者116名、未だ原因を特定できず―多数の被害者、目撃者が招喚されるが、ことごとく食い違う証言。防犯ビデオに写っていたのは何か?異臭は?ぬいぐるみを引きずりながら歩く少女の存在は?そもそも、本当に事故なのか?Q&Aだけで進行する著者の真骨頂。

 

この話の面白い点はすべてが会話のやり取りだけで成り立っているところ。

章ごとにインタビューアーとそれを受ける人が入れ替わっていく。

ショッピングモールで起きた不条理で原因不明の事件についての聞き取り調査から始まるのだが、徐々にそれだけではなくなっていく。

奇跡的に助かった幼女を教祖に祭り上げた母親とその母親の過去を知る記者とのやり取りなど、最初の穏やかなやり取りが次第に剣呑になっていく様子が、本当に怖い。

 

他にも、救急隊員がカウンセリングを受けている話もそうとうヤバい。

この単語便利だからもう一度使わせてもらうけど、ヤバい。

なんか、神とか巨大な意思とかいろいろ考えさせられた。

 

実際に起こってもおかしくないショッピングモールでの事故だけに、多くの人があそこにいたのは私かもしれないと考え、恐れたり罪悪感を感じたり、もっと嫌な感情をむき出しにしたり・・・

 

一番最初のインタビュー以外はほんと人間の汚い部分が徐々に描かれていて、まさにきれいな順に並べました、って感じだ。

 

最後まで結局本当に何が原因で事件が起こったのかわからずじまいで、え?終わっちゃったのという気もしたものの、たくさんの伏線が回収されていきかなり面白かった。

わくわくに、ぞわぞわが付け加わった怒涛の読書を楽しみたい方におすすめ!

それにしても、恩田陸、おそるべし・・・

蜜蜂と遠雷を書いた人とは思えない逆ベクトルのパワー!!

 

 

ichieda.hatenablog.com

 

 

 

週末本屋パトロール「イオンモール福津未来屋書店」

福津イオンモール未来屋書店はそれはそれはた

っぷりスペースの郊外型大型書店。

地域最大級、30万冊の蔵書を取りそろえ、空間にもこだわった最先端店舗です。
流行の本がすぐみつかる『発見』の空間と、多様なニーズにお応えする『散策』の空間で、お客さまの素敵なライフスタイルをご提案します。

ですって。確かに児童書のコーナーやコミックも充実!時間を忘れますな。

 

f:id:ichieda:20190914214831j:image

児童書コーナー、漫画コーナーの入り口

f:id:ichieda:20190914214801j:imagef:id:ichieda:20190914214804j:image

文庫本コーナーも広くて、いろいろポップが作られてて楽しい!

 

f:id:ichieda:20190914214807j:imagef:id:ichieda:20190914214820j:image

 

人間失格が映画化されてた。

そしてR15指定…監督は蜷川実花さん!

そりゃ美しいでしょうねぇ。

人間失格 太宰治と3人の女たち : 作品情報 - 映画.com

 

たまには車で大型書店に行くのもいいもんですな。

 

ラゴスの旅じゃなくて「旅のラゴス」である意味

高校時代にはまっていた筒井康隆の「旅のラゴス」を読んだ。

 

旅のラゴス (新潮文庫)

旅のラゴス (新潮文庫)

 



何度も夏の文庫キャンペーンのラインナップに上がっているこの話は、まさに若者に読んでほしい爽やかな冒険譚だ。

 

ストーリーは、我々の文明が終りを迎えまた最初からやり直している世界。

 

そこでは人間に高度な文明を失った代わりのように特殊能力が備わっている。
転移という、テレポート能力があるのだ。

 

その世界をただひたすらに旅をするラゴス

 

彼にももちろん転移の能力はあるが、その能力はほとんど使わずに、ひたすらにスカシウマにのって北から南へ、南から北へと旅をする。

 

奴隷になったり(二度も!)王様になったり、その旅は消して安楽なものではない。そして彼の旅の目的は何だったのか、読者にははっきりとは伝えられない。

 

数十年ぶりに実家に帰ったラゴスは、その経験を活かして様々な産業革命を「計画的に」引き起こす。ラゴスは旅の途中過去の文明を学んだので、これから起こるであろう人類の進化を知っているのだ。

唯一神の視点を持っていても、抗えない人生の終わりを前にして、ラゴスは再び旅に出る。

 

 

最後のは旅立ちの日のシーンは泣いた。

 

ラゴスはほんとよか男で、感情に押し流されず全ての人に節度と親愛の態度を示す、大人の男。

こんな大人になりたいものだ。

タイトルが、ラゴスの旅じゃなくて旅のラゴスになっているのも、ものすごく頷ける気がする。

 

旅をすることによりラゴスになるというか…うまく説明できないが読めばわかってもらえるはず!

 

SFだけど、ファンタジーぽくもあり。そんなに長い話ではないので、読んでない全ての人にオススメしたい。

 

 

 

 

 

横溝正史の絶筆「悪霊島」

絶筆ということを初めて知ったこちら「悪霊島」 この表紙痺れるわ~

悪霊島 (1980年)

悪霊島 (1980年)

 

アメリカ帰りの億万長者から人探しを依頼され、岡山を訪れた金田一耕助は、久し振りに会った磯川警部と旧交を温めた。だが、それも束の間、警部の話から金田一の尋ね人が謎の言葉を残して怪死したことを知る。さらに依頼人越智竜平が、出身地の刑部島に建設中の一大レジャー施設をめぐり、島の人々から反感を買っていることを知って、金田一は前途に不吉な事件の予兆を感じるが……!?

 

なんといっても、集大成・オブザ・横溝!で、閉鎖された島での因習、怪しすぎる美女、美しい双子の姉妹・・・そして何より岡山!これ以上ないくらい、横溝っぽい。

 

余談だが、私の中では岡山は「ホラーの本場」

岡山弁イコール暗いヨ怖いヨだ。

それはやはり、横溝先生とこの方の功績だろう。

ぼっけえ、きょうてえ (角川ホラー文庫)

ぼっけえ、きょうてえ (角川ホラー文庫)

 

これ読んだのはかれこれ20年くらい前の気がするが未だに

「怖いやんか!ばか!」と思うくらい怖かった。内容より感情しか残らない衝撃の読書体験。

 

続きを読む

いつまでも古びない星新一「白い服の男」

 真鍋博氏の挿絵が、いつまでも古びないのはなぜだろう、

いや、挿絵だけじゃなく星新一氏だって、今でもまだ若い読者を獲得し続けているけど。

白い服の男(新潮文庫)

白い服の男(新潮文庫)

 

 こちら、星新一白い服の男は、おそらく近未来で平和を尊重するあまり戦争という対念を消してしまおうとする社会を描いている。

 

人々は戦争という言葉どころか、セ、とすら言うことができず、

戦争について語ったり、興味を持ったことがわかると、この「白い服の男」を長とする特高が厳しく罰する。

 

密告、盗聴はあたりまえ、全ての法や権利が無視される恐ろしい厳しさ。

しかし、間違った方向の平和を目指した結果、人類がたどり着いた平和なデストピアを戦争を根絶することができない我々が間違っている、と言えるのだろうか。

 

と、ちょっと硬派っぽくいってみた。

ほかにも、ザ・星新一的なお話がいっぱい。

 

横領、強盗、殺人……こんなたぐいの犯罪は一般の警察にまかせておけばよい。わが特殊警察の任務はただひとつ――人間が作り出す平和の虚妄性を痛烈な皮肉をこめて描く表題作。男っぽく言葉づかいのぞんざいだった妻が一夜あけるとすっかりしとやかな女になっていた――軽妙なタッチで医学の進歩の盲点を衝いた『月曜日の異変』。ほかに、『老人と孫』『テレビシート加工』など全10編。

まさしく軽妙なタッチだよなー、老人と孫はテレビが大好きな孫とその子に付き合ってずっとテレビを見ているおじいちゃんの話。

 

孫はテレビを見ていればおりこうなので、ずっとつけっぱなしなんだけど、アニメの世界で悪い奴が死ぬから、この生放送の暴動も死ぬのは悪い奴なんでしょ?おじいちゃん。そうだよ、お前は賢いね。・・・・この繰り返しで、家の外では戦争が始まってしまっているのに二人ともただひたすらにテレビを見続ける。現実は窓の外に迫っているというのに。

 

そっか、軽妙なタッチだけどチクリと恐ろしさや、シニカルな笑いを含ませている。それが、星新一なのかもしれない。

今回もkindleunremitted、読み放題です!

多分読んだことあるはずなのに、何一つ覚えていなかった。

星新一っぽい!ってことしかわからない。

 

えー学生のころ読みまくった方におススメ!

モキュメンタリー?「火のないところに煙は」

本屋大賞にノミネートされ、去年から気になっていた「火のないところに煙は」をようやくゲット。

 

火のないところに煙は

火のないところに煙は

 

 

「神楽坂を舞台に怪談を書きませんか」。突然の依頼に、かつての凄惨な体験が作家の脳裏に浮かぶ。解けない謎、救えなかった友人、そこから逃げ出した自分。作家は、事件を小説にすることで解決を目論むが――。驚愕の展開とどんでん返しの波状攻撃、そして導かれる最恐の真実。読み始めたら引き返せない、戦慄の暗黒ミステリ!

 
ミステリのようなホラーのような、なんとも言えない雰囲気作品で、実話のようで創作のようでなんかモヤモヤする~

と思っていたらこういう手法を「モキュメンタリー」というらしい。

フィクションだけど、ドキュメンタリーのような手法を取られた一つのジャンルとのこと、知らんかった。

 って、じゃあこれもそうだね

ichieda.hatenablog.com

 

 Amazonレビューでは、創りすぎ、とか結構酷評があったけど、読みやすくて面白かった。ただ、引用しているあらすじのように「最恐」かと言われるとはてな、だ。

なんでかというと、怪異譚なのでロジカルな説明は不要なんだけど、ミステリーのように最後にどんどん一連の事件の紐付けされていく。

いわゆる最恐とは理解が及ばない範疇であってほしい。

そこが一部の人には、作り込みすぎているように感じるのかな。

いくつかの話が詰め込まれた短編集なんだけど、中では最初の神楽坂のあやまれ事件(タイトルを失念)と表題作火のないところに煙は、が怖かったな~

 

すべての短編で、最後にゾッとするんだけど、あとがきにあたる章でまたぞぞぞ~っとさせてくれます。

榊さん(オカルトライターの知人)とは連絡取れたかな~

 

 

 

極道で主夫〜

最近「極道主夫」を一気読みした。

極道で主夫って…。まあ組み合わせを考えた時点で勝利な気がする。

確か、気になる漫画ランキング、とか今この漫画がスゴイでランクインしているこの漫画。

 

2019年でランクイン!だった。

【公式発表!!】『このマンガがすごい!』ランキングを一挙大公開!!  |  このマンガがすごい!WEB 

 

 

以前は、伝説のヤクザ龍、として泣く子も黙る存在だった龍も、今では足を洗って専業主夫

その間に何があったのかは全く語られていなくて、いきなり嫁の弁当を届ける話から始まる。

見た目完全にヤクザだけど、インスタ映えを気にして写真撮ったり、ヨガスクールに体験に行ったり、やってることは専業主婦…

このギャップの面白さで、勢い3巻まできてる感じ。

 

ちなみに、ヨガは初心者とは思えないほどバッチリ決まってた。

 

あはは、と笑える漫画で、なんとなく聖お兄さんに近いものを感じた。

 

あっけらかんと笑いたい方にオススメ!